face-1

資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

総合資格学院/通学の口コミ・評判

総合資格学院/通学

本校所在地: 〒163-0057 新宿区西新宿1-26-2

建築士講座一覧
目標に向かって努力することの大切さを実感できる貴重な機会桂 光咲さん
コース:2級建築士設計製図講座

学科は独学だったのですが、その際に市販の総合資格学院の教材を使用していました。職場の方のアドバイスもあって製図はスクールに通うことにしたのですが、学科の教材がわかりやすくて好きだったので、総合資格学院の製図講座を受講しようと思いました。

現在の業務で建築士の知識を使うことはありません。しかし、建築の仕事にも興味があるので、将来的に資格を実際に活かすチャンスがあればと期待しています。

講師はどこがどうダメなのか、明確にアドバイスしていただいて、常に正しい知識を身につけることができました。毎週、授業後の個人面談の際にはとことん質問につきあってもらったり、学習のアドバイスをもらったりしたので、目標がぶれることなくがんばることができました。

やればやるほど自信になり夢は膨らむ長内 思央梨さん
コース:2級建築士総合セット(学科+製図)

学生の時、大学の先輩や教授のほとんどの方が総合資格学院で合格をしていたことを知り、勧められたこともあって、思いきって受講を決めました。また、受講内容が映像講義だけでなく、ライブ講義というところも魅力的で、私に合っていると思いました。

住宅のお引渡し等でお客様にさまざまなことを質問されることがあります。以前まで戸惑ってしまっていたことに自信をもって対応でき、的確に説明することができるようになりました。

やむなく友達の誘いを断り続け、自分自身と戦い続けました。いつしか周りも一緒に戦ってくれているかのようになっていて、大きな応援に支えられていました。講師の方や同じ目標に向かっている仲間の存在も力となり、ここまで来れたのだと思います。すべての試験を終えたときの解放感は本当に大きいものでした。

本気で取り組めば、何歳だろうと合格できる。池田 宏さん
コース:2級建築士設計製図セット

年齢が年齢だけに、独学で建築士試験のための膨大な知識を学ぶのは困難だろうと思いましたし、日々の仕事と並行して自分で適切な教材を探して、勉強を続けていく自信もありませんでした。そこで会社の推薦校でもある総合資格学院にお世話になることにしたんです。

現在の職種・立場上、仕事の第一線ではなかなか活用できていないのですが、それでも住宅の現場で施工や法規に関する質問を受けたとき、以前であれば「会社としてはこうだ」という答え方しかできなかったのですが、学院で勉強をしたおかげで、今では自分の知識として答えることができるようになりましたね。

予想をはるかに超える学習内容に、何度も挫けそうになりました。そのたびに講師や学院スタッフの方々、さらに親子ほども年齢の離れた同クラスの受講生の方々に優しく励ましていただいて、何とか気持ちを立て直すことができ、年齢的なハンディを乗り越えていくことができました。

「一発合格」という強い気持ちを持つことです桐生 良祐さん
コース:1級建築士総合セット

1級建築士を取るなら総合資格学院と、なぜか自分の中では決まっていました。一番は友人が全員学院で取ったからです。受講中もその友達とはいろいろと相談できましたし、過去に受講していた分、たくさんのアドバイスをもらうことができました。また、一緒に勉強する仲間がいることで自分自身の意識を高められると思ったのもあります。人から教わることができるというのも大きな決め手となりました。

特に法規では理解しているつもりでも、実際には曖昧だったり不安な部分があったりしました。建築をやっていく上では必要なものなので、改めて知識を確認することができて大変助かりました。また、転職活動の際にも1級建築士取得をめざしていることはとても強みになり、面接でも堂々と伝えることができました。

同じ受講生でも建築士の試験となればライバルでもあります。そのことを私自身の中では常に意識していました。毎回点数が貼り出されるので今自分の実力がどのくらいなのか、明確に知ることができました。もちろん一緒に勉強している仲間には全員合格してもらいたいという気持ちもありましたが、周りからのプッシュがあったおかげで、より勉強に取り組むことができました。

