お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

保育士試験、2016年は年2回実施が全国へ拡大!日程・科目免除についてや2017年試験日の情報も

かにくらぶ

 >  > 保育士試験、2016年は年2回実施が全国へ拡大!日程・科目免除についてや2017年試験日の情報も

シカク情報部

気になる資格や学びのアレコレ

保育士試験、2016年は年2回実施が全国へ拡大!日程・科目免除についてや2017年試験日の情報も

  • 保育士試験、2016年は年2回実施が全国へ拡大!日程・科目免除についてや2017年試験日の情報もをはてなブックマークに追加

2016年10月28日最終更新

昨年は通常の保育士試験1回に加えて、特定の地域で実施される「地域限定保育士試験」が初めて開催されました。
2016年は年2回実施の動きが全国に拡大し、なんと通常の保育士試験が2回行われることに!(※一部地域を除く)その詳しい日程や試験の免除等について紹介します。
>>保育士試験対策講座の資料請求(無料)

2016年 保育士試験について

昨年まで年1回行われていた通常保育士試験。2016年は2回行われます。今から最短で目指すなら、2回目(後期)の試験受験となります。



第1回(前期)

【筆記試験】平成28年4月23日(土)・24日(日)
【実技試験】平成28年7月3日(日)
【申込締切】平成28年2月3日(水)消印有効まで -受付終了-

第2回(後期)

【筆記試験】平成28年10月22日(土)、10月23日(日)
【実技試験】平成28年12月11日(日)
【申込締切】平成28年7月27日(水)消印有効まで(前期実施分の試験の受験申請をしていない場合) ※前期の試験結果によって受験手続方法は異なります

保育士試験実施自治体

北海道、青森県、岩手県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、 埼玉県、千葉県、東京都、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、 岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

地域限定保育士試験

一部地域では、2016年も「地域限定保育士試験」が実施されます。
試験日程は上記「第2回(後期)」と同様です。
実施自治体:仙台市(下記注意参照)、大阪府
※ 神奈川県は、どちらの保育士試験を実施するか未確定とのこと。(2回目の保育士試験は実施)

▼地域限定保育士とは?
地域限定保育士とは、全国で実施される保育士試験とは別に、特定の地域で実施される「地域限定保育士試験」に合格することで授与される資格のこと。 合格者は、地域限定保育士として登録後、3年間は受験した自治体で保育士として働くことが可能で、登録を行ってから3年を経過すれば、全国で「保育士」として働くことができます。

※3年間は仙台市でのみ保育士として働くことができます。詳しくは仙台市にお問い合わせください。
※神奈川県については、地域限定保育士と通常保育士のどちらの保育士試験を実施するかは未確定。

第1回目試験が(前期)不合格でも、第2回目試験(後期)で免除が!

前期の試験で万が一不合格となってしまった場合でも、年内にもう一度チャレンジでき、前期試験合格科目の免除も。あきらめずにチャレンジしてみてください。

筆記試験免除科目および実技試験免除(幼稚園教諭免許所有者)

前期実施分の受験申請をした際に免除申請されたものが免除されます。
※前期実施分の受験申請をされた方で、追加で免除申請を希望する場合(特例教科目の履修等)は、受験申請書(後期用)を郵送する前に、必ず問い合わせる必要があります。

4月の筆記試験で合格した科目は?

10月の筆記試験(後期、地域限定保育士試験)でも自動的に免除となりますので、前期で合格した科目は再受験ができません。また、筆記試験結果通知書や一部科目合格通知書を改めて送付する必要もありません。

手続き方法

▼4月実施(前期)の筆記試験で不合格科目があった場合
平成28年6月4日(土)〜6月12日(日)の期間に「筆記試験結果通知書」「受験申請書(後期用)」及び「払込取扱票(後期用)」を送付。
▼7月実施(前期)の実技試験が不合格だった場合
平成28年8月6日(土)〜8月14日(日)の期間に「実技試験結果通知書」と併せて「受験申請書(後期用)」及び「払込取扱票(後期用)」を送付。
▼前期実施分の試験の受験申請をしていない場合
平成28年7月1日(金)より配布する「受験の手引き(後期申請用)」を請求。 受験手数料を郵便局の窓口で払い込み、受験申請書類一式を平成28年7月27日(水)当日消印有効までに、簡易書留にて郵送する。(前期用の受験申請書と払込取扱票は使用不可)

参考URL

▼厚生労働省 平成28年保育士試験(2回目)の実施について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000107031.html

▼一般社団法人 全国保育士養成協議会 平成28年保育士試験(2回目)の実施について
http://www.hoyokyo.or.jp/exam/twice.html

2017年の試験日程も発表されました!

第1回(前期)

【筆記試験】平成29年4月22日(土)、23日(日)
【実技試験】平成29年7月2日(日)

第2回(後期)

【筆記試験】平成29年10月21日(土)、22日(日)
【実技試験】平成29年12月10日(日)
※受験申請期間などの詳細は平成28年12月初旬に発表予定

これから保育士を目指す人におすすめのスクール

保育士資格を受験してめざすなら

平均合格率3.1倍!理由は「55段階学習システム」
四谷学院 通信講座

保育士試験合格者の約6人に1人はユーキャン!(2014年度)
生涯学習のユーキャン

試験直前対策リアルセミナーで人気爆発!
ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』

[関東]夜間の1年制で、働きながら保育士を目指せる!
東京福祉専門学校

卒業と同時に取得をめざすなら

[関東/関西/中国/九州]週3通学で卒業と同時に資格取得できる!
総合学園ヒューマンアカデミー

もっとくわしく!講座検索はこちら

シカク情報部についてシカク情報部では、BrushUP学びに掲載しているスクールからの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

あなたにオススメ!

関連ワード


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.