お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

ウイズミー 太陽光スクールの【太陽光発電施工者講座(31126) 【保守メンテナンス研修】】

かにくらぶ

太陽光発電専門の保守メンテ研修。関連法規、点検ガイドライン、保守メンテに必要な不具合検出方法を伝授

【保守メンテナンス研修】

ウイズミー 太陽光スクール

業界経験者対応  資格・検定対策 

費用 【入学金】0円
【受講料】48,600円(総額制・税込)
【その他】テキスト代は研修費に含まれます。
遠方で宿泊が必要な方、宿泊・食事のご利用も可能です。
詳細はHPにてご確認ください。
日時 開催日時については弊社HPにてご確認をお願いいたします。
期間 1日
対象 こんな方にオススメです。
・太陽光発電の保守メンテナンス事業開始を検討している企業。
・太陽光発電設備の導入を検討している企業。
開校場所 佐倉/千城台/京成佐倉
全ての住所/MAPを見る
スクール ウイズミー 太陽光スクール

長期安定稼働こそが太陽光発電システムの課題。
合計発電量の推移だけでは、ストリング、モジュール単位の不具合・トラブルなどを発見するのは困難。仮に不具合・トラブル等により発電出力が20%低下し1年間見逃した場合、発電損失は、50kWシステムの場合36万円/年(※1)、1,000kWシステムの場合は720万円/年(※1)にもおよびます。
太陽光発電システムの長期安定稼働に必要不可欠な保守メンテナンスについて、電気事業法等の関連法規に準じた自家用電気工作物に該当する太陽光発電システムの主任技術者専任と保安規定についての解説、保守点検ガイドライン(JEM-TR228)に基づく一般用電気工作物に該当する太陽光発電システムの保守メンテナンスについて学習します。また開放電圧測定では、発電損出は発見できません。発電状態が、日射量に対し、適正かどうかを確認するためIV特性測定、モジュールチェック、ホットスポット確認を実習(※2)を通じて学習します。
※1、売電価格は36円(税抜)1ストリング5kWとし、故障などにより20%の出力低下を見逃し続けた場合の概算想定。年間発電量はシステム容量の1,000倍で算出した概算予想値です。実際の発電設備の設置状況、トラブル等の内容により発電損失は変動します。
※2、研修当日、雨天や曇天など天候状態により、測定実習に必要な日射量が不足する場合があります。 日射量が不足している場合は、実測定実習は中止とし、内容を変更して講義を行います。

<< 戻る

資格 取得 トップ > 太陽光発電施工者 > 【保守メンテナンス研修】