妊娠・出産・育児の中で合格川合 友加里さん
コース:1級建築士総合セット

周りに受験者が多くいたため、独学生・他の資格学校利用生・総合資格学院生それぞれに直接話を聞くことができました。そのなかで前年に総合資格学院に通ってストレート合格していた友人から「学院は教材が良い」という情報をもらい、惹かれました。また、ライセンスアドバイザーの方が私の事情を親身に考えてくれ、学院なら通い続けることができると思いました。実際通ってみると、友人が言っていた良いとの情報は確かなものでした。原理や現象を理解させようとする教材です。建築士試験は年々新出問題が多くなっていますが、学院の教材できちんと理解しておけば十分対応できるものでした。

今年の製図の課題は「子供・子育て支援センター」でした。丁度、仕事復帰に向けて保育園を探しており、いくつか見学に行きました。製図の勉強では空間構成・安全性・防犯等、散々理想を追いかけていたためか、保育園見学でも自然とシビアにチェックしていました。

私の場合、授乳のため家に帰るので、講義を抜けることが度々ありました。途中から入室することになりますが、その都度講師の方がサポートしてくれて、講義についていけなくなるということがありませんでした。また忘れっぽい私にとって、質問がその場でできる環境はとても良かったと感じています。

日々成長竹内 量治さん
コース:2級建築士設計製図講座

■ライセンスアドバイザーの自信と合格実績

総合資格学院でカリキュラム通りに学習を進めれば必ず合格できるという自信がライセンスアドバイザーから伝わり、自然にここで学べば合格できると思いました。もちろんそれだけではなく、過去の合格実績が背中を押してくれました。

■お施主さまとの会話に活かせた

学生時代から設計の課題は数多くこなしていましたが、住宅の課題は1つしかなかったように記憶しています。ハウスメーカーで技術者として仕事をするには知識不足でした。講座で一から住宅について学べたことで、お施主さまにできる話が増えました。もちろんこれだけでは不十分なので、今後も日々学習していきます。

■ライバルの存在が力に

講座がスタートしてまもなくは、課された課題をこなすだけでした。講座が進むにつれ、はじめ私よりも図面が描けなかったクラスメイトが目に見えるほど成長し、表情には出さないようにしていましたが、かなりのプレッシャーを感じていました。講座の後半からは常にクラスメイトを意識して「クラスで一番のエスキス、図面を描くぞ」という気持ちで毎週取り組みました。ライバルの存在が合格の一番の推進力だったと思います。

自分を信じてやり抜くことの大切さを知りました!住田 裕美さん
コース:2級建築士短期必勝総合セット

■効率よく勉強するため

大学院生といっても、研究や設計課題に明け暮れる日々で勉強時間がなかなか確保できないのが実状です。総合資格学院は教材がわかりやすいうえ、講師が実際に目の前で講義を行ってくれるので、効率よく勉強することができると聞き、決めました。結果、学業と両立することができました。

■より実務的な思考で設計課題に取り組めるように

学習の前後で、大学での設計課題に対する取り組み方が変わりました。実務の知識がついたので、より現実的な思考で設計することができるようになりました。

■学科試験の直前まで2週間海外研修へ

学科試験3日前まで、2週間ほど学校行事で海外へ行くことになり、充分な勉強時間を確保できないまま、試験日を迎えたことは今でも印象に残っています。そのような中でも学院スタッフが一緒になって学習スケジュールを立ててくれたことが、合格へとつながったのではないかと思います。

あきらめない!最後までがんばる!岩内 彩花さん
コース:2級建築士設計製図セット

大学4年生のときに、ライセンスアドバイザーと研究室でお会いしました。ライセンスアドバイザーの対応が非常に良く、結果的に同じ研究室の人全員で、特に迷うことなく2級建築士は総合資格学院で受講することに決めました。研究室以外にも、私の大学から何人か行っていたと思います。

「この高さまでは階に含まれない」などに気づいて、法令集を引けるようになりました。また、上司と仕事の会話をしているときに「○○は××だよね」と言われても、言葉の意味がわかるようになりました。法令集は今でも会社に置いて、よく利用しています。

1年目に学科を一緒に受験して合格していた友達が、何人かいたのですが、私だけが設計製図で不合格だったので、すごく悲しかったです。ただ、当時は悲しいよりも悔しい気持ちの方が勝っていたので、再び受験をすることに関しては、即決でした。

最後まで諦めない。後悔しない。試験当日はベストの状態で挑むこと木村 健さん
コース:1級建築士設計製図セット

製図の講義は短期勝負のため、自分に合う講師を見つけることが、メリットのあることと考えました。自分の質問に対して明確な答えが返ってくるか、納得できるかがポイントだと思います。合格するためには、様々なスタッフや講師を捕まえることも必要だと思います。

