お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

働きながら司書を目指せる?

> > 働きながら司書を目指せる?

2016.05.25
更新

働きながら司書を目指せる?

司書講習を受ける場合は2ヶ月のまとまった時間が必要ですが、通信制の大学に入学・編入する場合は働きながら受講が可能です。科目等履修生として資格を取得する方法もあります。働きながら受講する時のポイントやおすすめの勉強方法などもご紹介します。

通信講座を探す

働きながら司書を目指せる?

働きながら取得できる?

図書館司書の資格をとるにはいくつか方法がありますが、「司書講習」を受ける方法、また大学に入学・編入する方法、科目等履修生となって資格をとる方法について解説します。
「司書講習」は、毎年7月から9月にかけて、平成28年現在9つの大学で約2ヶ月に渡り行われているものです。朝から夕方まで講義がありますので、まとまった時間がとれて通学できる範囲に住んでいる人にとってはありがたい講座でしょう。住んでいるところの近くで司書講習が行われていない場合、また働きながら講座を受けたい場合におすすめなのは、通信制の大学に入学したり編入したりする方法です。この方法であれば、自分の生活リズムに合わせて自宅学習ができます。ある一定の期間自宅ではなく教室で学ぶ「スクーリング」に通えるのかということは考える必要がありますが、社会人の場合は一考の価値がある方法です。
「科目等履修生」となって最短1年で図書館司書の資格をとるという方法もあります。この場合でも、働きながら勉強が可能です。スクーリングについては、土日や夜間に行われる講座もあります。スクーリングに通える範囲の学校を探すことが大事ですが、場合によってはその期間だけ宿泊施設などを利用するという方法もあります。
図書館司書の講座は、全体的に働きながら資格をとる人に配慮した講座だと言えます。

おすすめの勉強方法は?

図書館司書の講座は、興味がある人にとってはとても受けやすい講座です。勉強方法としては、きっちりと講座を受ける、または教科書を熟読することで知識を頭に入れて、レポートや課題をきちんと提出することがあげられます。

司法試験や司法書士試験、行政書士試験などの難関国家資格に比べて、単位をとりさえすれば資格が取得できる図書館司書は、勉強に不安を持っている人にとって受講しやすい部類に入るでしょう。しかし、単位を落とすことがないわけではありません。やはり一つ一つの科目を大事に受講するという姿勢は大事です。
また、図書館に対する関心があれば講座の受講は楽しいものになります。図書館司書の講座は、実際に図書館で働くにあたって必要な知識も学べます。例えば、膨大なデータの中から情報をどうやって探すかといったことも講座では学びます。いかに利用者に満足してもらうかという視点も講座に盛り込まれています。
図書館司書になりたい人は講座を受けるのがおすすめです。講座を受けるにあたって、1日あたりどれくらい勉強をすればいいのか計画を立てるのも良いでしょう。1日の勉強時間が分かれば、その時間をどこでとるのかを考えることができます。人によっては、早朝の時間かもしれませんし、夜の時間かもしれません。また昼休みの時間も勉強にあてられることがあるかもしれません。30分のすきま時間でも勉強にあてられます。30分を2回取得できれば、1時間の勉強時間を確保したことになります。

通信講座を探す

給付金対応講座

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.