随時更新中!資格や仕事に関するお役立ち情報満載の特集記事を掲載しています

アロマセラピストにインタビュー!

岸 智絵さん [アロマセラピスト]

●アロマセラピスト歴:7年(自宅サロンを始めて7ヶ月)
特別養護老人ホームの介護職として5年勤務の後、セラピストを目指し転職。4〜5年のセラピスト経験の中で、技術以上に心を学びたいと感じアロマテラピースクール・セリストに入学。卒業後は自宅サロン兼外部セラピストとして活動を始める。

現在、どんな働き方をしていますか?

自宅サロンで週に2〜4回施術。週に1回程度、外部セラピストとしても活動中です。

この仕事を目指したきっかけは?

大学時代は福祉と心理を専攻し、卒業後は特別養護老人ホームの介護職として5年勤務していました。その時に人の命の尊さと健康の大切さを実感し、セラピストを目指そうと思ったことがきっかけです。

実際に働きはじめるまでの道のりを教えてください

サロン勤務時代、リフレや全身のオイルトリートントの施術をするセラピストとして働いていましたが、その時は「技術」だけに夢中でした。もっと一人ひとりのお客様のための仕事がしたい、技術だけではなく心からのおもてなしをしたいと思い、セリストに入学。尊敬する先生からアロマの世界のすばらしさを習い、人の心を癒す本当の意味を学ばせて頂きました。
そのころから自宅でやってみたい思っていて、そのためのノウハウや心構えも教えていただいたことで、卒業後には無事に自宅サロンをオープンすることができました。
セリストに入学して多くの先生方、頼もしい同期のみんなに出会ったからこそ、この夢が実現したのだと思っています。

この仕事をやってよかったと思う時、また逆に、大変だと感じる時はどんな瞬間ですか?

施術後のお客様の笑顔を見たときはうれしいですね。また、自宅サロンで1日1名様限定にしているので、ゆっくりとお客様と向き合えることに喜びを感じています。施術後のお礼メールをした時に、すごく体調が良くなった、アロマが身近に思えたなどの言葉を頂いた時は、本当にこの仕事をしてよかったと思います。
また、施術の際は来て頂いたお客様のご家族のことも気にかけて差し上げるよう心がけています。たとえば、旦那様が不眠で…というお話には、お土産にラベンダーの精油を入りのバスソルトをそっと手渡すなどアロマを取り入れた提案をしたり、最後のティータイムには、手作りや地元の野菜を使ったお菓子をお出しするなどです。そういったサービスは主婦であり、自宅サロンであるからこそ生まれたものだと感じています。
大変だと思うことも時にはありますが、苦労したことは必ず糧になると思っているので、そういったことも含めて毎日楽しんでいます。

今後の目標は?

今のペースである、1日1名様限定は崩さずに、末永く自宅サロンをやっていきたいと思っています。
それから、今はお客様からのオーダーを受けてバスソルトやクリームなどを自分で作っていますが、そのうちアロマ教室など開いて、お客様皆さんと楽しみたいと思っています。
精油の生産にも興味があるので、将来的にはアロマ関係の商品作りの研究などもしてみたいですね。

これから同じ仕事を目指そうとしている主婦の方へ 、メッセージをお願いします

きっと最初は、自分にできるのか心配に思うかもしれませんが、ぜひ勇気を出して一歩を踏み出してみてください!
主婦ならでは、主婦にしかできない目線で自分のサロンを一から作ることは大変かもしれませんが、完成した時の感動はそれ以上です!好きな仕事ができるすばらしさをぜひ味わってください。
アロマテラピーの講座を探す >>

インフォメーション

トータルリラクゼーションサロン プティート
住所:東京都羽村市(JR青梅線羽村駅よりサロンまで車で送迎させていただきます。)
営業時間:平日10時〜18時(HPやブログで随時ご予約可能日を更新中です。)
HP:http://petit-to.petit.cc/
ブログ:http://ameblo.jp/4171230/
※お問い合わせ先はHPやブログをご覧下さい。

(記事更新日:2015/01/22)

アロマセラピーを学びたい方はこちらをチェック!

通いで学ぶなら通学講座を探す 自宅で学ぶなら通信講座を探す

会社概要広告掲載について利用規約プライバシーについてWEBライター募集WEBデザイナー募集

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.