ハウスメーカーに勤めているので、1級建築士の課題のようなあまり大規模な建築物は取扱いませんが、これ以上のものはないと言ってもいいぐらいの資格を取れたことは、今後の自分の仕事に大きく影響すると感じています。お客様からの信頼、社員や業者からの信頼が大切なこの仕事において、1級建築士という肩書は、信頼を勝ち取る非常に重要なものだと思います。

講義中の課題は時間を計って皆で行いますが、宿題は基本的に個人で行うことが多いです。少しでも多くの課題を時間内で効率良く、同じ環境で行うかが必要と考えました。試験を受ける会社のメンバーが偶然4人いたため、講義の前日に集まって時間内に宿題を解き、皆でディスカッションすることができました。気兼ねなく話せるメンバーだったので、いろんなアイデアや指摘が出て、それを翌日、学院の講義で講師に質問することで解決し、様々なことにも対応できる力が身に付いたと思います。

学院でやれることは全てやり、不安をなくしました髙田 ひなこさん
コース:2級建築士総合セット

大学の一つ上の先輩方が1級建築士の試験に7人合格しており、その7人全員が総合資格学院でのストレート合格でした。身近な先輩方の経験談を聞いていたため、独学やほかの資格学校という選択肢はありませんでした。就職後、会社の先輩方から「総合資格学院は過去問の研究がほかの資格学校と比べられないほどよくされていて、講義の質が高い」と聞き、総合資格学院でよかったと改めて思いました。

法令集の引き方をマスターしたことで、法規に関して調べたいとき、すぐに対応ができていると感じます。また、製図ではキッチン、階段、リビングなどの有効寸法や、ベッド、机などのサイズをしっかり学んだことで、設計をするときに各々の間隔が身についたと思います。

社会人になって初めての連休。同期が旅行に行ったり、遊んだりして楽しくゴールデンウイークを過ごしているなか、私は復習をかねて映像ブースで講義のDVDをひたすら観て勉強をしていました。「来年は絶対楽しくゴールデンウィークを過ごす!」という思いでがんばりました。また、お盆も製図試験に向けて、一日中製図板に向かっていたのを覚えています。

キャリアの土台となる「入社一年目のチャンス」を大切に内山 克典さん
コース:2級建築士総合セット

学生時代から教室の最前列に座って、教授とマンツーマンに近い雰囲気で講義を受けるのが自分のスタイルでした。それだけ集中力と理解力が格段に高まるからです。映像を流すだけの講義だと自分は怠けてしまうと考えたので、自分に厳しくするためにもライブ講義のある、総合資格学院を選びました。

学科の勉強は大学4年生からスタートしたので、入社後の現場研修は学んだことを自分の目で確認できる絶好のチャンス。専門職の方々とも会話がスムーズに進み、仕事を覚えるのも早かったと感じています。

教務スタッフのアドバイスを受けて、模試は1週間前から準備を進めました。本番も同様の流れをつくったので、万全の態勢で落ち着いて試験問題に向かうことができました。私のジンクスは、前日にステーキを食べること! 模試ではお腹を壊してしまったのですが、本番ではその点も気をつけました。

資格は仕事をより楽しむためのツール三谷 有加さん
コース:2級建築士設計製図講座

会社に総合資格学院と他校の両方に通った経験のある先輩がいるのですが、その方から「製図から通うなら、実際に講師が直接教えてくれる総合資格がおすすめだよ」とアドバイスを受け、受講を決めました。見学時にお会いした講師の方も、親身に相談に乗ってくださり、セールス的なトークが一切なかったことも非常によい印象をもちました。

仕事で木造を担当した時、間取りを考える際に、製図の講義で身についた木造のスケール感が役立ちました。これまでは大学で学んだ程度の木造のルールしか知らず、間取りを考える際にも手が止まっていましたが、木造の建物のアイデアがたくさん浮かぶようになりました。

通っていた京橋校では、クラスでの会話も多く、普段から他の受講生と気軽に話せる雰囲気がありました。模試の時には、答案図面を皆で見せ合い、良いところや描くコツなどを話し合うなど、参考点を共有できたことがとても助けになりました。

