お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 9時〜21時

新生活に彩りを♪〜毎日の料理に学んで使える食育のススメ〜

 >  > 新生活に彩りを♪〜毎日の料理に学んで使える食育のススメ〜

シカク情報部

気になる資格や学びのアレコレ

新生活に彩りを♪〜毎日の料理に学んで使える食育のススメ〜

  • 新生活に彩りを♪〜毎日の料理に学んで使える食育のススメ〜をはてなブックマークに追加

2018年05月01日最終更新

新生活スタート!食事の栄養バランス、とれていますか?

新年度がスタートし、環境が変わって新しい生活が始まった人もいるのではないでしょうか。
入園、入学、就職や転勤など、忙しい毎日を元気に過ごしていくために重要な要素となる「食」。最近ではこどもの偏食や食品ロスなどの食にまつわる話題がテレビで取り上げられています。
身近で当たり前になってしまいがちな食の大切さですが、一度立ち止まって考えてみましょう。

新生活と食事の関係性

食についての意識調査では

新生活が始まるにあたり、食生活の乱れが気になったり実際に食生活が不規則になって乱れてしまったという経験がある人は、新生活を始めた方全体の約8割になるそうです。特にそういった経験や食生活改善に関心がある年代は20代〜30代の割合が高く、環境が変化し時間がなく忙しいときには朝食を抜いてしまう人も多いようです。ですが、新しいスタートを思いきり切るためには、元気な心とカラダが必要不可欠。そこで活用できるのが、「食育」の知識です。

「食育」とは

平成27年に政府が食育基本法を改正し、各都道府県や学校現場などでも積極的に食育に関する取り組みが行われ、テレビや雑誌でも「食育」という言葉を目にすることが多くなりました。そもそも「食育」とは「食べる力」を育むこと。食生活が多様化している現代では、たくさんの選択肢の中から自分たちで食べるものを選ぶことができますが、まだ自分自身で選ぶことが難しい子どもたちは、周りから与えられた食事を口にします。
子どもたちが生涯にわたって豊かな人生をおくるためには健全なこころと身体の形成が大切であり、その実現には一人ひとりの食育に関する意識・知識が大きく影響するといわれています。子どものころから家庭や学校などで「食育」を学び身につけていくこと、さらに大人には、知識や経験を伝えていくという役割があります。

通信講座で学べる食育おすすめ資格

食育アドバイザー/フードインストラクター/メニュープランナー

子どもの成長や家族の健康に役立ち、毎日の暮らしに活かせる「食育」の基礎知識を学ぶことができます。食材を選ぶ力、食べ方や調理法など食材の生育に関する知識や豊かな食生活の楽しみを身につけ、食の大切さを伝えていくための基本を習得することができます。
▶▶インストラクターについてもっと詳しく見る
▶▶がくぶん で詳しく

幼児食アドバイザー/介護食アドバイザー

幼児食アドバイザーは、幼児食づくりの基礎・実践から病気時の対応、食物アレルギー対策、食後のケアまで、離乳時や幼児食の悩みを解決するような知識を学ぶことができます。乳幼児を子育て中の方から食関連ビジネスに携わる方にもおすすめです。 介護職アドバイザーは、噛みにくい・飲み込みにくい方への調理法や普通食を介護食へと展開させる方法など、基本の知識から実践的なスキルを学ぶことができます。介護が必要なご家族がいらっしゃる方や介護関連のお仕事に就かれている方にもおすすめです。
▶▶幼児食アドバイザーについてもっと詳しく見る

スポーツ栄養学

栄養学の基礎知識を学びながらスポーツ栄養学へと発展する内容を学ぶことができます。水分補給やウエイトコントロール、食事のタイミングなどの幅広い知識が身につくので、ご自身でスポーツをされている方やお子さんの部活動を栄養面から支えたいという方、スポーツ指導の幅を広げていきたい方におすすめです。
▶▶特定非営利活動法人 アスレティックコンディショニングコーチズ協会 で詳しく

もっとくわしく!講座検索はこちら

シカク情報部についてシカク情報部では、BrushUP学びに掲載しているスクールからの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

あなたにオススメ!

関連ワード


会社概要広告掲載について利用規約プライバシーについてWEBデザイナー募集

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.