お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

働きながら社会福祉士資格を取得できる?

> > 働きながら社会福祉士資格を取得できる?

2016.03.09
更新

働きながら社会福祉士資格を取得できる?

社会人として今は別の仕事をしているが社会福祉士を目指したいという方でも、資格取得自体は可能です。しかし、仕事と勉強を両立していかなければいけません。ここでは、おすすめの勉強方法や時間の捻出方法などに触れながら詳しく紹介します。

通学講座を探す通信講座を探す

働きながら社会福祉士資格を取得できる?

働きながら取得できる?

社会人になってから社会福祉士の資格取得を目指す場合、働きながら勉強することが可能です。一般大学を卒業した方の場合、社会福祉士の受験資格を得るには、福祉系のカリキュラムがある大学に3年次編入し卒業するか、一般養成施設等で1年以上勉強し修了する必要があります。どちらも通信制がありますし、一般養成施設の通学コースでも夜間部があるので働きながら勉強することができます。
通信制の大学の場合、スクーリングや実習が通える範囲にあるかどうかは調べておく必要がありますが、基本的には自宅で自分のペースで学習できます。単位取得に必要な科目修了試験も全国の多くの都市で行われている場合があります。一般養成施設も同じで、スクーリングや実習の開催場所については調べておく必要があります。

別途、社会福祉士の国家試験対策講座を受講する場合には、通学コースでもいろいろな曜日に開催されている場合があり、仕事で都合が悪くなっても他の曜日に振り替えができることがほとんどなので便利です。

おすすめの勉強方法は?

社会福祉士の出題科目は19科目あり、全ての科目に得点し、かつ総得点のうち60%以上得点しないと合格できません。ですので、まんべんなく勉強することが合格への近道です。
問題は「五肢択一を基本とする多肢選択形式」で出題されます。つまり、5つの答えの中から1つ、もしくは複数の答えを選択するという問題です。150問を240分で全て解かなければならないので、一つの答えにかけられる時間は見直しの時間を考えると1分程度です。問題に慣れるためにも問題集を繰り返し解いて準備しましょう。

ここで一点注意したいことがあります。それは、テキストや問題集は最新のものを使うようにすることです。なぜなら、社会福祉士の分野は法改正が頻繁に行われる分野だからです。古いものを使っていると、間違った知識を取り入れてしまいます。直前対策講座を利用すると、法改正などの最新情報を学習できますよ。

時間の捻出方法

社会人になってから勉強を始める場合、時間の捻出方法を考えることは重要です。大事なのは、30分でも時間があれば勉強にあてるという視点です。仮に30分の時間を3回捻出できれば、1時間半勉強したことになります。一日の勉強時間は、おおまかにでもスケジュールを立てることで割り出すことができるでしょう。

スケジュールを立てる上で、まずは一日で何に対してどのくらい時間をかけているのかを書いてみるのと良いでしょう。いつも昼休みに同僚と食事しているという人は、その時間を勉強にあてることができるかもしれません。また、夜テレビを見る時間を勉強にあてられるかもしれません。人によって朝早起きをして勉強時間を作る場合もあるでしょう。
一日のスケジュールをたてる時には、息抜きの時間も入れておくのもポイントです。最初から息抜きの時間を計算に入れておくことで、無理なスケジュールになることを防ぐことができますよ。

通学講座を探す通信講座を探す

社会福祉士関連情報

給付金対応講座

通学講座エリア一覧

東海
愛知県

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.