お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

新国家資格「情報処理安全確保支援士(仮称)」が誕生!? 情報を守る注目資格!

かにくらぶ

 >  > 新国家資格「情報処理安全確保支援士(仮称)」が誕生!? 情報を守る注目資格!

シカク情報部

気になる資格や学びのアレコレ

新国家資格「情報処理安全確保支援士(仮称)」が誕生!? 情報を守る注目資格!

  • 新国家資格「情報処理安全確保支援士(仮称)」が誕生!? 情報を守る注目資格!をはてなブックマークに追加

2016年10月24日最終更新

サイバーセキュリティ分野で新国家資格「情報処理安全確保支援士(仮称)」の創設が検討されています。 新しい国家資格の創立が検討される背景と、今後の動きを見ていきます。

国家資格創立の背景は?

政府機関や企業などのサイバーセキュリティ対策を強化するため、環境整備と人材育成が目的です。

私たちの生活になくてはならない存在となった、インターネット。 便利な一方で、コンピューターへの不正侵入やデータの改ざん、情報漏えいなどの問題も起こっています。2015年5月には、日本年金機構の個人情報流出問題も発覚し、政府機関や企業などのサイバーセキュリティー対策の強化が急務となっています。

現在もサイバーセキュリティーの知識や技能を測る試験や国家資格はありますが、一度合格すれば更新する必要がなく、日々進歩していくサイバー技術に対応できないとの声もありました。

この現状を打破するべく、「情報処理安全確保支援士」の創立が検討されています。

「情報処理安全確保支援士」ってどんな資格?

提出されている法案では、企業の情報システムを設計、開発、運⽤するための、必要な情報セキュリティに関する高度な知識・技能を身に付けた人材であることを証明する資格とされています。

資格は3年ごとの更新が必要となり、資格保持者は登録簿に登録されます。更新時には講習受講が義務付けられ、未受講者は登録が取り消される予定です。大切な情報に関わる仕事ですので、弁護士のように業務上知りえた秘密の保持義務も課され、破った場合は罰されます。

資格保持者が管理されることで、企業も安心して人材を活用できる同時に、資格保持者の地位や待遇の向上も期待されています。

今後の動きは?

現在開会中の通常国会に法案が提出されており、現在審議中です。平成29年度には第一回試験の実施、東京オリンピック・パラリピンピックのある平成32年までには、3万人以上の有資格者を確保することが目指されています。

情報処理技術者試験の合格者など、同等または同等以上の資格や実務経験を持つ方には、試験の免除も検討されています。

今後も必要不可欠である情報セキュリティ分野の資格。最新情報が入り次第、シカク情報部でもお伝えします。

■追記(2016年10月):「情報処理安全確保支援士」試験が2017年4月に実施されることが決まりました。受験手数料は5700円となっています。

まずは、ここから! おすすめIT関連資格

ITパスポート試験(国家資格)
IT業界に関わらず、すべての方が活かせるIT活用のための基礎知識を学びます。受験資格もなく、初心者の方にはうってつけです。
ITパスポート試験について、詳しく調べる>>

基本情報技術者試験(国家資格)
プログラマやシステムエンジニア向けの基礎知識や技能知識・実践能力が問われます。
基本情報技術者試験について、詳しく調べる>>

■初心者向け試験も多数!
パソコン・IT・WEB・DTP 試験一覧>>

シカク情報部についてシカク情報部では、BrushUP学びに掲載しているスクールからの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

あなたにオススメ!

関連ワード


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.