資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

日本語教師として海外で働く上で必要な資格を紹介します。

自分の能力を活かして海外で働くことに魅力を感じる方も増えているかと思います。
その中で「日本語教師」という選択肢を考えている方もいるのではないでしょうか?日本語教師になるには、もちろん日本語が話せるというのは大前提です。
では、日本語を話すことができること以外にも、日本語教師となるためにクリアすべき条件などはあるのでしょうか?詳しくご紹介いたします。

公開:2020-08-14 (最終更新:2020-08-14)

海外で日本語教師として働く場合、資格は必要?

日本語教師として海外で働く上で必要な資格を紹介します。のイメージ

資格がなくても日本語教師として働くことは可能

日本語教師として働く上で必須の国家資格等はありません。
大学で専攻すべき科目もありませんし、さらに国語の教員免許も必要ないため働くハードル自体は高くないと言えるでしょう。
そのため、チラシやWebなどで集客しプライベートレッスンを開講する方や、ボランティアとして教壇に立つ方なども多いです。

さらに、まだ少数ではありますが「日本語オンラインレッスン」を運営しているスクールの中にも無資格で働けるところが存在します。
そのようなスクールであれば、ボランティアとは違い給料を受け取りながら日本語教師として働くこともできるでしょう。ちなみにオンラインレッスンのスクールには、「給料が時給形式」「自分で報酬を設定できる」などの給与体系が存在します。
スクールによっては「手数料がかかる」「講師登録にお金がかかる」という場合もあるため、働ける時間や稼ぎたい金額などを考慮しながら選ぶのがオススメです。

日本語教師講座・スクール比較

公共機関で日本語教師として働くには資格は必要?

公共機関で働く場合には資格が必要になる

無資格の状態では、個人の日本語教師としての能力を正確に把握することは難しいのが現状であるといえます。
そのためプライベートレッスンやボランティアなどではなく、日本語学校や企業など公的機関で日本語教師として就業する場合は、特定の資格を要求されたり大学での専攻科目などが重要視されるでしょう。
特に留学生対象の国内の日本語学校で就業する場合は、入国管理局が明示する「日本語教育機関の告示基準」という基準をクリアする必要があるため確認必須です。
では、具体的にどのような資格や経験が必要となるのか、日本語教育機関の告示基準を下記でご紹介をいたします。

大学において日本語教育に関する主専攻または副専攻を修了し、卒業した者

大学で日本文学科や日本語学科などを専攻していた方ほど、日本語教師として採用してもらえる可能性は高まります。
すでに働いている方であれば再度大学に入るのは時間的にもなかなか難しいかもしれません。しかし、4年間かけて日本語教育に関する勉強に取り組んだというのは採用側からすると大きなポイントになります。資格取得など他の条件よりもこちらを重要視しているケースも増えているため、可能な限り大学を卒業しておくというのがオススメです。

ちなみに海外で日本語教師として働く場合は、就労ビザの規定によって「4年制大学卒業」が条件に加わっていることもあります。さらに大卒者の方が高い給料を受け取れることも多いため、こうした点においても日本語教師を目指すのであれば大学で学んでおいた方が有利と言えるでしょう。

日本語教師養成講座420時間コースを修了した者

文化庁がまとめた「日本語教員養成において必要とされる教育内容」に則り、日本語教師に必要な知識やスキルを習得できると認定された420時間の講座のことを指します。
文化庁の指針を満たした講座だけが届出を受理され、その講座を修了することで法務省告示校(法務省が定めた基準を満たした上で設置されている日本語学校のこと)で就業することが可能になるのです。
大手資格取得教室をはじめとし、3ヶ月〜1年程度をかけて勉強できる講座を様々な会社が運営しています。

講座内容そのものに関しては、どこも文化庁の指針に沿っているため大きく異なることはありません。
ただし、料金設定や指導形式(オンライン or オフライン)などは会社ごとで異なります。
さらに教育方針も会社ごとに様々です。座学メインの講座もあれば即戦力を育てるために実践メインとしている講座などもあるため、こうした教育方針も含めて、ご自身の勉強スタイルに合った講座をお選びください。

日本語教育能力検定試験に合格した者

「日本語教育能力検定試験」とは、日本語教育を行う上で必要な基本的な知識、及び教育能力が身についているのかを確かめるための検定試験です。
毎年10月に実施されており、国家資格ではありませんが合格率は20%前後と低い水準で推移しています。日本語教師として働く上でこの資格は必須ではありません。
しかし、資格があることで一定水準の能力があると認定されるため、この資格の有無を採用条件としている学校や公的機関が多いのが現状といえます。

独学での合格も不可能ではありませんが、先述の通り合格率は低め。そのため資格講座や通信教育で勉強しながら受験する方も数多くいらっしゃいます。
受験資格は特に無いため、大学卒業後に日本語教師を目指したい方にとってはチャンスが広がると言えるでしょう。

日本語教師講座・スクール比較

まとめ

日本語教師として働くこと自体のハードルはそこまで高くはないでしょう。

しかし、個人やボランティアではなく学校などの公的機関で働く場合は、能力を示す意味でも特定の資格を保有していたり講座を修了していることなどが求められるでしょう。
いずれの場合も決して難易度が低いわけではありません。
早めに日本語教師としての働くという目標を掲げ勉強を積み重ねていくことができると良いでしょう。

日本語教師講座・スクール比較

関連特集

さらに詳しく

日本語教師の資料請求

デジタルパンフレットがあるスクール 通信講座から探す 都道府県から探す
  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

日本語教師の関連資格
通訳・通訳ガイド 日本語教師 児童英語教師

おすすめスクールレポート

1800名以上が就職決定するスクールの卒業生にインタビュー
シカク情報部新着記事一覧
履歴書に書ける資格「心理カウンセラー」「メンタルトレーナー」のことが何でも分かる無料説明会/ハートフルライフカウンセラー学院 履歴書に書ける資格「心理カウンセラー」「メンタルトレーナー」のことが何でも分かる無料説明会/ハートフルライフカウンセラー学院 2020年10月27日
【リフレクソロジー】オンライン教材の充実で、在宅学習のみでも資格取得が目指せるようにリニューアル! 【リフレクソロジー】オンライン教材の充実で、在宅学習のみでも資格取得が目指せるようにリニューアル! 2020年10月27日
【限定案内】働き方の選択肢を自在に広げる国家資格「キャリアコンサルタント」の最新情報とイベント案内 【限定案内】働き方の選択肢を自在に広げる国家資格「キャリアコンサルタント」の最新情報とイベント案内 2020年10月27日
国際交流を仕事に!日本語教師養成講座 最大72,000円オフ&「オンライン授業・教え方基礎講座」付 国際交流を仕事に!日本語教師養成講座 最大72,000円オフ&「オンライン授業・教え方基礎講座」付 2020年10月27日
スクールの感染症予防対策を動画で紹介!【ウィルワン整体アカデミー】 スクールの感染症予防対策を動画で紹介!【ウィルワン整体アカデミー】 2020年10月27日

お電話からの[無料]資料請求

0120-789-760

BrushUP学び:9時から21時

生徒募集にお悩みですか?
BrushUP学びオリジナル適職診断&おすすめ資格
BrushUP学び 学び・キャリア相談サービス