最後まであきらめないことが大切です古賀 穂香さん
コース:2級建築士短期必勝総合セット

会社に通いながら一人で勉強する自信がなく、また、学校に行くなら「一発で合格したい」と考えました。友人に誘われて一緒に総合資格学院に話を聞きに来たのですが、学院は、他校と比較して合格率がとても良かったため、受講することを決めました。

施工の現場に行ったときに、以前は、見ても何もわからないものばかりだったのですが、今では名前やその役割を理解したうえで、現場を見ることができるようになりました。わかることが嬉しくて、さらに建築が好きになりました。

お祭りや海水浴、バーベキューなど、世間が夏のイベントで盛り上がっている時期に、遊びたい気持ちを押し殺して、学院の机や自分の家にこもって勉強していました。しかし、その時間があったからこそ、合格できたのだと思うと、我慢した自分をとても誇らしく思います。

一度はじめたら最後までやり通すことが大切!横山 咲苗さん
コース:1級建築士設計製図講座

■尊敬する先輩方にならって総合資格学院へ

職場の先輩がほぼ全員、1級建築士の資格を持っており、そのなかの多くが総合資格学院に通っていたため、受講を決めました。大学時代にゼミに出入りしていた学院のライセンスアドバイザーの方と顔なじみだったこともあり、より安心して通うことができました。

■現場管理の仕事で、施工で学んだ知識が活かせるように

職場が構造設計事務所のため、現場管理などの仕事では、施工の科目で勉強したことが役立っています。構造設計にはさらに資格があるので、1級建築士の取得はよいステップアップになったと思います。

■同じチームの仲間たちがよきライバルに

通いはじめてしばらくは、ただ講義を受けるだけでしたが、他の受講生とグループミーティングなどで話す機会が増えるにつれ、情報交換やアドバイスをし合うようになりました。また、講師がチーム内の模試順位を発表するなど、皆の競争意識を上手に煽ってくださり、自分のなかでも「絶対に一番になる」というやる気が高まりました。

テキスト・学力試験・宿題は、合格への「三種の神器」吉田 惠美さん
コース:2級建築士合格力養成総合セット

■スタッフの熱意と、テキストのわかりやすさが決め手に

知人からの紹介で、総合資格学院の講座内容について説明を受ける機会があり、教務スタッフの方の熱意にふれて受講を決めました。また、講師から直接指導を受けられるライブ講義も魅力的で、テキストも非常にわかりやすく「これなら合格に近づける」と感じました。

■自信が仕事にも好影響をもたらすように

2級建築士の資格を得たことで、自信が芽生え、建物に関する重要な視点がより的確に把握できるようになった気がします。そんな内面の変化はふだんの仕事にもあらわれ、得意先様からお褒めの言葉をいただく機会も増えました。また、2級建築士だけでなく、今後は大学院に進んで1級建築士も目指そうかと思うようになりました。

■講師
講義時間を超えても嫌な顔ひとつせず、受講生が理解できるまでとことん指導してくださる姿に感動しました。その誠意と熱意に自分まで勇気づけられるようで、受験へのモチベーションをずっと燃やし続けることができました。

■合格ダイアリー
はじめはそれほど重要性を感じていませんでしたが、製図の講義が始まってからは、試験勉強のためのまとめノートとしてすごく重宝しました。毎回、講師や教務スタッフの方がアドバイスやメッセージも書いてくださり、「ちゃんと見てくれているんだ(一方通行じゃないんだ)」と嬉しくなりました。

”どうしても受かりたい”という気持ちが大切でした益田 彩香さん
コース:2級建築士総合セット

■身近な存在

大学時代、ライセンスアドバイザーの方々が身近にいてくれたことが決め手でした。私の大学では、総合資格学院の講師を招いて2級建築士の講座を開講していたため、そこで存在を知りました。その時に、ライセンスアドバイザーと会う機会があり、話を聞いたり資料を多く頂いたりしていたので、特に迷うことなく通学を決めました。大学が忙しくて学院に通えないとき、資料を届けてくれたことは励みになりました。

■すべてが仕事の役に立つ

仕事をしていくなかで必要な知識ばかりを勉強するため、ほとんどの内容が、仕事で役に立つものでした。特に法令集に関しては、講義のなかで講師が引き方を教えてくれたので、今も職場に置いて活用しています。また、お客さまと打ち合わせしていくなかでも、知識を活用することができ、信頼につながっているように感じました。

