お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

トリマーに向いている人とは

> > トリマーに向いている人とは

2016.02.29
更新

トリマーに向いている人とは

トリマーになりたいけれど、自分に向いているのか不安という人も多いのではないでしょうか。もちろん「なりたい」という気持ちが何よりの条件ですが、業務内容をもとに向いていると思われる特性の代表例を3つ紹介します。

通学講座を探す通信講座を探す

トリマーに向いている人とは

動物が好きな人

トリマーは動物と接する時間が長い仕事なので、動物が好きな人には最適な仕事でしょう。人間のように言葉を話すことのない犬や猫の気持ちを汲みながら進める必要のある仕事なので、それだけ深くコミュニケーションをとることができます。 トリマーと言っても、ただ犬や猫の被毛をカットするだけではプロレベルの仕事をすることはできません。思いやりをもってペットたちと接し、自分の目の前にいるペットの反応を常に観察しておくことが必要です。 反応によって最適な押さえ方やなだめ方、触り方を選ぶことができればペットとのあいだによい信頼関係ができ、結果としてよいトリミングやグルーミングができるようになります。

動物への愛情をもっている人なら、このようなペットとのコミュニケーションを心から楽しめるはず。「この子をかわいくしてあげたい」という気持ちをもち、ときにはペットたちから勉強させてもらうという姿勢を忘れずに仕事にのぞむことも大切なポイントです。

人と話すのが好きな人

トリマーは対ペットの仕事でもありますが、ペットをトリマーに預けてくれるのは飼い主さん。人間に対する接客業という側面も大きいのです。そういう点では、人と話すのが好きで、いろいろなタイプの人と垣根をつくらずコミュニケーションをとれるという人は、トリマーとして仕事が向いているといえるでしょう。

また、友だちから「癒し系だね」「聞き上手だね」とよく言われる、という人もトリマーにぴったり。 トリマーとして仕事をしていると、飼い主さんからペットの健康面や日常生活の悩み相談をされることも多くあります。そんなとき大事なのが、まずは飼い主さんのお悩みを徹底的に聞いて、不安な気持ちに共感できること。 いっけんトリミングやグルーミングなどの業務とは無関係に思えるかもしれませんが、飼い主さんとの信頼関係をつくるには欠かせないことなのです。

流行に敏感な人

人間のヘアスタイルと同じように、ペットのトリミングにも流行があります。そのような流行を敏感に汲み取り、飼い主さんの希望に沿って最新のスタイルを提案できるのも、トリマーとして必要な能力のひとつ。本や雑誌、インターネットの情報を集めるのが好きという人は、流行のスタイルを無意識のうちに取り入れているはず。そういう姿勢は、トリマーとして仕事をするときにも大切です。

接客業という側面から、自分自身の身だしなみに気を配れることも重要な適性ではないでしょうか。美容やファッションに興味があって流行のスタイルやメイクを取り入れていたり、清潔感のある着こなしを大事にしている人には向いているお仕事です。

通学講座を探す通信講座を探す

通学講座エリア一覧

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.