お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 9時〜21時

資格取得・スクール・通信教育情報サイト。

資格 取得 トップ > カテゴリから探す > 語学・語学教師・翻訳、通訳 > 日本語教師 > 日本語教師になるのに資格って必要? 日本語教師の魅力教えます!

日本語教師になるのに資格って必要? 日本語教師の魅力 教えます! 外国人に日本語や日本の文化を伝える仕事が日本語教師。日本語教師は年齢制限がなく、やる気さえあれば誰でも一生続けることができる仕事です。今回はそんな日本語教師の魅力をたっぷりと余すところなくお伝えします。

日本語教師ってこんな仕事です!

外国人相手に日本語を専門的に教えるのが日本語教師の仕事。日本語教師が教えることは、正しい日本語や文法の他、日本文化や日本人の考え方も含まれます。特に文化や考え方は外国人が日本で生活する上で非常に重要なことになります。

日本語教師 Q&A

Q1.資格は必要ですか?
日本語教師になるために必ず取得しなければならない資格はありません。しかし日本語教師を採用する場合は、国家試験や公的試験ではありませんが「日本語教育能力検定試験」に合格していることが条件とされる場合も多く見受けられます。
Q2.外国語ができないとなれませんか?
国内の日本語学校の多くは日本語だけで教える方法をとっており、外国語能力は一般的には必要ありません。しかし学習者の母語の特徴を知っておくことは教えるうえでもメリットがありますので、多くの外国語に興味を持つことは必要です。
Q3.どんな人が向いている?
教えることが好きな人や外国の言葉や文化に興味がある人には最適の仕事。文化の違う外国人が相手だけに、人とのコミュニケーションが円滑にとれ、日本語を話す楽しさを伝えたいという気持ちを持っていることが大事だといえます。

日本語教師で実現するライフスタイル!

好きな時間だけ働きたい
非常勤講師であれば、担当時間数を比較的自由に調整できるため子育て中の方や副業の方でも働けます。非常勤講師として経験を積んでから専任講師という道もあります。
海外で働きたい
海外での日本語教師の需要は高く、また学生にとっては日本文化を知る講師として「日本語教師が伝える事=日本の情報」となるためとても意義のある仕事といえます。
本業としてフルに働きたい
最近は専任講師を募集する日本語学校も増えてきており、未経験でも専任講師として採用されるケースも出てきています。熱意さえあれば道は拓かれているといえます。

日本語教師になるには?

日本語教師になるには?
日本語教師になるには、さまざまなルートがありますが、ここでは、代表的な以下2つのルートについて解説していきます。

1.日本語教師養成420時間講座を修了する
[1]では、各種スクールが運営している養成講座に通うのが一般的です。最低学習時間は420時間に定められており、スクールでもその時間内に修了できるカリキュラムを組んでいるところがほとんどです。検定に合格する必要のない分時間数が決められていることから、比較的自分の時間を持てる方や、一定のペースで着実に学習していきたい社会人の方におすすめです。
2.日本語教育能力検定試験に合格する
[2]を目指すためには、基礎理論を集中的に学べるスクールのカリキュラムや、通信講座を利用すると良いでしょう。[1]と比較して実践演習がなく、合格後も実務経験を積む必要があるため[2]の方が難しいと思われがちですが、検定合格までの学習方法は人それぞれなので、スピーディに目標へ到達することも、自分のペースで計画立てて学ぶことも可能なルートといえます。 どちらのルートが自分に向いているかをよく検討し、無理なく確実な学習方法を選びましょう。

日本語教師への道のり

日本語教師を目指すにはこのスクール! BrushUP学び注目の学校をPickUP!

MENU【1】 MENU【2】

入学から就職までしっかりサポート!併設校への採用優遇制度有!!
日本語教師養成講座・420時間総合コース

アークアカデミー/通学

料金:【入学金】21,600円  
   【受講料】518,400円(総額制・税込)

この講座の資料を請求する

講座の特徴
プロの日本語教師として必要な知識、指導技術を身につけるコースです。通学期間中は420時間WEB講座が無料で視聴可能!予習復習に役立ちます。
教壇にたつには
模擬授業や教育実習をはじめて、日本語授業の見学や学習者との交流会など、常に現場を意識できるよう工夫されたカリキュラムを6ヶ月間かけて学びます。
就職サポート
「就職支援室」は業界唯一、職業紹介事業許可を取得しており、国内外年間200件以上の求人を紹介しています。専門のスタッフが個別でサポートします。
BrushUPからオススメポイント!
アークアカデミーは語学留学生に加えてEPA(経済連携協定)や大手企業の研修生への指導においても高い評価を受けている日本語学校。日本語教師養成についても27年の実績を誇り、420時間総合コース、そしてWEB講座にはそのノウハウがしっかり詰め込まれています。

40年の歴史ある講座で日本語教師を目指す!
【日本語教師養成講座 420時間総合課程】

千駄ヶ谷日本語教育研究所/通学

料金:【入学金】10,000円
   【受講料】527,000円(総額制・税込) ※別途教材費

この講座の資料を請求する

講座の特徴
授業スケジュールは学習効果を考えて組まれているので、ホームクラスのスケジュールに沿って受講していけば、段階を踏んで無理なく日本語教師に必要な力が身に付きます。
教壇にたつには
実習演習の授業は47回。さらに外国人学習者相手の教育実習では、1つの外国人クラスを約1ヶ月間教師として教えます。教育→実践→振り返りを繰り返し行い、「教壇に立てる実践力」を養います。
就職サポート
日本語教育専門機関で最多の修了生を輩出。国内・海外の教育機関からの採用依頼多数。就職ガイダンス、学校説明会、個別相談のほか、修了後も求人情報を随時メール配信してサポート。
BrushUPからオススメポイント!
講師陣のプロフェッショナルな教え方、老舗でありながら時代に合った教え方を取り入れる柔軟性には定評があります。オプションとしてe-ラーニングが用意されていますので、移動時間等に復習が出来ます。

検定試験対応!初心者から一発合格を目指す!
日本語教育能力検定試験 対策セミナー

千駄ヶ谷日本語教育研究所/通学

料金:【入学金】なし
   【受講料】1科目7,500円 全科目一括120,000円(2017年度)

この講座の資料を請求する

講座の特徴
18科目×3時間の充実した内容。検定を熟知した講師が担当するので、不安な科目を克服できます!聴解、記述の対策についても丁寧に指導。日曜開催なので、お仕事をしながらでも受講できます。
合格率について
高い合格率。ここ数年の合格率は、全国平均の約2倍!その理由は、受講者から好評を得ているレジュメにあります。各科目、重要ポイントの確認から総仕上げまで、レジュメをフル活用して合格を目指せます。
各種サポート
全科目一括申込者を対象に、「検定合格サポート制度」あり。今年、不合格だった場合、来年(または再来年)の検定対策セミナーを半額で再受講できます。2016年度より厚生労働省『教育訓練給付制度』の対象講座です。
BrushUPからオススメポイント!
検定試験前の7月までに「検定対策ガイダンス」(検定試験の概要や準備について)、7月下旬〜10月初旬の毎週日曜は「検定対策セミナー」、検定試験後1週間以内に「解答説明会」を実施。また、千駄ヶ谷の講師陣が作成した「解答例」をHPで公開しています。一般の方の参加も可能。

会社概要広告掲載について利用規約プライバシーについてWEBライター募集WEBデザイナー募集

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.