お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

ペットシッターに向いている人とは

> > ペットシッターに向いている人とは

2016.07.27
更新

ペットシッターに向いている人とは

ペットシッターは、動物が好きな人に向いている仕事です。一つの命を預かる責任感、また飼い主の気持ちになれるコミュニケーション能力も必要です。信頼のおける人柄であることも必須条件でしょう。ペットシッターに向いている人についてご紹介します。

通学講座を探す通信講座を探す

ペットシッターに向いている人とは

動物が好きな人

ペットシッターは、様々な個性を持ったペットのお世話をします。なついてくれないペットや、まだトイレトレーニングが終わっていないペットの世話をすることも多々あるでしょう。そんな時でも、動物が好きだという心があれば職務を全うできます。そして、動物の扱いに慣れていると、飼い主からも信頼されるペットシッターになれるでしょう。

また、動物に対して知識があれば、お世話はぐっとしやすくなります。ですので、動物に関して詳しい人もペットシッターに向いています。そのためには、資格試験の勉強をしっかりと行うことも重要です。「ペットシッター士」や「認定ペットシッター」などいくつか民間の資格があるので、ペットシッターになりたい人はとっておくのがおすすめです。

責任感が強い人

ペットシッターの仕事は、動物が好きだということの他に生き物を預かる責任感がある人にも向いています。ペットが誤飲しないか、また散歩中に交通事故に巻き込まれないか、など業務中に注意すべきことはたくさんあります。また、ペットの様子がおかしいなど病気の兆候があれば速やかに飼い主に指示をあおぐなどの機転も必要です。生き物を相手にするという仕事は、やりがいも大きいですが責任も重大なのです。

えさの分量や散歩の道順など、飼い主と打ち合わせをしたことを忠実に実行できるという能力も必要でしょう。また、ペットシッターの資格を運営している団体の中には、資格取得後会員になることでいざという時の保険に入れるところもあります。資格取得の際にはそのあたりも検討しておくとよいでしょう。

飼い主とのコミュニケーション能力

ペットシッターはペットを相手にしますが、依頼する飼い主の気持ちをくみ取れるコミュニケーション能力があると仕事を続けていくのに役立つでしょう。飼い主の立場にたった丁寧な提案をする能力がある人にもペットシッターの仕事は向いています。飼い主とのコミュニケーション能力は、日頃のペットの様子を聞くなど細かい打ち合わせの際にも発揮される能力です。

また、飼い主の気持ちになるためには、ペットを飼ったことがある方が有利でしょう。一つの命を預かる責任を学んだことがある人の方がペットシッターに向いています。

信頼される人柄

ペットシッターは、ペットの他に飼い主の家の鍵も預かる仕事です。飼い主がしてほしくないことをしないなど、飼い主に信頼される人柄を持つ人に向いています。

ペットシッターに預けようと決めるまでに、飼い主は様々なことを心配し、迷ったに違いありません。留守中に何か物を盗られるのではないか、プライバシーがもれるのではないか、など不安要素はたくさんあったでしょう。その感情を押してペットシッターにお世話を依頼するのですから、ペットシッターは信頼に足る人物でなくてはなりません。動物が好きだからといってすぐにできる仕事ではないのです。ペットシッターは、飼い主からの信頼を得られるよう努力する人に向いています。

[ 人気開講エリア ]

新宿区

通学講座を探す通信講座を探す

ペットシッター関連情報

通学講座エリア一覧

関東
東京都区内
東海
愛知県
近畿
大阪府
中国
広島県
九州
福岡県

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.