お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

調理師になるには?

> > 調理師になるには?

2015.12.16
更新

調理師になるには?

調理師になるためには資格が必要ですが、飲食関係の勤務先によっては資格が無くても仕事することはできます。ここでは調理師を目指す方向けに調理師免許を取得する方法やスキルアップ資格・講習、求められる環境について紹介します。

通学講座を探す通信講座を探す

調理師になる方法とは

調理師になるためには資格が必要!

調理師になるためには、調理師免許の取得が必要となります。ただし、飲食関係の勤務先によっては、無くても仕事をすることは可能です。
※例)ラーメン店、そば職人、すし職人など
よって、料理人になるために必ず調理師免許が必要というわけではありません。実際、持たずに何年も飲食関係で仕事をしている人も多くいます。仕事として目指す方向性によって、調理師免許が必要なのかは事前にチェックしてみても良いかもしれませんね。調理師免許を取るよりも、見習いとして就職し、経験を積んだほうがよい場合もあります。

調理師免許を取得するには

調理師免許を取得するには、2つの方法があります。

(1)厚生労働大臣が指定する調理師養成施設(調理師学校)に入学し、卒業後に住所地の都道府県知事に免許申請する

(2)飲食店や給食施設などで2年以上調理業務の実務経験を積み、調理師試験を受け、合格後に住所地の都道府県知事に免許申請をする

調理師学校では料理の基礎から学ぶことができますが、調理師学校に行かなくても実務経験があれば、調理師試験を受けることは可能です。現場に出て実務経験を積むこと、学校で基礎知識を学ぶ、どちらが良いとも言い切れませんが、免許の有無に関わらず就職後は下積みの雑用係からのスタートが通常です。免許を持つことで就職のチャンスが広がる可能性もありますが、それに捉われる必要はありません。中卒で未経験者可の求人を探し、下積みから始めて2年後に調理師免許を習得するという方法もあります。

調理師免許以外のスキルアップ資格・講習

調理師試験主催している調理技術技能センターでは、技術・技能向上を目的とし、以下試験や講習も実施しています。ステップアップを目指したい方は参考にしてみてください。

●調理技術技能評価試験
試験に合格すると、厚生労働大臣より「専門調理師・調理技能士」の称号が与えられ、証書が交付されるほか、調理師学校の教員資格も得ることができます。必要な実務経験年数が細かく設定されていますが、実務経験年数のうち調理師の免許所持期間が3年以上無ければ受験することができません。

●調理師熟練者講習
講習を修了すると調理技術技能評価試験の学科試験が免除となる講習会です。
※対象者:年齢満30歳以上の調理師で、調理に関する実務経験が10年以上の方

調理師が求められる環境

不況による影響もあってか、外食する機会が減ったり、値段がリーズナブルなファミリーレストランの利用へとニーズが変わってきているものの、おいしい物を食べたいという「食」に対するニーズは今後も変わることはないでしょう。調理師の活躍の場は幅広く、働き方の選択肢も様々あると言えます。例えば、病院や福祉施設、企業などでも調理師のニーズはありますし、学校給食の調理師になることもできます。また、世界中では和食人気も高まりをみせていて、今後は日本の料理人が海外で活躍することも増えていくのではないかと考えられます。

[ 人気開講エリア ]

渋谷区 新宿区 目黒区

通学講座を探す通信講座を探す

調理師関連情報

給付金対応講座

通学講座エリア一覧

北海道
北海道
関東
東京都区内
東海
愛知県
近畿
大阪府
九州
福岡県

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.