お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

行政書士の給料・年収分析

> > 行政書士の給料・年収分析

2016.09.16
更新

行政書士の給料・年収分析

行政書士の給料に関して、給料・年収に関して分析してみました。行政書士は、日本人の平均給与よりも高い水準の収入が得られる仕事です。また行政書士としての個人差の有無、さらに独立・フリーランスをして活躍する場合についても解説していきます。

通学講座を探す通信講座を探す

行政書士の給料・年収分析

行政書士の平均年収

行政書士は、士業として高収入が得られる専門職として、世間的には認知されています。実際に平均年収は、約600万円が目安です。国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」によると、給与所得者の平均年収は415万円でした。したがって、行政書士の年収は、平均年収以上の高収入を得られます。しかしながら、実際には年収2,000万円〜3,000万円以上を得ている行政書士がいます。一部の方は、平均給与を全体的に引き上げています。中には、年収が1億円以上を超える方も存在ます。したがって、行政書士の一般的な給与は、500万円以下になります。人によって所得に大きな差がある仕事です。とは言っても、行政書士の所得は、日本人の平均給与と比べると高い水準であることには違いありません。

個人差の有無

行政書士は、業務によって所得に大きな個人差が生じます。就職する場合でも、開業する場合でも、どのような案件に関わるかで所得が決まります。経験が浅い内からでも、上手くいけば高額所得者になれる可能性がある仕事です。

もっとも売上につながる案件で言えば、薬局開設許可です。近年、薬局開設が増加しています。薬局開設許可は、申請料も非常に高い業務です。さらに、高額の申請料が必要になるのは、産業廃棄物処理業許可申請や知的資産経営報告書作成、帰化許可申請といった業務です。この他にも学校法人や宗教法人、社会福祉法人の設立・認定申請から、風俗営業に関する許可申請まで、幅広い申請業務があります。これらの業務に携われば、所得も上がりやすくなります。

独立・フリーランスについて

行政書士して、独立開業をする方は数多くいます。なぜなら、行政書士事務所で勤務するよりも、高額の年収を得られる可能性があるためです。また自分が携わりたい業務にも、自由に関わることが出来ます。ただし、一時は結果を出せても、成功し続ける行政書士は、ほんの一握りです。活躍すし続ける行政書士には、経営者として売上を出して、維持するスキルが求められます。

特に、現在の士業においては、いかに集客出来るのかが鍵となっています。新規顧客の開拓からリピーター、紹介の獲得まで、集客スキルが必要です。また、インターネットを中心にしたマーケティングやグローバル化に対応出来るセンスが求められます。顧客獲得のためのサービス提供や利益創出が上手くいけば、雇用されていた時よりも何倍もの所得が期待出来ます。

通学講座を探す通信講座を探す

行政書士関連情報

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.