お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

登録者販売の給料・年収分析

> > 登録者販売の給料・年収分析

2016.08.30
更新

登録者販売の給料・年収分析

登録販売者の給料に関して、給料・年収に関して分析してみました。登録販売者の平均年収は、日本人の正社員の給与で見ると、やや低い水準です。正社員だけではなく、パート勤務としての登録販売者に関して紹介します。また登録販売者の勤務時間についても解説していきます。

通学講座を探す通信講座を探す

登録者販売の給料・年収分析

登録販売者の平均年収

登録販売者の給与に関して、平均年収は330万円〜350万円です。1つの目安として、ドラッグストアに正社員として就職した場合、初年度の年収は300万円前後です。そして店長クラスになると、400万円を超えてきます。国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」によると、給与所得者の平均年収は415万円だったので、登録販売者の年収は、一般的な水準よりも、やや低めであることがわかります。しかしながら、職場によっては資格手当や役職手当などが充実しているケースもあるので、平均以上の年収を得る可能性があります。

ちなみに、登録販売者としての資格手当は、平均的に月額1万円です。また地域によっては、薬剤師や登録販売者が少ないエリアもあるので、登録販売者の求人ニーズは高くなり、給与水準も必然的に上昇する傾向にあります。

パートで登録販売者として働く

登録販売者としてパート勤務する場合、平均時給は900〜1,000円です。株式会社リクルートジョブズの調査研究機関である「ジョブズリサーチセンター」によると、平成28年3月度の時点で、三大都市圏(首都圏・東海・関西)の平均時給は977円でした。時給が最も高い首都圏でも1,019円なので、登録販売者のパート勤務は、一般的な水準から見ても、それほど悪い待遇ではありません。求人によっては、1,000円以上の時給で募集をしているケースも見受けられます。

決して好待遇とまでは言えないものの、数百円単位での時給アップが見込める仕事です。勤務を続ければ、着実に収入を上げていくことが出来ます。またフルタイムでパート勤務をすれば、正社員と同じ水準の収入を得ることが可能です。一方で、シフトの希望を出して、自分のペースでも働けるので、他の仕事との掛け持ちや、家事との両立にもおススメです。

登録販売者の勤務時間

登録販売者の勤務時間は、勤務先によって大きな差があります。登録販売者の就職先は、ドラッグストアをはじめ、コンビニエンスストア、ホームセンター、スーパー、調剤薬局など、一般用(第2類・第3類)医薬品を扱っている小売店がメインです。24時間、開店をしているコンビニエンスストアやドラッグストアでは、営業時間に合わせた勤務時間になります。主には3交代で、日勤・夜勤を担当します。またホームセンターやスーパーでは、日中の勤務が中心です。勤務先によっては、交代制を採用している場合もあります。とりわけ大手チェーンのドラッグストアやスーパーは、勤務体制がしっかりと整備されており、一定の時間内で勤務が可能です。しかし、人材が不足している店舗、個人経営に近い店舗では、イレギュラーな勤務にも対応しなければなりません。

[ 人気開講エリア ]

新宿区

通学講座を探す通信講座を探す

登録販売者関連情報

給付金対応講座

通学講座エリア一覧

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.