お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 9時〜21時

CADとは?使われる理由とソフトの特徴まとめ

 >  > CADとは?使われる理由とソフトの特徴まとめ

シカク情報部

気になる資格や学びのアレコレ

CADとは?使われる理由とソフトの特徴まとめ

  • CADとは?使われる理由とソフトの特徴まとめをはてなブックマークに追加

2019年09月02日最終更新

建築や土木、インテリアなどの設計図を作成する業界では、設計図の出来栄えによってその後の作業クオリティが変わることも少なくありません。
そのような設計図の作成を行う上で役立つのが、「CAD」と呼ばれる専用の設計ツールです。今回の記事では、CADの意味や用いるメリットについて解説します。
今後CADを活用してみたいと考えている方は、この記事をぜひ参考にしてください。

CADソフトを使う主なメリット3つ

@手書きよりも簡単かつ正確に製図を行える

図面を作成する際、同じ仕様の部分については、基本的に線の太さを均一にする必要があります。
そのため手書きで作成するとなると、線の太さを均一にするのに相応のスキルが必要です。
しかしCADではコンピュータにより作図するため、CADの使い方さえ理解していれば誰でも同じ線を引くことができます。またコンピュータを用いるため、手作業で生じ得るミスなどを削減する効果も期待できます。

A簡単に修正作業を行える

手書きの図面を修正する場合、他の線を消さないように慎重に作業する必要があります。そのため、万一他の線を消してしまった場合には、大幅な手戻りが生じるリスクがあります。しかし、CADはクリック一つで修正したい部分をピンポイントで簡単に修正できるため、ミスが生じても始めからやり直す必要はありません。

Bデータの共有が楽に行える

以前は紙に印刷していた図面データをサーバー上で保存することができ、関係者が複数いる場合でも同じものをリアルタイムで共有できるため、設計作業だけでなくプロジェクト全体の効率化も図れます。

まとめ

前述のとおり、CADを使用すれば正確に設計図を作成できるだけでなく、作業効率の大幅な向上も期待できます。
CADには建築CADや機械CAD、立体的な設計図が作れる3D CADなど、それぞれの分野に特化したソフトがありますので、製図や設計に関わる仕事をしたい方は、ぜひ自分が設計したいものに合うCADの習得を検討してみてください。

なお、リンクアカデミーが運営する「パソコンスクールアビバ」では、機械・建築業界で、圧倒的なシェアを誇るCADソフト「AutoCAD」や、建築業界でAutoCADと並ぶほどの利用者がいる無料ソフト「jw_cad」の2D CADコース、さらに建築設計からプロダクトデザインまで、あらゆる設計の場面を支える3D CADソフト「Fusion 360」のコースを用意しております。

専門性が高く、様々な業界で利用されているCADソフトを学習することで、就職活動時の自己アピールになったり、スキルアップすれば実践力として評価してもらうことができます。CADオペレーターとして働くことも考えている方は、ぜひ一度パソコンスクールアビバにお問い合わせください。
>>>お問い合わせ・お申込みはこちら!

お問い合わせ先

パソコンスクール アビバ
〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 12F
https://www.aviva.co.jp

シカク情報部についてシカク情報部では、BrushUP学びに掲載しているスクールからの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

あなたにオススメ!

関連ワード


会社概要広告掲載について利用規約プライバシーについてWEBデザイナー募集

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.