■同じ目的を持った仲間

学院へ通うなかで友人ができたこと、また、学院のスタッフ(教務・ライセンスアドバイザー)の方々や、講師の方々がとても良い人が多く、安心して楽しく通えたことが特に印象に残っています。

『虚心坦懐』~”素直に、焦らず”が結局近道でした佐伯 隆さん
コース:1級建築士総合セット

■飽きっぽいので1年で合格したかった

ずば抜けた合格率から、2級建築士の設計製図より総合資格学院にお世話になっていました。 講師の方々の熱意と、効率的に絞り込まれた講義カリキュラムを体験済みでしたので、働きながらの受験には、学院受講は必須と考えていました。飽きっぽいので、絶対に1年で合格したいと思っていました。また、ライセンスアドバイザーの方から定期的に連絡をいただいていたのも理由の一つです。

■知識が整理できた気がします

具体的なエピソードはありませんが、実務で得た部分的な知識や勘のようなものが、今回の学習を通じて繋がった気がします。今後も新しい知識を増やしてネットワークのように広げていければと思います。

■教務スタッフ

受講期間を通じて一番長くお世話になり、ある意味講師の方々よりも受講生を見てくれて、努力や結果を一番把握していただけていたと思います。上手くいかないときは、その時期に陥りがちな状況や、対処方法などアドバイスいただくことで、迷いがなくなりました。

自分に合ったやり方を見つける福滿 奈々美さん
コース:1級建築士パーフェクト総合セット

■講師の存在

テキストやDVDなどで一方通行で教わるだけでなく、講師に直接質問でき、わからないことに対して理解が深まることが総合資格学院の最大の魅力だと考えました。

■コミュニケーションが円滑になる

建設業界共通の言語と知識を持つことができたことで、現業、構造・設備・電気設計などの社内打ち合わせ、お客さんとの会話、確認検査機関との協議など、スムーズになったと思います。

■自分より自分を信じてくれた方々の存在

自信がない私にとって粘り強く、「ぜったい大丈夫」と言い続けてくれた講師や教務スタッフの方々の存在がとても大きかったです。

■スケジュール管理をしてくれた

教務スタッフのみなさんが合格にもっとも合理的なスケジュールを組み、ひっぱっていってくれたことが、なにより大きな学習の助けとなりました。

合格を勝ち取るという強い気持ちを持ち続ける澤 克紀さん
コース:1級建築士総合セット

■会社同僚が利用していた実績と通学のしやすさ

独学で数回受験しましたが不合格が続いたことで限界を感じ、年齢的にもラストチャンスだと思い受講を決意しました。学院を選んだのは、会社の同僚何人かが学院を利用しており、実際に結果を出していたことや、大手ならではの安心感です。また、自宅から近い場所にあるため、通学しやすいこともメリットのひとつでした。

■知識の幅が広がった

学院で学んだことで知識の幅が広がりました。いままで以上に自信をもって仕事に取り組めるようになったと思います。

■楽しそうなバスツアー参加者を横目に見ながら合格への決意を胸に

学院が駅のロータリーに隣接しており、日帰りバスツアーの発着所になっていました。日曜コースであったこともあり、毎週のように朝は出発、夜は到着と学院の出入り口前付近にツアー参加者が集合。参加者たちが両手にお土産を抱え、楽しそうに話をしているのを横目に見ながら「早く合格して勉強漬けの生活から脱出するぞ!」と自分に言い聞かせていました。

■講師によるテキスト以外の指導

ライブ講義ではテキストに載っていないわかりやすい表現が、とてもタメになりました。聞いたそばからノートに書き、復習に役立てるようにしました。また、講義終了後の講師と受講生を交えた雑談のなかで出てくるアドバイスは、とても参考になりました。

最高の環境と仲間に恵まれ、全力疾走の1年間岩井 進太郎さん
コース:2級建築士総合セット

■合格率トップを生み出す、講師陣とテキストのすごさ

合格率がトップで、周囲の評判が高かったのが決め手。じつは約15年前に他校に通学し、学科試験を合格しましたが、製図の授業についていけず断念。総合資格学院は講師、テキストともに質が高く、わからないことがあってもきめ細かく指導してくれます。選んでよかったと感じています。

