お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

働きながら行政書士資格を取得できる?

> > 働きながら行政書士資格を取得できる?

2016.03.11
更新

働きながら行政書士資格を取得できる?

行政書士の試験は社会人の受験者も多く、学習方法を決めて計画的な勉強時間を確保することができれば、働きながらでも資格取得することが可能です。ここでは資格取得に向けた講座の活用方法やおすすめの勉強方法、注意点などを紹介します。

通学講座を探す通信講座を探す

働きながら行政書士資格を取得できる?

働きながら取得できる?

行政書士試験は、働きながら勉強するのがメジャーな試験です。実際に30代・40代の方が合格者の過半数を占めています。法律系の国家試験の中では比較的難易度が低い試験のため、法学部卒でなくてもこの資格をとることを目指している人はたくさんいます。勉強期間は半年から1年と言われており、何年もかかって勉強するのがメジャーな司法書士試験や司法試験とは一線を画しています。出題範囲は広いですが、講座の受講によって効率的に勉強することが可能になっています。

通学コースは、週に1〜2回通うものからそれ以上のものまでありますが、仕事で都合が悪かった場合には振り替え受講などを活用するとよいでしょう。欠席した講座をDVDやWeb講義という形で受講できるもの場合もあるようです。受講サポートについては、事前に確認をするようにしましょう。一方通信コースは、自分のペースで勉強できる点と通学コースよりも安く学習できる点がポイントです。
行政書士の勉強は、スケジューリングが合格のかぎを握っています。講座を受講することで、行政法・民法・憲法の主要3科目をどのような順番で勉強するのかといったことや、学習スケジュールに沿って進められるので効率的に勉強することができます。

おすすめの勉強方法は?

行政書士試験は、5肢択一式・多肢選択式・記述式の問題があります。過去問を使って大事なポイントをいかにマスターするかは合格のために重要です。過去問題集などを活用し独学で進めるのもよいですが、費用をかけてでも合格を目指すのであれば、講座受講をおすすめします。行政書士の講座でも問題演習にはかなりの時間を使っています。

勉強時間をどのように確保するか、ちょっとでも時間ができれば勉強するという心構えも重要です。仕事をしながら勉強する場合、朝の時間の活用、昼休みの活用、夜の時間の活用など、どこで時間がとれるのかを書きだしてみるとよいでしょう。また、スマートフォンやiPodで講義内容を聞けるシステムがあるもの、CDが付いているものであれば通勤時間に勉強できますね。30分を3回、4回と重ねていくことで1時間半、2時間と勉強時間は増えていきます。
スケジュールは、ざっくりとした長期的な視点と一日あたりの小さな視点の両方で考えておくとよいでしょう。その時に注意したいのが、がちがちに勉強スケジュールを組まないことです。突発的な用事によってスケジュールが崩れてしまったり、休息できなくて勉強がうまくいかなかったりといったことが起こり得ます。また、休憩時間や遊びの時間をあらかじめスケジュールに入れておくこともポイントです。

通学講座を探す通信講座を探す

行政書士関連情報

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.