資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

簿記とは?資格を取ろうか悩んでいる人のためにわかりやすく解説!

資格取得と聞いたときに、真っ先に頭に浮かぶのが「簿記」だという人は多いと思います。資格取得のためのスクール等のパンフレットやコマーシャルを見たとき、数ある資格試験の中でも特によく目にする資格であり、商業高校や大学など、学校によっては在学中に取得を促されることも多い有名な資格だからです。
その有名な簿記ですが、そもそも実際にはどんなことを学ぶのか、どんなことができるようになるのかなど、具体的な内容までは分からないという人も多いのではないでしょうか。
今回は、簿記とはどんなものかということと、簿記を学ぶにあたって重要なコンテンツとなる貸借対照表と損益計算書についてお話ししていきます。

公開:2019-02-27 (最終更新:2019-06-21)

簿記とは?

簿記_what

まず、簿記とは何かというところからです。
簿記とは、企業体などに属する財産の増減・出納を、一定の方法で記録・計算・整理して、結果を明確にする記帳法のことを言います。単式と複式に分かれており、商業簿記・工業簿記・銀行簿記など、種類も多くあります。

もう少し分かりやすく説明すると、簿記とは一般的には「帳簿記入」の略だと言われており、その内容は「企業などの経済主体が、経済取引によりもたらされる資産・負債・純資産の増減を管理し、併せて一定期間内の収益及び費用を記録すること」です。つまり、「会社自体の活動の中で、日々発生する売買や仕入れなど、お金やものにかかわる取引を帳簿に記入すること」をいい、会社の活動の日記のような役割を果たします。

最終的には、この簿記を用いて「財務諸表」を作成します。日常用語でいえば「決算書」や「決算報告書」と呼ばれるものです。この財務諸表を作成することで、一定期間の会社の成績や活動状況が正確に分かります。

大前提として、会社は利害関係者に対して、経営の状態を正しく伝える義務があります。この場合の利害関係者とは、取引先や投資家、求職者、従業員、政府などを指します。財務諸表は、これらの人たちや会社に「当該期間の会社の経営状態を正しく伝える」ことのできる資料となります。経営状況を知ることはこの会社に対して、投資をしても大丈夫か、安全に取引をできるか、働けるかなどを判断するための重要な指標になるのです。

>> 簿記の資格についてもっと知るにはこちら

簿記講座・スクール比較

貸借対照表とは?

会社の経営状態などの指標となる財務諸表は、「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」の3つの書類で構成されています。まず、この中の貸借対照表についてのご説明です。

貸借対照表とは、ある時点での企業のすべての財産の状態を一度に見ることができる表で、決算時には必ず作成すべき書類です。その時点における会社の財政状態を表すため、「会社の経営診断書」などと呼ばれることもあります。バランスシート(B/S)とも呼ばれる貸借対照表は、会社の資産(プラスの財産)と負債(マイナスの財産)のバランスをまとめたデータ表のことを言います。この場合の一定期間は1年や四半期などであることが多いです。
この貸借対照表は左と右に分かれ、左を借方(かりかた)、右を貸方(かしかた)と呼びます。この借方(左)に資産を記入し、貸方(右)に負債と純資産を記入します。借方と貸方、それぞれの合計は必ず同じ数字になります。左右のバランスが取れているので、貸借対照表はバランスシートと呼ぶのです。また、貸借対照表はB/S(ビーエス)と呼ばれることもありますが、これはバランスシート(Balance Sheet)の省略形です。

では、この貸借対照表に記入していく資産とはなんでしょうか。
資産とは小切手を含む現金や建物、机や椅子などの事務用品等の備品などの財産と、貸付金や売掛金などを指します。貸付金とは、所定の期日に返済してもらう約束で貸した資金です。つまり自分にとっての現存する財産、いずれ利益として入る予定のものが資産です。
これらの「現金」「建物」「備品」「貸付金」などの言葉は「勘定科目」と呼ばれ、簿記という視点から見た時に同じ役割を果たすものをまとめたものです。

次に負債です。負債とは借入金(銀行などから借りたお金)や、買掛金などを指します。会社などでは個人と違い、金額の大きい取引も多々あります。この時に逐一お金を動かさずにやり取りをすることを「掛」と言い、こういう場合に一定の期日を設けてその期日までにまとめて受け取る約束をしたものが「売掛金」、逆に支払う約束をしたものが「買掛金」です。
負債の場合の勘定科目は「借入金」「買掛金」などになります。

また、この貸借対照表には資産と負債が記録されているため、資産から負債を差し引くことで、「純資産」を求めることもできます。この純資産は「自己資本」と呼ばれることもあり、原則として返す必要のない資本のことを言います。負債は他人資本ですが、自己資本は自分が持っている資本だということです。この自己資本には、株主が出資したお金や、それを元手に事業で増やした財産などが含まれます。純資産の勘定科目には「資本金」などがあります。

簿記講座・スクール比較

損益計算書とは?

