お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 9時〜21時

医療事務の資格を生かせる現場の種類

> > 医療事務の資格を生かせる現場の種類

2016.02.16
更新

医療事務の資格を生かせる現場の種類

資格を取得する際に、取得後どのような現場で資格を生かせるのかということはとても重大な関心事です。近年ますます増えているという医療事務の資格を生かせる現場の種類を3つにわけて紹介します。

通学講座を探す通信講座を探す

医療事務の資格を生かせる現場の種類

病院・クリニック

医療事務と言えばまず思い浮かぶのは、病院やクリニックでの勤務でしょう。大きな総合病院から地域の中小医院、美容医療を扱うクリニックなど、種類はさまざまです。 高齢化や健康志向の高まりにより、医療施設の数は年々増加の一途をたどっています。

2011年に約17万7000だった医療施設の数は、2014年には約17万8000と1000近くも増えています。それだけ就職先や募集も多く、将来性のある資格と言えるでしょう。
勤務形態も正社員や契約社員からアルバイト、パートスタッフまでさまざまなスタイルで働いている人がいますので、自分のライフスタイルやキャリアの志向に合わせて選び、就職サポートを担当してくれるアドバイザーに伝えておくとよいでしょう。

歯科医院

医療事務が必要とされているのは、総合病院だけではありません。各地にある歯科医院も、選択する人が多い就職先です。医療機関全体の約4割が歯科クリニック・歯科医院とも言われるほどですから、就職先は総合病院と同じくかなり多くあると考えられます。

事務とはいえ歯科医院で働くからには、口の病気全般の知識がしっかりと身についているに越したことはありません。また、診療報酬明細書(レセプト)の作成方法も、一般の病院と歯科医院では少し違うこともあります。そういった細かい差異に対応するには、「歯科医療事務講座」などでプラスアルファの知識を身につけておくと安心です。歯科医院への就職を目指している人は、検討してみましょう。

介護施設

高齢化が進んでいる現在、医療と介護は切っても切れない関係と言ってもよいでしょう。介護施設を併設する医療機関も増えており、この分野の知識をもった人材は今後ますます重宝されるはずです。
介護施設の医療事務として活躍するには、通常の医療事務の知識に加えて、介護保険の知識や在宅介護と施設での介護の請求方法の違い、ケアプランの作成方法を理解していることが必要になります。また、高齢者の心によりそった対応ができるかどうかが重要な業務ですので、高齢者独特の心理をしっかりと勉強しておかなければなりません。

就職してから身につけることもできますが、すでに専門の知識がある人材というのはどの職場も喉から手が出るほどほしいもの。「介護事務講座」などの講座であらかじめこれらの知識を習得しておくとほかの求職者との差別化にもなりますし、即戦力としてよい条件での採用も狙えるでしょう。

通学講座を探す通信講座を探す

医療事務関連情報

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    TACが選ぶ5つのオススメビジネス資格を大紹介! あなたならどれを選ぶ?

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


会社概要広告掲載について利用規約プライバシーについてWEBライター募集WEBデザイナー募集

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.