早稲田法科専門学院/通信講座 和田 小弥太【19年度合格】さんの講座卒業生の声

かにくらぶ

> > > 講座卒業生 和田 小弥太【19年度合格】さんインタビュー

資格 取得 トップ > 土地家屋調査士 通信講座 > 講座卒業生 和田 小弥太【19年度合格】さんインタビュー

私はこんな風に学びました 講座卒業生の声

早稲田法科専門学院/通信講座 × 土地家屋調査士
土地家屋調査士総合Aコース 他

早稲田法科専門学院/通信講座 和田 小弥太【19年度合格】さん

早稲田法科専門学院/通信講座
和田 小弥太【19年度合格】さん

学んだ講座

土地家屋調査士総合Aコース 他

自分のやってきたことを最後まで信じぬく

学校・講座を選んだポイントは?

以前、土地家屋調査士事務所で補助者として仕事をしていた頃はいつかは資格を取れるだろうという気持ちで受験に望んでいました。もちろん、試験の結果は散々たるもの。34歳になろうとしている時、このままでは駄目だと感じ、何か自信をつけたいとゆう気持ちから「土地家屋調査士」を取ろうと決意しました。そして、平成18年6月に受験100講を手にとり早稲田法科専門学院へ問い合わせをしました。

学んだ事はどう役立っていますか?

毎週といっていいほど教材や答案練習問題が届いていた事もあり、試験当日まで緊張が途切れることなく続けることができました。理論は受験100講と講義の読み聴きを繰り返し、書式は基礎、実力、応用書式の講座を繰り返していました。それ以外の教材は一切使っていません。分からない所があれば質問券を活用しました。あとは今年こそ合格という気持ちと最後まで早稲田法科や自分を信じて頑張れば合格を手にするものと思います。

学んでいたときのエピソードを聞かせてください

仕事との両立だったため、時間をどの様に使うかが重要なポイントでした。朝は通勤電車と喫茶店の中で30分ずつ、理論を通読してから出勤。お昼はファミレスで40分ほど書式を書いて、お客が少ない時には4人席の所で机一杯使って図面を作成。また仕事上、車での移動が多かったので、ダビングした講義(通信教材)を1時間ほど聴いてました。帰宅後は書式の土地と建物を1問ずつやり、平日は平均4時間程勉強しました。

おすすめ講座はこちら

給付金制度対象 提携教育ローンあり  初心者対応  資格・検定対策 添削あり 

費用
【入学金】0円
【受講料】90,515円(総額制・税込)
【その他】※この講座は給付金対象講座です。受講修了後条件を満たしていれば、国から援助金がでます。 ※一括支払いの他、分割支払いも...
標準期間
約8ヶ月
目指せる資格
土地家屋調査士

調査士受験に必要な概要を初歩から応用まで理論と書式を無理なく修得!初学者の方が着実に知識向上できるよう、広く浅く学習できるテキストに加え、講師が「ここが イント!」という点をDVDにて解説。自宅に居...

続きを読む >>

資料請求リストに追加

関連講座をもっと見る

早稲田法科専門学院/通信講座

【本校所在地】
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-19-7タックイレブン610
【ホームページ】
このスクールのホームページへ
開校講座一覧



BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.