BrushUP学び

未経験から学べる 就転職につい良い 医療事務スクール・講座を比較!「最短8日〜」「最安29,000円〜」「給付金対象講座あり」

簡単1分で完了! まずは無料で医療事務講座の資料請求
popular

医療事務が人気の理由は?

  • 1

    学習期間は最短8日!忙しい方でも取得可能です

    医療事務の資格は子育てや家事に忙しい主婦の方、働いている方でも取得を目指せる資格です。対策講座を受講した場合、通信や土日、夜間など、自分のライフスタイルに合った学び方ができます。受講期間も最短8日となっており、時間のない方でも無理なく学ぶことができます。

    人気の理由1写真
  • 2

    安定した雇用環境

    医療業界は、安定した就職先として人気の職場です。
    よほどのことがない限り、医療機関が経営不振で倒産することはありませんし、一度雇用されれば、リストラに遭う恐れも少ないでしょう。長期的に安定した環境で働きたい方におすすめできるお仕事です。

    人気の理由2写真
  • 3

    医療費の増加による需要の拡大

    日本は65歳以上の人口が全体の20%を超える超高齢社会です。そのため、医療費は増加の一途をたどっています。
    医療費の増加に伴い、窓口業務やレセプト業務を行うことができる医療事務員のニーズが高まっています。
    今後も高いニーズが予想されるため、就転職に強い資格と言うことができます。

    人気の理由3写真
  • 4

    全国の医療機関から勤務地が選べます

    病院や歯医者などの医療機関は全国にありますので、ご希望に合わせて勤務地を探すことができます。家族の転勤などの事情で引っ越す場合には、新たな場所での仕事探しも可能です。資格取得後は、「自宅から通いやすい範囲で」など、各自の希望条件に沿って勤務地を探しましょう。

    人気の理由4写真
  • 5

    働く時間を選びやすく、ブランクがあってもOK

    医療事務は「フルタイム」「週3日」「午前中だけ」など、ライフスタイルに合わせて働く時間を選ぶことが可能です。
    また、一度経験をしておくと、コンピュータ入力の作業や受付業務などの一連の仕事の流れが身につきますので、その後ブランクが空いても戻りやすい仕事と言えます

    人気の理由5写真
簡単1分で完了! まずは無料で医療事務講座の資料請求
about

医療事務ってどんな仕事?

医療機関で受付・会計やレセプト業務・クラーク業務を行う仕事です。

具体的には
  • 来院した患者さんから保険証を預かり、診療申込書を書いていただき、患者さんを受診科へ案内します。初めて受診する患者さんの場合には、カルテの作成や診察券の発行も行います。

    1:受付業務

  • 2:会計業務

    診療が終了した患者さんから診療費用を受け取ります。カルテと診療報酬点数表、患者さんが加入している医療保険をもとに請求する金額を計算し、お支払いいただきます。

  • レセプト業務とは、患者さんが窓口で支払った分(医療費の1〜3割)以外の医療費を、市町村や健康保険組合などに請求する業務です。月の10日までに前月の1カ月分のレセプト(診療報酬明細書)を作成し、審査支払機関を通じて保険者へ請求します。

    3:レセプト業務

  • 4:クラーク業務

    クラーク業務は「外来クラーク」と「病棟クラーク」に分けられます。
    外来クラークの仕事は、患者さんと医師、看護師との間の橋渡しです。具体的な仕事としては、受付業務、電話応対、患者さんの呼び出し、カルテやレントゲンの準備といったものが挙げられます。
    一方、病棟クラークの仕事は、入院病棟で発生する事務作業全般です。入退院手続きや食事伝票の管理、手術・検査スケジュールの管理などがその代表的な例です。

一般的に「事務」というと、パソコンに向かって黙々と作業をするイメージかもしれませんが、医療事務は患者さんと接することがとても多い仕事です。
保険証の受け渡しや会計など、ただ機械的にやりとりするのではなく、たとえば患者さんが帰る際には「お大事に」と一声かける。そうした心遣いがとても大切です。
また、医療事務員は患者さんの入院・退院の手続きや、診察内容の入力作業といったように、看護師をサポートする仕事も多く手掛けます。そのため他の医療スタッフとのコミュニケーションもとても大切です。

仕事の範囲や求められるものが多い医療事務は、それだけやりがいのある仕事と言うことができるでしょう。

簡単1分で完了! まずは無料で医療事務講座の資料請求
study

医療事務 おすすめの学習方法は?

