BrushUP学び お電話での請求0120-789-760|受付時間24時間365日
試験に受かる 建築士 学校・講座を比較!
最短2ヶ月〜 最安81,000円〜 給付金対象講座あり

簡単1分で完了!まずは無料で建築士講座の資料請求

建築士になるには
建築士になるには国家資格の取得が必要
建築物の設計や工事監理などを行う建築士。
建築士になるには国家試験を受験し、資格を取得することが必要です。
建築士資格には3つの種類があります。
1つは一級建築士、2つ目が二級建築士。3つ目が木造建築士。
ここでは二級建築士と一級建築士のなり方・受験資格を紹介します。
家の形をした積み木
2人の女性が写真を選ぶ様子
二級建築士になるには
二級建築士は、住宅規模の建築設計が可能となる資格です。
受験資格は、一級建築士に比べると緩く設定してあり、四年制大学で指定科目を修めて卒業した人なら実務経験なしに受験が可能。建築の指定科目が学修できる高校を卒業した場合、実務経験が3年必要です。また、建築に関する学歴がない方は7年以上の建築実務経験を積むことで受験が可能になります。
二級建築士受験資格
四年制大学建築学科卒の方
実務経験なしで受験可能
建築・土木系の高校卒の方
実務経験3年以上
その他の方
7年以上
一級建築士になるには
一級建築士は3つの建築士資格の中で最も難易度が高く、資格を取得すれば設計できる建築物の種類が多いことが特徴です。住宅から商業施設・オリンピックのスタジアムまで幅広い設計可能になります。そのため受験資格は厳しく、四年制大学卒業後(指定科目の取得が必要)、2年以上の実務経験が必要です。建築系の短期大学を卒業した場合、実務経験が3〜4年必要となります。また、二級建築士からのステップアップとして資格取得を目指す方法もあり、その場合は二級建築士として実務経験が4年必要です。
一級建築士受験資格
四年制大学建築学科卒の方
実務経験2年以上
建築系の短期大学卒
実務経験3年〜4年以上
二級建築士資格をお持ちの方
二級建築士としての実務経験4年以上
製図
簡単1分で完了!まずは無料で建築士講座の資料請求
建築士試験について 建築士試験では学科・設計製図の2つがあります

建築士試験では一級・二級ともに、1次試験として「学科」、
1次試験合格者を対象に2次試験として「設計製図」があります。
合格率には例年多少の変動はありますが、おおむね下記のようになっています。

建築士資格合格率
試験区分 学科 設計製図 総合
1級 約20% 約40% 約10%
2級 約50% 約40% 約25%
勉強をする様子

一級建築士試験には約2万5千人、二級建築士試験では約2万人が例年チャレンジしていますが、合格率が低く、最終合格者数も少ない難関試験と言えます。
特に、一級建築士の場合は、1次の学科試験をクリアすることのハードルが高く、何年にもわたってチャレンジを続け、やっとの思いで合格する受験生も多くいます。
合格するには試験に向けて事前の準備をしっかりとする必要があります。

簡単1分で完了!まずは無料で建築士講座の資料請求
建築士 こんな人にオススメ!
相手の立場に立って考えることのできる方 責任感のある方 作ることが好きな方
簡単1分で完了!まずは無料で建築士講座の資料請求
建築士 おすすめの学習方法は? 短期間でリーズナブルに資格取得を目指すなら通信講座、じっくりと取り組むなら通学講座がおすすめです。

建築士の国家試験に合格するためには、学校やスクールの講座を受講するのが一般的です。
下記に通信講座・通学講座それぞれのメリットを紹介します。

通信講座のメリット
短期間でリーズナブルに合格を目指すことができる
通信講座では最短3か月、最安81,000円で建築士試験合格を目指すことができます。
大学に通いながら、または仕事をしながら建築士試験合格を目指す方にとって、費用と時間の負担の少ない通信講座はオススメです。
パソコンに向かう女性
スクーリング可能なスクールもあります
通信講座は自分の好きな時に好きなペースで学習できるところが大きな魅力です。
しかしながら、苦手分野でつまずいてしまって順調に学習が進まないのではといった懸念もあるのではないでしょうか。 そのような場合に備えて、最近の通信講座ではスクーリングでの対面授業が可能なスクールもあります。
受講生のフォロー体制が充実していると安心して受講できますね。
教室で勉強する女性
通学講座のメリット
確実に合格を目指すことができる
建築士試験の通学講座は通信講座に比べて、受講期間が長く設定されており、受講料も高めになっています。
しかしながら、その分じっくりと試験対策ができ、受講生のサポートも手厚くなっています。
ひとりひとりの理解度に合わせた対面授業、いつでも質問に答えてくれる講師陣、・受験に向けてのメンタルサポートや苦手分野克服のためのカウンセリングなど、「建築士試験合格」に向けて徹底サポートしてくれるのが通学講座のメリットです。

このような徹底サポートによる自信から、スクールの中には「試験合格しなかった場合は全額返金または、次年度の授業料無料」(特定の条件を満たしている必要あり)としているところもあります。
勉強する男女

通学・通信講座には上記のようなメリットがそれぞれありますが、建築士試験の学校・スクールには様々な個性があります。

いろいろなスクールを比較・検討するために、まずは、下記から複数のスクールの資料を取り寄せることをおすすめします。

通信の建築士講座一覧

チェックの入っている講座の資料が届きます
学校名講座名費用・期間資料請求
2023年度 二級建築士 設計製図 通信講座
ハウジングインテリアカレッジ・HIC(エイチ・アイ・シー)/通信
費用108,900円
期間約3ヶ月
2級建築士 学科WEBコース ※受験には建築経験7年等必要
日本教育開発
費用178,000円
期間約10ヶ月