お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

構造計算の資格取得を目指せる学校・スクール選びならBrushUP学び!

2016.11.26
更新

建築物の安全を確保するために欠かせない仕事

構造計算

通学講座を探す 通信講座を探す

構造計算とは?

構造計算とは、建築物を建てる際に、その建物の安全性を計算するもの。風や地震、重力に対する安全性や耐久性などについて、算出します。昔は、手計算が主流だった構造計算も、現在は専用ソフトや表計算ソフトを用いて行われています。

構造計算資格ガイド

どんな仕事?

構造計算とは、建築物を建てる際に、その建物の安全性を計算するもの。風や地震、重力に対する安全性や耐久性などについて、算出します。昔は、手計算が主流だった構造計算も、現在は専用ソフトや表計算ソフトを用いて行われています。その業務の担い手は、主に構造設計者です。構造計算が必要とされるのは、建築基準法に定められた一定以上の規模の建築物を建てる場合。申請に際して、構造計算書の提出が義務づけられています。

活躍の場

阪神大震災以後、地震に対する建物の安全性や強度に対する関心は高まる一方。また近年、発覚している耐震強度偽装問題により、「構造計算」という言葉に対する注目も高まり、その仕事を担う構造設計者のニーズも高まっています。業種としては、設計事務所、ゼネコン、ハウスメーカー、不動産会社、デベロッパー、工務店など。また百貨店やフード業界でも建築施工を自社で行う企業もあり、異業種への雇用も少なからずあるようです。

必要な知識とスキル

構造計算の基礎となるのは、構造力学。建築士となる上では、必須の学問です。しかし、実際のところ構造計算は、実務を通して学ぶことも多く、構造設計事務所などに所属し、経験を積むことがなによりです。構造計算に関連する資格として「建築構造士」があります。また平成20年11月に「構造設計一級建築士」という資格が誕生しました。これは、相次ぐ耐震強度偽装事件を受け、新たに設けられた構造計算に関する専門資格です。

通学講座を探す通信講座を探す

給付金対応講座

通学講座エリア一覧

九州
福岡県

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!

構造計算の試験合格、資格取得、転職を目指すなら、資格の「BrushUP学び」

「BrushUP学び」は、自分を磨いて"オリジナルな幸せ探し"を応援するスクール情報サイトです。
構造計算の資格情報をはじめ、全国67,000件以上の情報から無料で資料請求できます。


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.