お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

介護福祉士資格取得の最短ルートは?

> > 介護福祉士資格取得の最短ルートは?

2016.02.23
更新

介護福祉士資格取得の最短ルートは?

介護福祉士になるためにはいくつかのルートがありますが、最短で資格を取得するためにはどのようなルートをたどるのがよいのでしょうか。養成施設を卒業するルート、実務経験を卒業するルートなど、法改正も視野に入れながら紹介していきます。

通学講座を探す通信講座を探す

介護福祉士資格取得の最短ルートは?

気になる法改正の影響は?

介護福祉士になるためには、高校を卒業してから養成施設を卒業する、実務経験3年の後に「実務者研修」を受けてから国家試験に合格する、福祉系高校で勉強して国家試験に合格するなどの方法があります。養成施設に入れば、2年で卒業と同時に資格がとれますが、厚生労働省は、2022年度以降の卒業生は養成施設卒業でも国家試験を受けることを義務化するという法案を国会に提出しており、2016年2月現在審議中です。

法案は国会を通る可能性がありますので、養成施設に入って国家試験を受けることなく介護福祉士の資格がほしい人は、早めに入学を決める必要があります。また、経過措置として、2017年度から2021年度の卒業生に関しては、5年以内に介護福祉士の国家試験に合格するか、5年間勤務することで、正式に介護福祉士の資格を得ることができます。その内容も法案に盛り込まれていますので、法案が国会を通るかどうか見ていく必要があります。

実務経験を積んで国家試験を受ける場合

国家試験に合格した人の中で9割以上は、実務経験を3年以上積んだ人です。2015年の試験では、福祉系高校を卒業してから国家試験に合格した人は全体の3.4%しかいませんでした。介護福祉士の国家試験に合格するには、実務経験を3年以上積んでからというパターンが多いことが分かります。
また、2016年度の試験からは、実務経験を積んでから更に「実務者研修」を受けなくてはならなくなりました。

この「実務者研修」は、無資格者であれば修了するのに約6ヶ月かかるものです。自宅学習を取り入れれば通学が7日ほどで済むものもあるので、働きながら受講が可能ですが、この期間を意識しておくことが重要だと言えます。介護職員初任者研修、ホームヘルパーなどの資格があれば、修了するまでの時間は短縮が可能です。また、金額も有資格者と無資格者では変わることがほとんどです。

実務者研修を受けてから最短半月で取得!

実務経験が3年以上あり、かつ実務者研修を修了した人が国家試験を受ける場合、独学に不安があれば受験対策講座の利用がおすすめです。通学コースで最短約半月で受講が終わるものもあります。通信コースの場合は最短約1ヶ月を受講の目安としているものもあります。

受講期間や金額はそれぞれの講座で違うので、資料を請求するなどして自分に合った講座を選ぶのがいいでしょう。通学コースで通えない地域に住んでいたり、自分のペースで学習するのが向いている方であれば、通信コースという選択もありですね。実務者研修と抱き合わせて受講ができる講座もあるので、資料を請求して比較・検討してみてください。
介護福祉士は、これからますます需要が見込める資格です。キャリアアップのためにも、受験を検討してみてください。

通学講座を探す通信講座を探す

介護福祉士関連情報

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.