お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

WEBデザイナーの給料・年収分析

> > WEBデザイナーの給料・年収分析

2016.09.16
更新

WEBデザイナーの給料・年収分析

WEBデザイナーの給料・年収に関して、分析してみました。WEBデザイナーの所得は、日本人の正社員の給与で見ると、低い水準であることがわかりました。また平均的な給与だけではなく、昇給について、さらに独立・開業をする場合についても解説していきます。

通学講座を探す通信講座を探す

WEBデザイナーの給料・年収分析

WEBデザイナーの平均年収

WEBデザイナーの平均月収は、25万円前後です。年収で言うと、330万円台から350万円までが目安となります。正社員になるとボーナスが支給され、資格や通勤、住宅など各種手当や福利厚生が充実している職場も多いでしょう。ボーナスの事例で言うと、月収の約4か月分が年に2回に分けて、支給されます。

国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」によると、給与所得者の平均年収は415万円だったので、WEBデザイナーの年収は平均的な水準よりも、低めであることがわかります。ただし、勤務先の地域や規模によって、給与水準は異なります。実際には、中小企業で勤務をするWEBデザイナーが数多いのですが、大手企業に比べると年収は下がります。

昇給について

WEBデザイナーの仕事は、年齢とともに昇給していきます。30代前半までは300万円台ですが、30代後半以降は400万円台以上の収入が見込めます。

中には、WEBディレクターやWEBプロデューサーとキャリアアップをしたり、昇格・昇進をしたりすることで600万円以上の年収を得る方もいます。そのためにも、まずはWEBデザイナーとしてのキャリアをコツコツと積んでいくことが大切です。勤続年数を重ねるだけではなく、専門分野の賞や関連資格を取得していることも、年収をアップさせていく上で重要です。

中には、中小企業から、より好待遇の大企業へ転職するWEBデザイナーもいます。さらに、最近では海外では、活躍をする方も増えてきています。欧米諸国では、日本よりも給与水準が高い企業があるためです。

フリーランス・独立について

WEBデザイナーには、フリーランスで活躍する方も少なくありません。会社員の場合、年収1,000万円を超えることは難しいとされています。しかしながら、独立開業をすれば、高収入を得られる可能性があります。実際に、経営者として成功しているWEBデザイナーも存在します。

また自分のやりたい仕事や契約が自由に出来るのも魅力的です。ただし一時は上手くいったとしても、成功し続ける方は、ほんの一握りです。したがって独立開業をして活躍するためには、WEBデザイナーとしての経験やスキルだけではなく、経営者として売上を出して、維持し続けるスキルが求められます。とりわけインターネットを中心にしたマーケティング、SEO、アクセス解析、さらにはグローバル化に対応出来るセンスが求められます。新規顧客・リピーター獲得のためのサービス提供、利益創出が上手くいけば、目標の実現が可能になります。

通学講座を探す通信講座を探す

WEBデザイナー関連情報

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.