お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

アカデメイア・カレッジの【占い講座(7248) ルネサンスの魔術論 <文化教養講座>】

かにくらぶ

〜西洋神秘学の華〜

ルネサンスの魔術論 <文化教養講座>

アカデメイア・カレッジ

割引制度あり  初心者対応  担任制 

費用 【入学金】0円
【受講料】22,360円(総額制・税込)
日時 日 程 : 2016/10/14(金)〜12/23(金)
時 間 : 隔週金曜 14:50〜16:10
回 数 : 全6回
料 金 : 22,360円(一般) / 20,090円(入学者割引) 
期間 受講回数:全6回開講(隔週)
講師/田口 清一(法政大学講師/西洋思想史研究者)
対象 「占い」「哲学」「神秘学」などに興味がある方
開校場所 恵比寿
全ての住所/MAPを見る
スクール アカデメイア・カレッジ

全6回開講
第1回:10/14(金) ルネサンス魔術の一般理論-自然魔術とダイモン魔術
第2回:10/28(金) マルシリオ・フェチーノの「精気魔術」@-音楽魔術
第3回:11/11(金) マルシリオ・フェチーノの「精気魔術」A-護符魔術 
第4回:11/25(金) ピーコ・デッラ・ミランドーラの魔術思想@
第5回:12/9 (金) ピーコ・デッラ・ミランドーラの魔術思想A
第6回:12/23(金) ルネサンスの魔術と宗教

 以前は、ルネサンスという時代は近代合理主義の出発点だという一面的解釈が普及していましたが、近年の数多くの研究により、ルネサンスとは魔術、占星術、錬金術といった秘教的伝統が文化の地下から地上へと噴出し、あらゆる思想家の共通の関心事となった時代であることが明らかにされてきました。従って、こうした要素の理解なくして真のルネサンス理解はありえないことが次第に常識化されてきました。
 そこで本講座は、ルネサンス魔術の理論と実際を、まずルネサンス魔術理論のアウトラインから出発し、次にイタリア・ルネサンスを代表するフィチーノとピーコの魔術思想を分析し、最後に魔術と宗教の関わりの問題に触れることで、ルネサンス魔術の持つ現代的意義について考えてみようと思います。
 ややもすると身勝手な価値観が独り歩きしがちな現代において、あらゆるものの対立に反対し、全体的生命の内における調和と綜合を目指したルネサンスの魔術思想は、今一度注目するに値するのではないでしょうか。
 予備知識は不要ですので、どうぞお気軽にご参加下さい。

 

<< 戻る

資格 取得 トップ > 占い > ルネサンスの魔術論 <文化教養講座>