お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

作業療法士になるには?

> > 作業療法士になるには?

2016.06.07
更新

作業療法士になるには?

作業療法士は、リハビリテーション分野で人気の国家資格です。国家資格を取得するためには、どんな条件が必要なのかを解説します。そして、作業療法士以外にもステップアップのために取りたい関連資格や、知っておきたい就職情報についても説明していきます。

通学講座を探す

作業療法士になるには?

作業療法士になるには、経験や資格、条件は必要?

作業療法士として仕事をするためには、作業療法士の国家試験に合格をして、資格を取得していければなりません。そして国家試験は、誰でも受験出来るものではありません。

作業療法士の養成課程を置く学校で、3年以上修学して、所定の課程を修了することが、受験者に求められる絶対条件です。学校には、主に専門学校と短期大学、そして大学があります。どの学校に進学する場合でも、高等学校を卒業しているか、高等学校の卒業資格を取得している必要があります。
また学校を卒業するためには、一定の単位を取得していることが求められます。国家試験は、これらの条件を満たすことが出来れば、新卒者・既卒者を問わず誰でも受験することが可能です。新卒者には、リハビリテーション分野の実務経験は不要ですが、既卒者で理学療法士や介護福祉士として経験を積んで、理学療法士を目指す方もいます。

作業療法士関連の資格・検定

作業療法士の関連資格は、数多くあります。スキルアップやキャリアアップなど、様々な目的で作業療法士以外にも関連資格を取得する方が増えています。

例えば、作業療法士でも、より専門的で上位資格となる「認定作業療法士」や「専門作業療法士」があります。作業療法士として、プロフェッショナルを目指す方は、おススメしたい資格です。また、リハビリテーション分野の国家資格である理学療法士や言語聴覚士を取得する方もいます。同じ分野でも、対象者へのアプローチ方法が異なる資格ですし、リハビリテーションの専門家としての応用力もアップします。

現在は、在宅医療のニーズが高まりつつあるので、介護福祉士や介護支援専門員(ケアマネージャー)、福祉用具専門相談員などは、大変役に立つ関連資格だと考えられます。またリラクゼーション系のクリニックやサロンで勤務している方は、アロマ効果によって精神的な安定をもらたすことが出来るアロマセラピストを取得する方もいます。

作業療法士の就職・採用事情は?

作業療法士は、就職や転職活動で活かせる資格です。
主な就職先は、高度急性期・急性期の総合病院や回復期リハビリテーション病棟に特化した病院、そして精神病院です。他にも、クリニックや老人保健施設や障害者福祉施設、児童養護施設などがあります。
また最近では、在宅サービスのニーズが高くなっているので、訪問リハビリテーションを展開する法人も増えており、作業療法士の人材が求められています。ただし、人気の高い病院では、求人枠はすぐに埋まりますし、充足しているケースも多いので、理想的な就職先が必ずしも見つかる訳ではありません。在学中でも早い段階から、学業に励みながらも、気になる求人を調べてみたり、先輩や先生から情報収集したりするなどして、就職活動の準備はしておきましょう。

通学講座を探す

通学講座エリア一覧

東北
福島県
東海
愛知県
近畿
奈良県

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.