■法規的論議に強くなり、お客さまからの信頼アップにつながった

依頼主や行政の担当者と、建築条件や確認申請などの法規的論議をするときは、法令集で学んだ知識がそのまま活きてきます。複雑な法的問題も即答でき、信頼をつかむアドバンテージにつながりました。

■ともに学ぶ仲間と切磋琢磨しながら、合格をめざした

同クラスの受講生とは毎週のテスト結果を見せ合っては一喜一憂し、メンバー全員で合格したいという気持ちで取り組んでいました。ライバル意識をもちながら、切磋琢磨しあえる仲間ができたことは、勉強を続けるうえで大きな励みになりました。

コツコツ勉強を積み重ねること長尾 由子さん
コース:2級建築士総合セット

■先輩のススメ

1つ上の先輩から「独学だとサボってしまいがちになるから学校に通った方がいいよ」とアドバイスされており、実際にその先輩は、総合資格学院で2級建築士のコースを利用して資格を取得していたことから、経験者の言葉を信じて決めました。

■知識を実務に活かせた

学習した内容の話が、実際の物件にも出てきて、その知識を実務で活かすことができました。また勉強の一環として、業務の中で上司にいろいろと質問されて、それにもしっかりと応えることができたのでよかったです。

■設計製図試験対策

講師や他の受講生と一緒に製図課題に取り組むことで、自分では思いつかないようなプランを見ることがたくさんありました。それが結果的に試験へのモチベーションにもつながったと思います。

宅建士(宅地建物取引士)講座一覧
努力は嘘をつかない米田 直人さん
コース:宅建パーフェクト総合セット

平日は業務が忙しく、仕事と勉強を両立するには、重点を絞り、出題頻度が高い問題を集中して学習することができる総合資格学院に通うことだと思いました。

勉強だけでなく、仕事においても計画を立てて、目標に向かって努力する姿勢を身に付けることができたと思います。

同じ講義を受けている仲間同士で、切磋琢磨できたのがよかったと思います。

勉強した時間は裏切らない!安田 薫さん
コース:宅建パーフェクト総合セット

今までまったくの畑違いで仕事をしていたため、基本的な法律や建築業界の知識など、未知の世界。とにかく難しいイメージが先行して、これは人に教えてもらわないと理解できそうにないと感じました。しかしライブ講義がある学校は少なく、また小さい子供がいるため、子供を園に預けている間に行ける学校を探しました。その結果、平日の昼クラスがあった総合資格学院に決めました。

現時点ではまだ今の仕事に活かすまでには至っていません。
でも日常のニュースなどで、勉強したような単語が聞こえると、例えば「この場合の重過失はどんなレベルなんだろう…」など
と考えるようになりました。今まで何気なく聞いていた単語が意味がはっきりわかるものに変わると、面白いです。

勉強方法を教えてもらったこともそうですが、講義の中で、「これは法改正してからまだ出題されてないので出そうです」、「ここは毎年出てます」とか、「こういう問題には時間をかけずに後で戻ってくる」とか、出題傾向や解き方を教えてもらえるのは初学者にとってすごく助かりました。ふとした疑問も遠慮なく聞けて解決できましたが、独学では難しかったと思います。

最後まで諦めずやりきること!安井 志織さん
コース:宅建パーフェクト総合セット

2級建築士を受験する際に総合資格学院に通い、ライブ講義や教材・特別講座などがとてもよかったので、宅建士受験の際も通うこ
とを決めました。

友人から相続について話があり、ちょうど前日に講義で相続について習っていたので、習った知識でわかる範囲で話をしました。念のため次の週に講師に確認はとったのですが、自分の話した内容に間違いがなかったので、活かされているのかな……と少し思いました。

試験1か月前から急に自分が合格できるかどうかとても不安になり、勉強しても全く足りてないのではないかと焦っていた時期がありました。そんなとき講師や一緒に頑張ってきた仲間たちが励ましてくれました。直前は講師と学院のいうことだけを何回も繰り返ししていたのですが、信じてよかったと心から思います。

まわりの方々に感謝の気持ちでいっぱいです!下田 有紗さん
コース:宅建総合講座

現在の仕事内容は賃貸物件の仲介業務です。宅建士資格は今後もキャリアを積んでいくために必要な資格であり、会社からも大きな支援があったので受験しました。

これまではお客様に専門的なことを聞かれても答えることができず、いつも先輩社員に聞いていましたが、今ではほぼ誰にも頼らずに答えられるようになりました。

会社の同期6人と一緒に受講していましたので、毎週学生に戻ったような感覚で通っていました。仕事の内容など、同じ境遇の同期がいたので、途中であきらめずに勉強を続けられたのだと思います。