最短で資格取得を目指す方は通学講座、費用を抑えたい方は通信講座がおすすめです

医療事務の資格は複数ありますが、どの資格を目指す場合にも確実に合格するにはスクールに通うことをおすすめします。
医療事務の資格取得講座を開講しているスクールはいくつかあり、 受講費用は通学が最安価格帯で約4万円、通信が2万円代後半になります。

また、受講期間は通学で最短8日、通信で最短1ヶ月で受講することができます。
最短で資格取得を目指したい方は通学講座、 費用をなるべく安く抑えたい方は通信講座を受講すると良いでしょう。
下記の資料請求ボタンから、まずは複数のスクールの資料を取り寄せ、比較・検討してみて下さいね

簡単1分で完了! まずは無料で医療事務講座の資料請求

医療事務 こんな人にオススメ!

  • 人とコミュニケーションを図るのが好きな方
  • 一生使えるスキルを身につけたい方
  • 安定した職場で働きたい方
  • コンピューターに抵抗のない方
  • 計算が得意な方
簡単1分で完了! まずは無料で医療事務講座の資料請求
differences

医療事務と医療秘書の違いは?

仕事内容と対象が異なります

医療事務と医療秘書は、どちらも医療機関で仕事をするという点は共通していますが、その内容と対象が異なります。
医療事務が病院の受付や会計などで患者さんに接する仕事をしているのに対し、医療秘書は規模の大きい医療機関の院長や医局などの秘書としてスケジュール管理や来客の対応をする仕事をしています。
また、医療事務が接客業としての一面があるのに対し、医師の学会の準備を手伝ってデータ入力をしたり論文検索をすることもある医療秘書は、事務職にプラスして研究職の色合いもあると言えそうです。

求人数が異なります

医療事務員は小さなクリニックであっても必要であるのに対し、医療秘書は大学病院や市立病院などの大規模な医療機関でのみ必要とされます。そのため、医療事務員の求人数と比較すると医療秘書は圧倒的に少ないのが現状です。
このような状況から、医療秘書を目指す場合は、まず医療事務の資格を取った上で、医療秘書の資格をプラスして取ると良いでしょう。

簡単1分で完了! まずは無料で医療事務講座の資料請求
lisences

医療事務 資格と試験

医療事務の資格は複数あります

医療事務の資格は複数あり、その全てが民間の団体が認定する民間資格になります。
下記に主な資格を紹介します。

資格名・試験名 運営団体 試験日程
診療報酬請求事務能力認定試験 日本保険医療事務協会 年2回実施(7月・12月)
メディカルクラーク®(医療事務技能審査試験) 日本医療教育財団 毎月第4土曜日に実施
医科医療事務管理士® 技能認定振興協会 年6回 奇数月第4土曜日に実施
医療事務実務士® 医療福祉情報実務能力協会 年4回(3月・7月、9月、12月)
医療事務検定 日本医療事務協会 毎月第4日曜日に実施
医療事務認定実務者® 全国医療福祉教育協会 毎月第4日曜日に実施

上記の資格以外にも、医療事務の資格は存在します。
資格によって運営団体が異なるため、学ぶ内容に若干の違いはありますが、どの資格を目指したとしても、診療報酬明細書(レセプト)の作成ができるようになることに変わりはありません。
試験の合格率は診療報酬請求事務能力認定試験を除くと、約50%〜80%になります。
どの試験も受験資格がないため、どなたでも医療事務の資格試験に挑戦することができます。
また、試験の際にはノートや資料の持ち込みもできるので、しっかりと準備をすれば安心です。
ご自身に合った資格・講座を選ぶためにも、まずは複数のスクールの資料を取り寄せることをおすすめします。

request

資料請求はすべて無料 医療事務講座をまとめて比較!

通信の医療事務講座一覧

チェックの入っている講座の資料が届きます
学校名講座名費用・期間資料請求
【最短約1ヶ月で修了】医療事務講座(通信)
日本医療事務協会/通信
費用36,720円
期間約1ヶ月
★受講料30%OFF★医療事務講座(医科)通信コース
ニチイ/通信
費用42,336円
期間約3ヶ月
【医療事務】診療報酬請求事務能力認定合格講座【Web通信】
通信教育のフォーサイト
費用44,800円
期間約3ヶ月
【通信】医療事務講座DVDコース
ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』
費用47,000円
期間約6ヶ月
★受講料30%OFF★医療事務講座(歯科)通信コース
ニチイ/通信
費用42,336円
期間約6ヶ月
【通信】医療事務講座 eラーニングコース
ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』
費用50,000円
期間約6ヶ月
受付・会計業務希望の方必見★医療事務+コンピュータ講座
日本医療事務協会/通信
費用64,368円
期間約2ヶ月