お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

リフレクソロジストに向いている人とは

> > リフレクソロジストに向いている人とは

2016.02.04
更新

リフレクソロジストに向いている人とは

リフレクソロジストを目指すと決めたものの、自分がこの仕事に向いているのか不安という人も多いのではないでしょうか。もちろんリフレクソロジストになりたいという気持ちが何よりの条件ですが、こんな人にはさらにオススメという特性をご紹介します。

通学講座を探す通信講座を探す

リフレクソロジストに向いている人とは

人と話すのが好きな人

リフレクソロジストの仕事は、お客さん相手の接客業という側面が強くあります。リフレクソロジーの知識や理論にいくら長けていても、お客さんに「このサロンに来てよかったな」と感じさせられることができなければ、一流になるのはむずかしいでしょう。そういった意味では、人と話すことやコミュニケーションをとることが好きな人は、リフレクソロジストに向いていると思います。会話の中でお客さんの本当の悩みを聞き出すことができたり、「誠実に接してくれている」と感じさせて満足度を高めることができたりするからです。

コミュニケーションの能力は、社員として活躍したいと考えている人や、将来独立や開業を考えている人にも必須です。年代も性格も異なるメンバーと一緒にうまく仕事を回していったり、関連企業に営業に行ったりする場面が多くあるからです。コミュニケーション能力といっても、むずかしく考える必要はありません。「学生時代は部活動など、チームで活動するのが好きだった」「友だちとパーティーをしたり、飲み会を開いたりするのが好き」という人は、きっと適性があると思います。
仕事・プライベートの区別なく、いろいろな人と話して意見を交換し合う場を大切にしてみましょう。

体力に自信がある人

リフレクソロジーの施術は、けっこうな体力仕事。フットバスなど大きな備品を運ぶことも多いですし、足ツボは力を込めて刺激することが多いものです。そういった意味では、日ごろからスポーツをしているなどで体力に自信がある人は、この仕事に向いていると言えるでしょう。
とはいえ、スポーツマン並みの体力がないと務まらない仕事というわけではありません。休みの日は外に出て動くように気をつけていたり、ダイエットのために定期的に筋力トレーニングをするように心がけている、という程度で十分です。日ごろから体力づくりを意識しているということが大切なのです。

「ちょっと自信がないかも…」という人は、今からでもこまめに動く習慣をつけるようにしましょう。通勤のときにエレベーターやエスカレーターではなく階段を使う、家事の合間にストレッチや簡単な筋力トレーニングを行うなどでOKです。

美容や健康への関心が高い人

リフレクソロジーはマッサージのように「ただ気持ちがいい」というものではなく、イギリスにルーツをもつ歴史ある健康法です。また、生活習慣の改善と合わせて長い目で体を健康にしていくことを目標としているので、ふだんから健康への意識が高い人は楽しんで勉強したり、お客さんへのカウンセリングを行うことができると思います。また、リフレクソロジーを受けにくるお客さんの中には、美容効果を期待している人も少なくありません。たとえば「冷えを解消してやせやすい体になりたい」「老廃物を排出して肌をキレイにしたい」といった感じです。そういったお客さんに共感するには、美容への意識が高い人がピッタリだと言えるでしょう。

美と健康はまったく関連のないものではなく、密接につながっているもの。「私はこの分野の専門」と最初から決め込まずに幅広く興味をもって情報収集しておくと、将来思わぬ道がひらけることもあるかもしれません。日ごろからアンテナを高く張って、いざというときに使える情報をストックしておきましょう。

通学講座を探す通信講座を探す

リフレクソロジー関連情報

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.