お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

医療事務に向いている人とは

> > 医療事務に向いている人とは

2016.02.16
更新

医療事務に向いている人とは

医療事務の資格取得を目指したいけれど、自分に向いているのか不安という人も多いでしょう。もちろん向き不向きは働きはじめてみないとわからないのですが、性格や人柄が役立つ傾向もあります。ここではいくつかの事例を紹介していきます。

通学講座を探す通信講座を探す

医療事務に向いている人とは

人と話すのが好きな人

医療事務の仕事は、医師や看護師、検査技師など、さまざまな関係者と連携しながら進めるお仕事です。そういう点では、人と話したりコミュニケーションをとるのが好きな人は、この仕事に向いていると言えるでしょう。また、受付での患者さんとの会話も医療事務の仕事のひとつ。病気をかかえて病院を訪れる患者さんは、不安な気持ちでいっぱいのことも多いもの。笑顔で挨拶をしてもらえたり世間話をしたりすることで、安心して診療を受けてもらうことができます。

コミュニケーション能力にすぐれていれば、ほかの医療事務スタッフとも良好な関係を築くことができて、忙しいときにもうまく連携して業務を進めることができるでしょう。一人ひとりの作業量が多い小さな病院などでは、そういった能力は見過ごすことのできないほど重要なものです。

思いやりがあるやさしい人

医療事務の仕事は、さまざまな立場で仕事をするスタッフたちの「調整役」という側面も大きいもの。自分とは違う現場で働く人たちを気遣いながら仕事を進められる思いやりある人は、やはり重宝されます。事務仕事とはいえ、いつも仏頂面で機械的にしか仕事をしない人は、どうしても敬遠されてしまいますよね。いくら仕事の処理能力が高くても、チームとしてみんなで円滑に作業を進めるためには、それだけでは不十分と言わざるをえません。

また、病院を訪れる患者さんからしても、笑顔でやさしく対応してもらえるというのはうれしいもの。「お体の調子はいかがですか?」「今日はあたたかいですね」などといった他愛無い会話が、病院への愛着や信頼につながっていく部分も大きいと思います。

細かい作業が苦にならない人

医療費の計算、パソコンへのデータ入力、カルテや伝票の整理など、医療事務の仕事は細やかさが求められる作業が多いのも特徴のひとつです。そういった意味では、日ごろからパソコンでの作業が得意だったり、料理やお裁縫など緻密な作業が苦にならない人は、この仕事に向いているでしょう。
また、医療費の計算やカルテのデータ入力の作業は基本的に間違いが許されず、高い正確性が要求されます。几帳面でほかの人が気づかないような細かいところにまで気がまわるという人も、力を発揮できると思います。

医療事務の仕事は、きれい好きで整理整頓が得意という人にもピッタリ。膨大な量のカルテや伝票をうまく整理して、すぐに取り出せるようにそれぞれの収納場所を記憶しておくというのは、案外骨の折れるもの。当てはまる人はアドバンテージがあると考え、積極的に取得を目指してみましょう。

通学講座を探す通信講座を探す

医療事務関連情報

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.