お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

「フットケア」を取り入れて、施設利用者の介護予防に!介護福祉士が語るその魅力とは?

かにくらぶ

 >  > 「フットケア」を取り入れて、施設利用者の介護予防に!介護福祉士が語るその魅力とは?

シカク情報部

気になる資格や学びのアレコレ

「フットケア」を取り入れて、施設利用者の介護予防に!介護福祉士が語るその魅力とは?

  • 「フットケア」を取り入れて、施設利用者の介護予防に!介護福祉士が語るその魅力とは?をはてなブックマークに追加

2015年09月17日最終更新

「フットケアの時間は、利用者さんとの大切な時間です。」

近年、高齢者の介護予防やリハビリへの意欲向上のサポートとして注目を集めているフットケア。
高齢者の運動機能に密接なかかわりのある、足のトラブルを解決することができます。『介護老人保健施設 都筑シニアセンター』では、サービスに取り入れることで利用者との大切な時間にもなっているそうです。今回は介護施設の利用者向けにフットケアを実施している介護福祉士の方に、フットケアを学ぶ魅力をインタビューしてみました。

プロフィール

龍田 康則(タツダ ヤスノリ)さん(介護福祉士)
ドイツ式足と靴の学校『フスウントシュー インスティテュート』で、「フスフレーゲコース」を受講。
横浜市にある老人保健施設 都筑シニアセンターで、利用者へフットケアを行う。足のトラブル解決を通して介護予防やリハビリ意欲向上を手助けしている。

なぜ「フットケア」を学ぼうと思ったのですか?

利用者さんの足のトラブルを未然に防ぎ、またケアをしてあげることで、介護予防やリハビリへの意欲向上をサポートしたかったからです。


高齢者介護施設の利用者さんには、さまざまな足のトラブルを抱えた方がたくさんいらっしゃいます。中には足のトラブルが原因で、歩行中に転倒してしまい車椅子生活や寝たきりになる方もいるんですよ。そのような状況を目の当たりにし、その人がその人らしい、当たり前の生活ができるような手助けをしたいと感じていました。

介護施設では「フットケア」の技術をどの様に生かしていますか?

介護老人保健施設にて、利用者さん一人に対し月1回のフットケアを実施しています。長い方で、7年以上毎月欠かさず実施している方たちもいらっしゃいます。
フットケアの時間は、利用者さんの生活の一部となり、欠かすことのできない時間です。私たち職員にとっても、利用者さんとの貴重なコミュニケーションの場になっています。

「フットケア」を学んでよかったと思うことは何ですか?

利用者さんにフットケアをしていると、時に「ないしょ話」をしていただくこともあります。普段の介護現場では意外と取りにくいコミュニケーションがはかれて、私たちとしても嬉しい時間です。フットケア実施後は皆さんスッキリされ笑っています。
利用者さんの笑顔を見ることができるのがフットケアを学んでよかったと思う瞬間です

「フットケア」を学んでいるときのエピソードを教えてください。

私が学んだ学校は日本のフットケアの先駆け的な存在で、とても信用でき、安心して学べました。


授業内容が細かく、丁寧な解説を交えて教えていただきました。先生はフットケアの本場であるドイツ人の方だったのですが、通訳の方がいて、先生の言葉を的確に訳してくれました。先生のおっしゃっていることを生徒がしっかりと把握できたので、実技の時にすぐに結果で表れていましたよ。

楽しい思い出として残っているのは、外部での研修ですね。先生と生徒皆で待ち合わせて一緒に電車に乗ったり、朝食を一緒にとってから現場へ行きました。初めての外部研修で気持ちがとても和みました。

逆に苦労したのは、テスト勉強です。ドイツ式のフットケアを学ぶだけあって、ドイツ語の用語がたくさん出てきました。覚えるのにとても苦労しましたね……。今ではいい思い出です(笑)。

これから「フットケア」を学ぶ方に、一言お願いします!

初めてフットケアを利用する方のほとんどは足にトラブルや悩みを抱えていらっしゃいます。フットケアの技術で、そのトラブルや悩みが改善でき利用者さんを笑顔にすることができます。
一人でも多くの方に笑顔になっていただけるように、これからもフットケアを学ぶ皆さんと一緒にフットケアの輪を広げていきたいです

龍田さんが学んだ学校はコチラ

フスウントシュー インスティテュート(ドイツ式足と靴の学校)

浅草にある、日本で最初の足と靴の専門技術者を養成するカレッジ。本場ドイツのマイスターを中心とした専門の講師陣による直接指導により、足と靴の健康との関わりが本格的に学べる
足のお手入れのスペシャリストをめざす「フスフレーゲコース」。足に合わせた中敷きからオーダーシューズまで技術を学べる「オーソペディシューテクニックコース」のほかにも、特別講座が用意されており自分にペースで足と靴のスペシャリストを目指せる。

フスウントシュー インスティテュート(ドイツ式足と靴の学校)のホームページはこちら

シカク情報部についてシカク情報部では、BrushUP学びに掲載しているスクールからの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

あなたにオススメ!

関連ワード


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.