お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

行政書士資格取得の最短ルートは?

> > 行政書士資格取得の最短ルートは?

2016.03.10
更新

行政書士資格取得の最短ルートは?

受験資格が特になく法律の知識がなくても挑戦可能なのが行政書士資格です。最短4ヶ月で取得可能ですが、その方法はさまざまあります。ここでは学習期間や国家試験以外のルート、また講座の選び方などにも触れながら、行政書士になるための最短ルートを紹介します。

通学講座を探す通信講座を探す

行政書士資格取得の最短ルートは?

最短4ヶ月で取得!

行政書士になるには、国家試験に合格する必要があります。受験資格は特になく、誰でも受験することができます。国家試験のための勉強は、一般的には半年から1年かかると言われており、講座もそれくらいの学習期間を想定しているものが多いのですが、講座の中には4ヶ月で合格を目指すものもあり、これから目指す方にとっては最短での取得ルートになりますね。

別途、弁護士・弁理士・公認会計士・税理士といった資格を持っている人は、日本行政書士会連合会に名簿の登録をすることで行政書士としての仕事をすることができます。また、公務員として行政事務の経験が20年以上ある人(高卒の場合は17年以上ある人)も同様です。
これには、行政書士法が施行された戦後の時代、退職した公務員の受け皿的仕事が行政書士の仕事だったという理由もありますが、公的文書の作成や審査に関して事務経験があり、責任を任されていた経験があると見なされているというのが第一の理由です。しかし、全くの初心者から勉強する場合、大部分の人は国家試験を受けることになるでしょう。

行政書士試験は、法学部出身でなくては勉強ができない試験ではありません。合格率を見ると難易度が高い試験のように見えますが、実は法律系の仕事の中では初心者が挑戦しやすい試験なのです。法律に関して知識がない状態からのスタートでも、自分に合った勉強方法を見つけることで十分に合格を狙える試験です。

講座の選び方

全くの初心者が行政書士を目指す場合、講座の利用がおすすめです。独学ではわかりにくかった部分が、講師に質問したり講義を受けたりすることで簡単に理解できるということもあります。
講座は、膨大な試験範囲の中からどう勉強していくかといったスケジュール的なことも教えてくれます。特に法律系の資格取得に関する勉強は、どの順番で科目を攻略していけばいいのかという視点が重要ですので、独学よりも効率的に勉強できるでしょう。法改正などの情報も講座を受講していれば入ってきやすい環境にあります。

講座には、通学コースと通信コースがあります。通学コースは、通信コースよりも受講料は高い傾向にありますが、講義を受けることで目から耳から効果的に知識を習得できるという利点があります。また、働きながら受講する人も多い講座ですので、振り替え制度などが充実しているところが多く、その点は安心できます。自分のペースで好きな時間に勉強、というわけにはいきませんが、一緒に勉強する仲間がいることも利点の一つでしょう。
逆に、通いにくい場所に住んでいる場合や仕事が忙しく通学の時間がとれない方、学習するペース配分を自分で決めながら進めたい方には、通信コースがおすすめです。
自分に合ったコース選びを検討してみてくださいね。

通学講座を探す通信講座を探す

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.