お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 9時〜21時

過去問対策が合格の秘訣!資格スクール大栄の宅建士講座をおすすめする理由

 >  > 過去問対策が合格の秘訣!資格スクール大栄の宅建士講座をおすすめする理由

シカク情報部

気になる資格や学びのアレコレ

過去問対策が合格の秘訣!資格スクール大栄の宅建士講座をおすすめする理由

  • 過去問対策が合格の秘訣!資格スクール大栄の宅建士講座をおすすめする理由をはてなブックマークに追加

2019年11月22日最終更新

宅建士資格は不動産売買や賃貸の仲介などに必須となる資格であり、不動産を持つことは経済活動を行う上での基盤となるため、不動産業界以外でも重宝される国家資格の一つですが、合格率は15%前後と難関試験の部類に入ります。 そこで今回は、人気の宅建士試験について合格のカギとなる過去問対策の重要性や、資格スクール大栄の宅建士講座をおすすめする理由を分かりやすく説明します。

試験対策で気を付けたいこと&大栄の宅建士講座がおすすめな理由3つ

1.過去問対策が大切な理由

宅建士試験では過去問と同様の問題が頻出する傾向があるため、受験勉強では過去問対策が欠かせません。ただ、法律改正などの新しい論点や過去に出題されていない問題も出題されるので、過去問対策だけをすれば合格できるわけでもありません。 取引に関する基本的なルールを定めた法律が変わることから、出題傾向が大きく変わる可能性もあるため、2020年度以降の試験は従来とは違った試験対策が必要になることも予想されます。法律改正後は従来の過去問対策に加え、新論点の対策が課題になるでしょう。


2.資格スクール大栄の宅建士講座がおすすめな3つの理由

@チャートとイラストを組み合わせた図解で理解度UP
資格スクール大栄のチャートとイラストを組み合わせた図解を駆使したテキストは受験生にも定評があり、効率的に学習できる教材として人気です。
宅建士試験は難しい法律用語の正確な理解が求められる試験なので、分かりにくいポイントにはフローチャートとイラストを使用し、具体的にイメージできるような工夫が施されています。

A表など視覚的に理解できる工夫が豊富
大栄のテキストは表や項目分け、箇条書きによる記載で初心者の方にも分かりやすく作られています。
複雑な長文も表などを使って整理することで視覚的に理解しやすくなり、忙しい社会人の方や時間のない方でも勉強時間を短縮して学習することが可能です。

B20年以上も宅建士試験を徹底分析した講師のポイント解説
宅建士試験を知り尽くした専任講師の監修により、過去の試験問題を徹底分析しています。
「ここがこう出る」という出題頻度の高いポイントを押さえ、法律用語や規定についてのフォローだけでなく、重要なキーワードや「ひっかけ問題」を見抜く独自のテクニックも満載です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。宅建士試験は、過去の試験傾向から過去問を重点的に学習することが合格への近道となります。もちろん過去問対策だけが全てではなく、2020年度の民法改正を控え、新しい論点を効率よく押さえる必要があります。
資格スクールの大栄では、重点的な過去問対策だけではなく、改正論点についても徹底分析し、出題が予想される問題にいち早く対応することが可能です。
勉強方法で悩んでいる方は、効率良く短時間で合格を掴める資格スクール大栄の宅建士講座をぜひ検討してみてください。
資格スクール大栄の宅建士講座はこちら!

お問い合わせ先

資格スクール大栄
講座に関するお問い合わせ資料請求はこちらからもできます!
>>>https://www.daiei-ed.co.jp/

もっとくわしく!講座検索はこちら

シカク情報部についてシカク情報部では、BrushUP学びに掲載しているスクールからの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

あなたにオススメ!

関連ワード


会社概要広告掲載について利用規約プライバシーについてWEBデザイナー募集

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.