次に「損益計算書」です。損益計算書とは、一定期間の経営成績を表す決算書で、こちらも決算時に必ず必要になる書類です。損益計算書にはおおまかにいうと、収益、費用、利益が記載されています。つまり、いくら使って、どれだけ収入があったか、利益がいくらなのかが分かる表で、会社の収益力を表すものになります。

貸借対照表がB/Sと略されるのに対し、損益計算書は、「P/L(ピーエル)」と略されます。これはプロフィット アンド ロス ステートメント(Profit and Loss statement)の略です。
この損益計算書も左と右に分かれており、貸借対照表と同じく、左が借方で、右が貸方です。記入の仕方は、借方(左)に費用、貸方(右)に収益を記入します。

まず、費用から見ていきます。費用とは、会社の運営にかかるお金のことです。つまり、会社にとって必要な出費のことになります。費用の勘定科目には商品を仕入れる時に支払うお金の「仕入」、交通機関等を使う際に発生する「旅費交通費」、借り入れたお金にかかる「支払利息」などがあります。この費用は、売上原価・販売管理費・営業外費用・特別損失・法人税・住民税および事業税の5つに分けられます。これらを借方に記入します。

収益は、簡単に言えば「儲け」のことを言います。当該期間の企業の事業活動によって生み出された成果であり、プラスの利益になります。
収益の大部分は、何かを販売した際に得たお金などの「売上高」が占めます。その他には「営業外収益」と呼ばれるものもあり、これは金銭を貸し付けているときに受け取った利息や、受取配当金のことを指します。このほかに「特別利益」というものもあります。これは収益の中でも、その年に限るなどの臨時的な事柄で得られるお金のことです。具体的には、固定資産売却益、投資有価証券売却益、貸倒引当金戻入益などがこれにあたります。これを貸方に記入します。

最後に利益です。利益とは、収益から利益を引いたものです。出費より収入が多ければその分が利益になるということになります。利益は、売上総利益・営業利益・経常利益・税引前当期純利益・当期純利益の5つに分類されます。利益は借方に記入しますが、こちらに記入できるのは当該機関の経営成績が黒字になったときのみなので、注意が必要です。赤字になってしまった場合は、損失として貸方に記入することになります。

簿記講座・スクール比較

まとめ

今回は簿記のイメージを掴んでいただくために、貸借対照表と損益計算書を少し詳しくお話してきました。
貸借対照表は「会社の経営診断書」と呼ばれるとお話ししましたが、一方で「損益計算書」は一定期間における収益と費用の状態を表すため、「会社の成績表」とも言えるものです。
簿記は貸借対照表や損益計算書の記入の方法を主として、正しい帳簿記入をする技能を身に着ける資格になります。どのような会社であっても会計は存在し、これらの技能は必要となるので、取っておいて損のない資格だと言えます。

簿記講座・スクール比較

関連特集

さらに詳しく

簿記の資料請求

通信講座から探す 都道府県から探す
  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

簿記の関連資格
簿記 公認会計士 税理士 FP(ファイナンシャルプランナー) CIA(内部監査) 建設業経理士 IFRS(国際財務報告基準)

おすすめスクールレポート

シカク情報部新着記事一覧
米大手企業も取り入れる科学的心理メソッド!国内外で今話題のポジティブ心理学を学ぶ 米大手企業も取り入れる科学的心理メソッド!国内外で今話題のポジティブ心理学を学ぶ 2020年12月03日
全養協日本語教師検定ガイダンスを動画配信で!(オンライン/無料) 全養協日本語教師検定ガイダンスを動画配信で!(オンライン/無料) 2020年12月02日
履歴書に書ける資格「心理カウンセラー」「メンタルトレーナー」のことが何でも分かる無料説明会/ハートフルライフカウンセラー学院 履歴書に書ける資格「心理カウンセラー」「メンタルトレーナー」のことが何でも分かる無料説明会/ハートフルライフカウンセラー学院 2020年12月02日
【限定案内】働き方の選択肢を自在に広げる国家資格「キャリアコンサルタント」の最新情報とイベント案内 【限定案内】働き方の選択肢を自在に広げる国家資格「キャリアコンサルタント」の最新情報とイベント案内 2020年12月02日
日商簿記検定試験(2級3級)ネット試験導入|2020年12月に施行開始予定 日商簿記検定試験(2級3級)ネット試験導入|2020年12月に施行開始予定 2020年12月02日

お電話からの[無料]資料請求

0120-789-760

BrushUP学び:9時から21時

生徒募集にお悩みですか?
BrushUP学びオリジナル適職診断&おすすめ資格
BrushUP学び 学び・キャリア相談サービス