お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

薬膳資格取得の最短ルートは?

> > 薬膳資格取得の最短ルートは?

2016.05.25
更新

薬膳資格取得の最短ルートは?

食材がもつ本来の力を利用した健康法である「薬膳」。健康志向の高まりとともに、薬膳資格をもつ専門家はますます多くの現場で必要とされる存在になってきています。薬膳資格を取得するための最短ルートを、受験勉強のコツにも触れながらご紹介します。

通学講座を探す通信講座を探す

薬膳資格取得の最短ルートは?

通信講座なら4〜6か月で取得可能

薬膳資格は複数あり、その資格を運営している団体によって「薬膳コーディネーター」「薬膳マイスター」「薬膳アドバイザー」などと名称が異なります。 薬膳の目的は、季節や体質に合った食材をとることで、体を本来の健康な状態に戻すこと。薬や先進医療を使わない自然治療を中心とする中医学の考えにもとづいています。

資格試験で問われるのも、中医学の考えや食材がもつ性質などの知識が中心。そのため、テキストとDVDを中心とした通信講座でも十分に対応できるのです。 テキストには専門用語の解説やイラストでの図解がついていたりと、初心者でも難なく勉強を進められるように工夫がなされています。またメールや電話での質問を無制限で受け付けている講座も多く、学習の途中でわからないことが出てきたときにも安心です。

受講期間は講座によって異なりますが、最短で4か月での資格取得も可能。普通に勉強を進められていれば、長くても半年で受講を終えられるはずです。仕事や家事で忙しい人でも、無理なく取得を目指せる資格なのです。

テキストの復習で効率的な学習を

薬膳講座では、最終の資格試験の前に3回ほどの課題提出が求められることがほとんどです。これらはテキストの内容が身についているかどうかを確かめるためのもの。クリアするためには習得した内容をしっかりと消化し、知識を自分のものにしておく必要があります。

薬膳資格にかぎったことではありませんが、一度テキストを読むだけではなかなか知識は身につかないもの。受講中に気になった点やわからなかった点にはチェックを入れておいたりして、あとから必ず復習するようにしましょう。 このときチェックが入った箇所は、いわば自分の弱点。受講直後はもちろんのこと、資格試験直前にも見直しておくと安心です。

学習の中で見落としがちなのが、調理などの実技面。資格試験には実技がない講座も多いですが、実際に調理してみることで知識が生きたものとして定着するようになります。少し面倒でも、付属の薬膳レシピ集を見ながら調理にも挑戦してみてください。

資格試験前には添削課題を見直そう

多くの通信講座では、送付した課題は添削されて返ってきます。課題を提出したことで安心して添削内容をよくチェックしていない人は、要注意。実はこの添削の内容こそ、資格試験合格の鍵になるといっても過言ではないからです。

添削内容は「ここに気をつければより合格に近づきますよ」という、講座からのヒントです。返送されてきてすぐによく確認するのはもちろんのこと、資格試験直前にもまとめてチェックできるようにしておくとよいでしょう。

通学講座を探す通信講座を探す

漢方・薬膳関連情報

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.