お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

社会福祉士の資格を生かせる現場の種類

> > 社会福祉士の資格を生かせる現場の種類

2016.03.09
更新

社会福祉士の資格を生かせる現場の種類

社会福祉士の資格は多種多様な場で生かすことができます。公務員として働く道や、社会福祉協議会・地域包括支援センター、社会福祉施設や医療機関で働く道もあります。雇用形態も様々あり、独立開業する人もいます。そうした活躍できる現場の種類について紹介します。

通学講座を探す通信講座を探す

社会福祉士の資格を生かせる現場の種類

福祉事務所・児童相談所・社会福祉協議会

社会福祉士の中には、公務員試験に挑戦し公務員として採用されて相談援助業務に携わる人もいます。福祉事務所・児童相談所の他、市町村の生活保護課や福祉課などがその活躍の場になります。この場合は、転属などで福祉とは関連性のない部署に配属になる場合もあります。しかし、勤続年数に応じて給料があがったりボーナスがちゃんと出たりといった公務員としての雇用環境に魅力を感じる方には良いかもしれませんね。

社会福祉協議会は、地域の福祉の向上を目指して活動を行っている団体です。社会福祉協議会では、様々な福祉活動や相談業務に携わることができます。高齢者支援・障がい者支援・ボランティア活動のサポートなど、社会福祉士としての知識を存分に発揮できる職場です。

社会福祉施設・医療機関

身体障がい者福祉施設や児童福祉施設などの社会福祉施設で活躍する社会福祉士も多くいます。こちらは利用者とのふれあいが多く、生活指導員として働く場合も多々あります。例えば障がい者福祉施設では、利用者の介護などにも携わる例が多いでしょう。

医療機関では、医療ソーシャルワーカーとして、様々な環境に置かれている人の相談支援業務を行います。国民健康保険に入っていない人がいればその加入の手続き、また身よりのない人であれば親しい人やキーとなる人物探しも行います。大きな病院であれば入院する期間が決められているので、その期間が過ぎた後にどこの病院に受け入れてもらうかなどの相談にも応じます。

高齢者のための施設

高齢者も、社会福祉士がその支援の対象としている人です。生活指導員として、老人ホームやデイサービス、ショートステイなどに勤務する例もあります。在宅介護支援センターでは、在宅で高齢者の介護にあたる家族の相談にのっています。また、医療や保健との連携も必要な仕事です。

地域包括支援センターでは、高齢者の様々な困りごとへの相談支援業務を行います。こちらは介護保険とのつながりが大きく、関係各所との連絡調整も大事な仕事です。ケアマネジャーや保健師などと、それぞれの専門性を生かしてチームになって動くことも多いです。地域包括支援センターは、各市町村にあり、地域住民に対してきめ細かい対応ができる職場として注目されています。

雇用形態

社会福祉士の資格を持っていると、様々な雇用形態で働くことが可能です。正規職員としてフルタイムで働くことができるのはもちろんのこと、ライフスタイルに合わせてパートタイマーの形態で働く社会福祉士もいます。出産・育児で一時的に職場を離れていても、資格を持っていることで次の職場が見つかりやすいので、女性にもおすすめの資格です。

また、社会福祉士には独立開業の道も用意されています。独立型の社会福祉士の事業所がそれで、地域住民から様々な福祉関係の相談を受けるほか、認知症の人・知的障がい者・精神障がい者など判断能力が十分にない人を保護・支援する「成年後見人」としての仕事も多くなっています。知識や経験を積んでからこうした業務に取り組む独立型の社会福祉士もいます。

通学講座を探す通信講座を探す

社会福祉士関連情報

給付金対応講座

通学講座エリア一覧

東海
愛知県

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.