お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

司法試験の資格取得を目指せる学校・スクール選びならBrushUP学び!

2016.11.26
更新

日本の司法を支える法律のスペシャリスト

司法試験

司法試験とは?

司法試験は、判事(裁判官)、検事(検察官)、弁護士の法曹三者になるための資格試験です。2006年から2011年にかけて旧試験から新試験への移行が行われ、試験形式や科目が変わり、新たに受験制限も設けられました。

司法試験資格ガイド

どんな資格・スキル

司法試験は、判事(裁判官)、検事(検察官)、弁護士の法曹三者になるための資格試験です。2006年から2011年にかけて旧試験から新試験への移行が行われ、試験形式や科目が変わり、新たに受験制限も設けられました。法科大学院修了後、5年以内に3回までの受験が認められますが、不合格となった場合は受験資格を失います。その後の受験については「予備試験」に合格しなければ資格は得られません。

資格の活かし方

司法試験に合格し、司法修習を修了することで、法曹三者になるための資格を得ることができます。弁護士については、弁護士事務所などで勤務弁護士として経験を積み、その後独立というのが一般的です。裁判官や検察官は、人格や司法研修所での成績によって、任命された人のみがその職に就くことができます。また法曹三者への道だけではなく、無試験で税理士・弁理士・社会保険労務士・行政書士として登録することもできます。

気になる将来は?

試験内容の改訂により、合格率は高くなると言われ、法曹三者については就職難になるとの懸念もあるようです。しかし、その資格を取得したことで、職業選択の幅も広がります。新たな社会問題やトラブル、事件が起こりうる現代、それらを解決する術を有した法の専門家はさまざまなところで求められています。マスメディアやジャーナリズム、政治、企業などその知識を活かす場、求めるニーズは後を絶ちません。

司法試験 参考データ

  • 難易度★★★★★
  • 人気度★★★★★
  • 将来性★★★
  • 費用の安さ
資格・試験名 司法試験
主催団体 法務省
受験資格 受験時において法科大学院の課程を修了し、かつ、5年間の期間において 受験回数制限(3回)の範囲内である者、又は、司法試験予備試験に合格した者。
合格率 23.5%
平成23年度
検定料 28,000円
問い合わせ先 法務省

関連資格・試験データ

司法試験(国家資格) 司法試験は、判事(裁判官)、検事(検察官)、弁護士の法曹三者になるための資格試験です。2006年から2011年にかけて旧試験から新試験への移行が行われ、試験形式や科目が変わり、新たに受験制限も設けられました。法科大学院(ロースクール)の課程を修了している事が受験資格となったことも旧制度との大きな違いです。法科大学院修了後、5年以内に3回までの受験が認められますが、不合格となった場合は受験資格を失います。その後の受験については「予備試験」に合格しなければ資格は得られません。

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!

司法試験の試験合格、資格取得、転職を目指すなら、資格の「BrushUP学び」

「BrushUP学び」は、自分を磨いて"オリジナルな幸せ探し"を応援するスクール情報サイトです。
司法試験の資格情報をはじめ、全国67,000件以上の情報から無料で資料請求できます。


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.