お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

整体師になるには?

> > 整体師になるには?

2015.12.10
更新

整体師になるには?

整体師になる上で特に必須資格はありませんが、スクールなどで技術を身につけてから就職、または独立開業というのが一般的な流れになっています。ここでは、就職・開業する上でのポイントについて解説します。

通学講座を探す通信講座を探す

整体師になる方法とは

整体師になるには?必要な資格は?

整体師になるには、スクールなどで技術を習得したうえで、整体院・整骨院・リラクゼーションサロン・スポーツジム・スパなどに就職する、もしくは自営業として整体院などを開業する方法があります。整体師として仕事をするのに必要な国家資格や公的な資格はありませんが、解剖学など人体の知識や整体の実技を身につけている方が就職にも有利です。整体師の資格は民間資格で、スクールなどで取得可能です。

整体師として就職・開業するには?

整体師としての就職を目指す場合、スクールなどで整体に関する知識・技術を身につけ、整体師の求人募集先の整体院・サロンなどに就職するといった流れが一般的でしょう。求人募集先を探す際、求人サイトから探すこともできますが、多くのスクールでは運営会社の経営する整体院へ就職できたり、スクールに寄せられる求人情報を活用して就職活動ができたりと就職サポートが充実しています。そのため、就職するまでも比較的スムーズに進められるのではないでしょうか。
一方で、開業希望の場合にはスクール卒業後すぐに開業する方もいますが、まずは整体院などに就職して実務経験を積んでから開業というケースが多いようです。開業希望の場合についても、スクールが経営ノウハウに関するセミナーや備品調達の相談などを行っていたりしますので、有効的に活用したいですね。

プラスαのスキルアップも重要ポイント

整体院・リラクゼーションサロンなどでは、あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師・はり師・きゆう師(鍼灸師)の国家資格取得者を募集しているケースも増えてきています。医療分野の国家資格ということもあり、信頼性や専門的な知識、高い技術といった面でも就職時には有利です。これらの資格を取得するには、それぞれ養成校等で3年以上学び国家試験に合格する必要がありますが、より専門的に広く活躍していきたいという方は、資格取得を検討されてみても良いかもしれませんね。
また、カイロプラクティック、リフレクソロジー、アロマテラピーなどリラクゼーション関連のスキルアップを目指すのも良いでしょう。癒しを売りにする業界ニーズとしても近年発展傾向にあります。独立開業を目指す、ご自身の価値を見出すという意味でも、プラスαのスキルを身につけておくことは、差別化を図る一つの手段かもしれませんね。

通学講座を探す通信講座を探す

整体師関連情報

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.