お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

2016年度の保育士試験日程が4ヶ月前倒しに!影響と対策は?

かにくらぶ

 >  > 2016年度の保育士試験日程が4ヶ月前倒しに!影響と対策は?

シカク情報部

気になる資格や学びのアレコレ

2016年度の保育士試験日程が4ヶ月前倒しに!影響と対策は?

  • 2016年度の保育士試験日程が4ヶ月前倒しに!影響と対策は?をはてなブックマークに追加

2016年01月27日最終更新

2016年(平成28年)の試験では、試験日程が約4ヵ月早くなります!

来年の2016年度では試験日が変わり、筆記試験は4月、実技試験は7月に実施されることになりました。例年8月に筆記試験、10月に実技試験が実施されていた保育士試験。例年より約4ヵ月早くなるので、試験対策のスケジュールも見直しが必要です。※2015年度試験は例年通りに実施

2016年度の試験日程は?

2016年度の試験日程は以下の通りです。

  • 筆記試験
    2016年4月23日(土)、24日(日)
  • 実技試験
    2016年7月3日(日)
  • ※ 自然災害などにより試験日を延期する事があります。

なぜ、早くなるの?

今回の変更は、台風被害を回避するために実施されるようです。 昨年(2014年)の筆記試験で、台風の影響で多くの府県で試験が中止になってしまいました。(中止になった府県では10月に再試験が実施。)そのため、台風の影響を受けにくい日程に変更になったそうです。

試験日程変更による影響は?

筆記試験の場合、例年より4ヶ月実施が早くなるため、学習スケジュールの見直しが必要です。

保育士試験の標準学習期間は6ヶ月〜3年といわれています。というのも、保育士試験では一度合格した科目は3年間合格が有効になります。そのため、まとまった時間が取れない方は2〜3年かけて合格を目指すそうです。合格基準は、各科目6割以上の得点。学習範囲を絞れば、短期間でも科目合格が狙えます。そのため、学習計画をしっかりと立てることが保育士試験突破のポイントであるといわれています。

特に2016年度試験で資格取得予定の方は、「学習時間が足りず、残りの科目で不合格。科目合格の期限が切れてしまった…。」なんてことが無いように、早めに対策を始めましょう。

保育士試験の対策講座情報

★四谷学院通信講座の『保育士講座 全科目セット(8科目+実技)

  • 通信講座
  • 費用:79,800円
  • ポイント:平成29年の試験までサポート
  • 新試験にも完全対応!受講開始後、2回目の保育士試験まで無料で質問等の各種サポートが受けられます。そのため、2年計画で合格を目指す人にはうってつけです。科目別対策コースもあるので、目的に合わせてコースを決めることも可能です。
    >>詳しい情報は四谷学院通信講座のホームページへ

シカク情報部についてシカク情報部では、BrushUP学びに掲載しているスクールからの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

あなたにオススメ!

関連ワード


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.