講師に直接教えてもらうことが合格への一番の近道山本 祐輔さん
コース:宅建パーフェクト総合セット

■講師に直接講義をしていただける

学生時に一度受験しましたが、勉強の仕方もよくわからず、応用問題に対応できませんでした。総合資格学院は、講師が直接講義をしてくださるので、合格に一番近い学校だと思い選びました。

■お客様に説明できる知識の習得

物件資料などの用途地域をお客様に尋ねられた時、その地域の特徴などを説明できました。

■勉強が楽しいと感じた

今までの人生で、あまり勉強をしたことがなかったのですが、学院で講義を受けて、わからない所がわかるようになり、勉強が苦にならなかったです。

ゼロからのスタートでも大丈夫です!!池田 舞さん
コース:宅建パーフェクト総合セット

■集団講義なのに各自のペースで学習できる

総合資格のいいところは、映像学習で自分のペースで予習してから、ライブ講義に入れる点だと思います。不動産業界のことに無知だった私は、映像を何度も一時停止をしながら一つ一つを理解して予習を行いました。予習もなくいきなりライブ講義だったら、完全には付いて行けずに取り残されていたかもしれません。講師の講義の前に予習するもよし、講義後に復習するもよし。納得、理解するまでに時間がかかる私にはぴったりだと思いました。

■これからです!

これから本格的に活用する時が来ると思いますので、責任感を持ち、試験は終わりましたが日々学習!と思い、取り組みたいと思っています。

■クラスの雰囲気

私は総合資格学院でのクラスの雰囲気がとても好きで、いい意味でリラックスしながら学習できたと思います。ピリピリしたり、緊張感がある雰囲気も大切だとも思いますが、クラスの中で励ましあったり、点数を競い合ったり、笑い合いながら切磋琢磨することが出来たので、途中でくじけたりプレッシャーに押しつぶされることなく、試験当日を迎えることが出来ました。

総合資格学院で勉強した1年間は楽しく、いい経験になりました。野口 鉄馬さん
コース:宅建パーフェクト総合セット

■講義以外のサポートも充実している

教務スタッフの方に定期的に声をかけていただけることが、モチベーションの維持につながり、学習を継続しやすいと感じました。また映像ブースで講義の予習・復習がいつでもでき、学校も夜の11時まで開いているので仕事終わりでも勉強をしに行くことができることが魅力でした。

■質問に答えることができるようになった

土地の話などをしている時、権利関係や都市計画法を勉強したおかげで、質問に答えることができるようになりました。講義中、講師に最終的には説明できるように勉強しなさいと言われ、実践してきたのでそれが仕事や日常でも活かされています。

■総合資格学院の他校生が自分を目標にしてくれていた

8月の模試で41点をとり、合格するだろうと勉強をサボってしまっていた時に、草津校の生徒が私を目標にし、点数を抜かすところまできていると講師から聞きました。それを聞いて負けず嫌いな私は、もう一度勉強に集中することができたので、身近なところに競える人がいてくれて本当に良かったです。総合資格学院の生徒には優秀な人が多かったのでそういう方達と切磋琢磨しながら勉強できる環境であることが総合資格学院のいい部分だと思っています。

まさかの一発合格に、本当にあきらめないで良かった吉川 恭子さん
コース:宅建パーフェクト総合セット

■ライブ講義に大きなメリットを感じ、即決

試験勉強のブランクもあり、時間はかけたくなったのでスクールを利用しようと考えました。そのなかでも、総合資格学院を選んだのはライブ講義。講師から直接教えてもらい、疑問点はその場で質問できる勉強法にメリットを感じ、学院に決めました。

■資格を武器に来春から始動予定!

