お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

調剤事務になるには?

> > 調剤事務になるには?

2015.11.30
更新

調剤事務になるには?

調剤事務は未資格者でもなることはできますが、スムーズな就職を考えた場合には資格取得を検討してみるのも良いかもしれません。採用事情や仕事に活かせる資格、活躍の場についても紹介します。

通学講座を探す通信講座を探す

調剤事務になる方法とは

未資格者でも調剤事務になれる!?

調剤事務になるには、特に資格取得が必要というわけではありません。よって、未資格者の方でも調剤事務の仕事をすることができます。 しかし、様々な事務作業があり、中でもレセプト作成には保険の点数計算などの専門知識が必要で、正確かつ迅速な仕事が求められます。また、法改定に関する知識も必要になるので、全く知識が無いと本来の調剤事務業務をスムーズに行いづらいのも事実としてあります。 調剤事務の資格試験を受け、資格取得を目指すのも一つの手段かもしれませんね。

調剤事務の採用事情

調剤事務資格が無くても仕事できることもあってか、人気職種となっているようです。また、求人への応募件数も増えていて、いかに採用選考で優位に立てるかが重要なポイントとなるでしょう。 求人情報に「未資格者歓迎」と書かれていても、エントリー件数が多ければ、資格を持っている方や実務経験の有無が選考結果に影響することも考えられます。就職活動の際に履歴書でのPR、採用選考を優位に進める意味でも、調剤事務の資格取得をされた方が得策ではないでしょうか。

調剤事務の仕事に活かせる資格

調剤事務には様々な団体が主催する資格試験があり、評価ポイントや試験内容などにも違いがあります。調剤事務作業の仕事をする上で活かせる資格試験についていくつか紹介しますので、資格取得を検討する上で参考にしてみてください。

●調剤事務管理士 技能認定試験
保険調剤薬局の処方箋受付けや会計、レセプト作成などを行う事務スタッフとしての必要スキルを証明する資格です。主催団体認定の通信講座を修了すれば、在宅での受験が可能。

●調剤報酬請求事務 技能認定
調剤報酬請求事務における一般的な知識と技能のレベルを客観的に評価する試験です。主催団体が認める所定カリキュラムを受講し、修了試験に合格すれば資格取得が可能。

●調剤報酬請求事務専門士 検定試験
調剤事務の中でも最高峰の資格。試験の難易度は高めですがその反面、薬局によっては資格手当てや昇給対象になるケースがあったりと、高い評価も期待できます。資格取得後も2年に1度の更新制度があり、その際に最新の保険知識を学ぶことができます。

※どの資格試験も指定された出題範囲の試験を受けて、合格する必要があります。試験の主催団体、もしくスクールにて対策講座も用意されていますので、チェックしてみてください。

調剤事務として活躍できる場所は?

調剤薬局が主な仕事場になります。調剤報酬請求事務専門士 認定試験に合格すれば、保険や薬剤の基礎知識や患者さんへの接遇スキルも身につくため、薬店やドラッグストアの受付、フロア業務など幅広い活躍が期待されています。

通学講座を探す通信講座を探す

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.