お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 9時〜21時

女性にもおすすめ!転職にも再就職にも有利な資格「宅建士」

 >  > 女性にもおすすめ!転職にも再就職にも有利な資格「宅建士」

シカク情報部

気になる資格や学びのアレコレ

女性にもおすすめ!転職にも再就職にも有利な資格「宅建士」

  • 女性にもおすすめ!転職にも再就職にも有利な資格「宅建士」をはてなブックマークに追加

2019年10月08日最終更新

男性のイメージが強い不動産業界に「不動産女子」なる言葉も登場し、女性達が活躍の場を広げています!

宅建士試験を受験する女性も年々増加し、男性を上回る合格率を常にキープ。なぜ、女性が宅建士なのか?そんな疑問を解決していきます。

不動産業界で活躍する女性が増えているわけ

実は女性に向いている「宅建士」

宅建士の活躍の場と言って、真っ先に浮かぶのが不動産業。企業規模により職種はさまざまかもしれませんが、宅建士有資格者の主な仕事としては営業職と事務職があります。
営業職では、店頭での接客、物件案内などがあります。不動産業においては、物腰がやわらかく、細かな気配りができる女性営業マンの方が、お客様から警戒されにくく信頼を受けやすいということもあると言います。また、「住まい」ということにおいては、女性ならではの感性や目線が役立ちます。生活動線や収納、水回り設備など、細かな点にも目が行き届くというのはお客様の立場から言っても安心ですね。
事務職では、賃貸契約や不動産売買の書類を作成したり、社内で電話応対したりといった業務ですので、有資格者で知識とスキルがあれば男女関係なくできる仕事です。

なぜ、転職や再就職に有利?

不動産関連の事業所では、従業員の5人に1人は宅建士を設置しなければいけない義務があり、違反すると営業ができなくなってしまいます。そういった事情から、宅建士資格を取得している人を採用したいというのは必然と言えるでしょう。

女性が占有率を伸ばしてきている宅建士試験

宅建士試験の受験者数は、男女ともにここ数年増えてきていますが、2017年度試験においては前年に比べ男性は3.8%増に対し、女性は9.4%増。合格者数の割合で言うと、全体の33%を女性が占めています。
また、興味深いのが合格率。過去20年を遡っても常に女性の方が数パーセント高いというのも、「宅建士は女性に向いている」というのを裏付けるデータかもしれません。


宅建士について詳しく見る!宅建士の講座を探す!

もっとくわしく!講座検索はこちら

シカク情報部についてシカク情報部では、BrushUP学びに掲載しているスクールからの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

あなたにオススメ!

関連ワード


会社概要広告掲載について利用規約プライバシーについてWEBデザイナー募集

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.