お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

図書館司書の仕事内容

> > 図書館司書の仕事内容

2016.05.25
更新

図書館司書の仕事内容

図書館司書の仕事の中で分かりやすいものは「本の貸し出し・返却の受付」ですが、新しく入れる本を選んだり本の管理をしたりといった仕事もあります。各種イベントの運営なども行うなど、その業務内容は多岐に渡ります。図書館司書の仕事内容をご紹介します。

通信講座を探す

図書館司書の仕事内容

受付業務

図書館で本の貸し出し・返却の受付をしている人を見かけたことがある人は多いでしょう。その人が図書館司書である可能性は高いです。
図書館司書は、図書館のカウンターで貸し出し・返却・予約などの受付を行います。それだけではなく、図書館の利用者からの資料や本に関する質問を受けた場合に、それにこたえることも図書館司書の仕事です。したがって、図書館司書は求めている資料をどうやって探すかということにも長けている必要があります。
利用者からの質問は、「花の名前が知りたい」「パンの作り方が知りたい」というような具体的な質問をはじめ「最近人気の本は」といったざっくりとした質問もあります。また、利用者からの本についてのリクエストを受け付けることも行います。

受付業務以外の仕事

返却された本を元の書棚に戻すのも図書館司書の仕事です。この作業をスピーディーに行うにはコツと慣れが必要です。棚の本が乱れていればそれを正しい位置にしまうのも司書の仕事です。
また、新しく入ってきた本を分類し、目録に登録する作業もあります。目録はコンピュータ化されていることが多いので、ITに関する初歩的な能力も必要です。
新しい本は、傷まないようにカバーをかけることが多いですが、その作業も司書が行います。傷んだ本の修理なども行います。
重要な仕事の一つとして図書館に新しく入れる本を選び発注する仕事がありますが、この仕事は経験が必要な難しい仕事です。予算が限られるなか、いかに利用者に満足してもらうかという視点が欠かせません。

こんな仕事も

図書館司書の仕事は、受付や本の選書・管理に留まりません。利用者様に本に親しんでもらうために、イベントを行うことも行います。
小さな子供向けの「おはなし会」なる催しはその一つです。子供に本を好きになってもらうために、絵本を読み聞かせたり無料で絵本を配ったりするイベントです。子供好きの人には楽しくやりがいのある仕事になるでしょう。
幼児のみならず、大人のためには映画上映会・各種講演会・古本市なども催します。また、「クリスマスの本特集」「夏休みの宿題特集」といった特設コーナーを設置する仕事も行います。
その他、移動図書館がある図書館などはその運営をしたり、「図書館だより」などを作って広報活動をするのも図書館司書の仕事です。

資格を持つメリット

図書館司書の資格を持っていなくても図書館で働けますが、図書館で働きたいという人は多いので、図書館司書の資格を持っていると採用試験で有利です。
また、給料や担う仕事の質も有資格者と無資格者では違います。図書館司書の資格をとる場合、図書館に関する様々なことを勉強することになるので、知識の面で安心できます。例えば「図書館サービス概論」では、図書館が提供するサービスについてから著作権についてまで幅広く学びます。その他、「生涯学習概論」や「情報サービス論」なども勉強します。

図書館司書の資格をとるには「司書講習」を受けたり大学に編入したりする方法などがあります。とること自体は難しくないので、図書館で働きたいならばぜひ持っておくとよいでしょう。

通信講座を探す

給付金対応講座

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.