お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

歯科技工士なるには?

> > 歯科技工士なるには?

2016.06.24
更新

歯科技工士なるには?

歯科技工士は、歯科医療において重要な国家資格です。歯科技工士になるためには、経験が不要ですが、条件があります。今回は、その条件をはじめ、知っておきたい就職に関わる情報や、歯科技工士に求められることについて紹介していきます。

通学講座を探す

歯科技工士なるには?

歯科技工士になるには、経験や資格、条件は必要?

歯科技工士になるためには、特に経験は要りません。しかし、基本的な事を言えば、歯科技工士の国家試験を合格・取得しておく必要があります。そして、国家試験を受けるためには条件があります。

それは、文部科学大臣指定あるいは厚生労働大臣指定の歯科技工士養成機関で、2年以上の修業をして、所定の課程を全て修了することです。養成施設には、大学・短期大学・専門学校があります。修業年限は、2年制、3年制が中心です。大学のみ4年間の通学が必要となります。また学校には、全日制と夜間制があり、夜間制に通学する場合、修業年限は3年間です。

養成機関に通学するという必須条件は、高等学校を卒業して、そのまま養成施設に進学する新卒者も、既に仕事をしていながら資格取得を目指す既卒者も同じです。

歯科技工士の就職先

歯科技工士の新卒者として就職をする場合、多くは歯科技工所が就職先となります。歯科技工所は、日本全国で、約1万5000ヶ所ほど存在します。歯科技工所での仕事は、義歯や詰め物の注文を、歯科医院や病院から受けて、製作・納品することが中心です。また歯科医院に就職する歯科技工士も少なくありません。実際に、患者と直接コミュニケーションを取りながら仕事が出来ます。歯科医院を、最初の就職先として選ぶのであれば、大手かグループ経営している医院をおススメします。他にも、病院や、歯科器材メーカー、材料メーカーなどの一般企業に、就職をする歯科技工士もいます。しかし、これらの職場は、総体的に求人数が少ないのが現状ですし、経験やスキルなど即戦力が求められることが多いため、キャリアアップするための転職先として人気です。

歯科技工士に求められること

歯科技工士には、科学的な根拠に基づいた知識と技術が求められます。知識とは、歯科医学、素材、道具に関する専門的で、かつ正確な理解が必要です。また技術については、芸術的な造形を求められることはなく、加工物である義歯を、彫刻刀で精密に造り上げなければなりません。したがって、正確に作業が出来る手先の器用がいります。この技術力は、学校でトレーニングを繰り返して身に付けていきます。そして、細かな作業が長時間に渡って続くため、忍耐力や根気の強さが求められます。

また最近では、日本の歯科技工士の技術力が、世界的に高く評価されています。同時に、グローバルに活躍する、日本人の歯科技工士が増えています。グローバル化に合わせて、語学力や行動力、コミュニケーション力が、今後は重要になると考えられます。

通学講座を探す

通学講座エリア一覧

関東
埼玉県

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.