お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

宅建士資格取得の最短ルートは?

> > 宅建士資格取得の最短ルートは?

2016.02.16
更新

宅建士資格取得の最短ルートは?

宅建士を最短ルートで資格取得するには、資格試験で1発合格するしかありません。ここでは、効率よく試験合格を目指すための勉強方法や始める時期、試験に向けてのポイントについて紹介していきます。

通学講座を探す通信講座を探す

宅建士資格取得の最短ルートは?

年1回の資格試験に合格することが必須

年1回開催される資格試験に合格することが、宅建士(宅地建物取引士)になるための最初の関門です。 宅建士の資格試験は合格率約15%と言われるほどの難関で、1度目の受験では残念ながら合格できず、リベンジを目指して複数回挑戦する人も多い資格です。したがって宅建士資格取得の最短ルートは、1年間のうちに効率よく勉強を進め、資格試験に1発合格することだと言えるでしょう。

資格試験は例年10月に開催され、申し込みの締切は例年7月末となります。8月以降はその年の受験申込ができませんので、最短でも来年以降になってしまいます。受験対策講座の多くは4月開講なので、1年で合格を目指す場合、少なくとも3月頃から準備を始めたいところです。また、早期対策講座と銘打ってその年の1〜2月くらいにはじまる講座もありますので、勉強をはじめるのは早いに越したことはありません。
次項からは、宅建士の資格試験に最短で合格するための具体的な対策について紹介していきます。

1発合格を目指して効率よく勉強しよう

繰り返しになりますが、宅建士(宅地建物取引士)の資格試験に初回で合格するのは簡単なことではありません。1年という限られた時間の中で、合格するのに必要な知識を余すところなく身につけなければならないからです。基礎知識がない状態から資格試験合格を目指すなら、受講期間は1年間みっちりと考えたほうがよいでしょう。基礎知識の習得からはじめ、ある程度の知識が身についたら演習問題を解いたり模擬試験を受験してみたりして実際の試験になれることも必要です。

過去に宅建士の資格試験を受験したことがあったり、不動産業界での実務経験があったりして、ある程度の基礎知識がある場合は、通信講座や直前講座のみの受講ですませるのもよいでしょう。期間としては2か月〜半年間くらいが目安です。

ポイントをしぼった暗記が鍵

前にも述べたとおり、宅建士(宅地建物取引士)の資格試験では知識力を問う設問が多く出題されます。よってポイントをしぼった暗記や過去問の研究をしっかりとしておくことが、合格への近道になると言えるでしょう。
宅建士の資格試験対策講座でも、直前期になるとその年の試験問題の予想や、「直前かけこみ講座」とうたったポイントをしぼった講座が多数開講されるようになります。

プロの講師にポイントを伝授してもらえるということは、受験直前のメンタルの安定にも好影響です。勉強を進める中で自分が間違いやすい問題を記録しておき、まとめておくのもよい方法です。試験前に見返すと「ここさえ間違えなければ完璧だ」という気持ちになり、自信をもって受験にのぞむことができると思います。

通学講座を探す通信講座を探す

宅建士(宅地建物取引士)関連情報

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.