お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

食育資格取得の最短ルートは?

> > 食育資格取得の最短ルートは?

2016.02.08
更新

食育資格取得の最短ルートは?

食育資格とひと口に言っても、その内容は資格によってさまざま。当然受講期間にも差が出てきます。ここではできるだけ短期間で食育資格を取得するためのルートをご紹介します。

通学講座を探す通信講座を探す

食育資格取得の最短ルートは?

いろいろある食育資格

食育の資格には現在のところ公的なものはありません。民間の団体がそれぞれ独自にカリキュラムや試験を設定しているので、その内容は多種多様です。現在ある代表的な資格には、以下のようなものがあります。まずはそれぞれの資格の特色をしっかりととらえ、どれが自分に合っているか考えてみましょう。

●フードコーディネーター
飲食店や食品産業などを、経営的な視点からプロデュースできる能力があることを証明する資格です。
(受講期間の目安:1〜3ヶ月)
※取得する資格(1,2,3級)によっても異なります。

●フードアナリスト
飲食店を客観的な視点で評価・分析できる能力があることを証明する資格です。
(受講期間の目安:4ヶ月)
※取得する資格(1,2,3,4級)によっても異なります。

●薬膳コーディネーター
美容によいとされている「薬膳」に関する知識をもち、日常生活やビジネスで活用できる能力があることを証明する資格です。
(受講期間の目安:3〜4ヶ月)

●食育アドバイザー
食育についての基礎的・総合的な知識があることを証明する資格です。
(受講期間の目安:約3ヶ月)

●介護食アドバイザー
高齢者の心と体についての総合的な知識があり、福祉や介護の現場での仕事に生かせる能力があることを証明する資格です。
(受講期間の目安:4〜6ヶ月)

通信講座と通学講座、どちらがいい?

食育資格には、大きく分けて通信講座と通学講座のふたつがあります。どちらを選ぶのがいいかは、各人のライフスタイルによるところが大きいと思います。 仕事や家事との両立を考えている人は、決まった時間を勉強のために空けるのがむずかしい場合もありますよね。この点通信講座だといつ勉強するか自分で決められるので、日々の空き時間を利用して無理なく資格を取得することが可能です。また、学校まで出向く必要がないので通学時間も短縮できます。
取得までの具体的な期間は資格によってまちまちですが、短いものだと3か月ほどで取得できることもあります。 その点通学講座では授業時間があらかじめ決まっていることが多く、時間的な自由度では通信講座のほうに軍配が上がります。ただし、まとまった時間を確保できるようなら、最短1ヶ月で取得できる資格も。プロの講師から直接指導を受けられる、資格取得後の就職などのサポートが手厚いなど、通信講座にはないメリットもたくさんあります。

通信講座と通学講座、どちらにも一長一短がありますので、上記のチェックポイントを参考にじっくりと比較検討してみてください。

目的に合わせて目指す資格を選ぼう

どの資格を選ぶのがよいかは、個々人の資格取得目的によるところも大きいでしょう。たとえば将来飲食店を立ち上げたいという夢をもっている人なら「フードコーディネーター」や「フードアナリスト」など、美容によい食生活が知りたいという人には「薬膳コーディネーター」がぴったりのはずです。無理なく勉強を進めるには受講のスタイルも大事な要素ですが、やはり第一に重要視すべきなのは、そもそもなぜ食育の資格を取得したいと思ったのかという「動機」です。
「食について学びたい」という大枠の目的は同じでも、ひと口に「食」というだけでは非常に範囲が広く、資格を選ぶのがむずかしいもの。自分が何を学んで資格をどう生かしたいのか、突き詰めて考えることが必要になってくるのです。

通学講座を探す通信講座を探す

食育関連情報

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.