2月には宅建登録講習を受け、春ごろには宅建士になることができると思うので、2級建築士と宅建士の資格を活かして新しい仕事を見つけようと考えています。そして、実家の工務店へ戻ったときに、すぐに戦力になれるよう経験を積んでおきたいと思っています。

■周りの人の応援や励ましが背中を押してくれた

学院で仲間ができ「みんなで合格がしたい」という気持ちがモチベーションになりました。「このペンが書きやすいよ」などちょっとした情報交換ができることも楽しかったです。試験当日も仲間が同じ会場にいたので心強く、リラックスして本番にのぞむことができました。そして、家族や友人、職場の同僚も応援してくれ、いろいろなことが最後まであきらめるな!と私の背中を押してくれたと思います。

土木施工管理技士講座一覧
やればできる!!間藤 卓さん
コース:2級土木施工管理 実地講座

独学ではなかなか試験に合格できませんでした。この状況を受け、会社がスクール利用を勧めてきたため、実績のある総合資格学院を選びました。

担当していた現場で、生コン打設があり、打設前の受入検査の内容が勉強した内容と一緒だったので、理解が早かったです。

受験期間中は仕事が忙しく、勉強時間を確保することが難しかったのですが、二日酔いだろうと何だろうと、総合資格学院の講座には出席しました。

真剣に取り組めば結果となってあらわれる紺野 秀芳さん
コース:1級土木施工管理 実地講座

初受験は独学で挑戦しましたが、1点不足で学科不合格。2年目からはどうにか学科は合格できるようになりましたが、自信満々で臨んだ実地試験で不合格。6年間落ち続け、会社から「いいかげん1級合格して欲しいから、総合資格学院に通って」と言われ受講を決めました。

担当した現場は産廃物を仮置きしなくてはならなかったため、学院で学んだ通りに囲い看板で設置して保管するようにしていました。役所の監督官に「ちゃんとしてるねえ」と褒めていただきました。

わからないことや、曖昧なままになっていることをそのままにせず、必ず質問用紙に書いて質問するように心がけていました。

講座の内容はすばらしい!やれば受かる!加藤 浩二さん
コース:1級土木施工管 実地講座

学科試験の際には他の資格学校に通っていたので、はじめはそちらで学習を続けることも考えていました。しかし、試験に失敗して何回も講座に通い続けることを考えたら、多少金額が高くても内容が充実していると思えた総合資格学院の講義で一発合格をめざす方がいいと考えて、受講を決めました。

実は、1級土木施工管理と並行して、1級管工事施工管理の講座も総合資格学院で受講していました。こちらも試験の手ごたえはばっちりだったと思います。次は1級建築施工管理技士を取得しようと、現在、学院の講座を受講しています。

試験前に映像ライブラリーを使って、講義の映像をはじめからすべて見直しました。特に、講義の終盤にある「重点事項復習講座」は何度も繰り返して視聴しました。学院の講義で学んだ内容をしっかり理解できていれば必ず合格できると思います。

建築系資格3年連続一発合格を実現した学院の学習システムに感動!西部 秀人さん
コース:1級土木施工管理 総合セット

総合資格学院で2級建築士、1級建築施工管理技士を2年つづけてストレート合格しており、絶大な信頼を寄せていたので、今回の1級土木施工管理技士もお世話になりました。自身が実際に合格しているので、ほかの資格学校を選ぶ理由はなかったですね。

名刺力が上がったと思います。資格名が3つ並んでいるので、名刺を渡した方からは「努力をされた方なんですね」「すごいですね」など、お声がけをいただくことが増えました。

学院で資格取得にチャレンジするのが、今回で3回目なので、まわりからも「取れて当然だ」と思われているところがあり、少々プレッシャーも感じましたが、自分自身も「学院のシステムに則って学習すれば合格できる」と確信していたので、気分的には比較的リラックスして学習でき、また試験に臨むことができました。

建築施工管理技士講座一覧
独学では気づけないところも気づかせてくれる!近藤 玲二さん
コース:1級建築施工管理 実地講座

実地の文章構成方法が全く分からなかったので、スクールを探していました。インターネットで合格実績の高い総合資格学院を見つけて、受講を決めました。

改修工事などでつかう数値や用語など、学院で学んだ内容がそのまま出てくることが多く、知識を直接活かすことができました。

講師に何度も予習復習が大事だと指導されました。はじめは文章の組み立て方ひとつ分からない状態でしたが、予習復習を繰り返すうちに、自身を持って講義を受けることができました。

自分を高めることができました杉原 恵里さん
コース:1級建築施工管理 実地講座

総合資格学院の講義の体験会に参加して、改めて実地の難しさを実感しました。学科は他の講習を経て合格できましたが、実地は過去問など見る限り、現状では厳しいと感じ、また、一発合格をなんとかしたいという思いから、実績もあり、2級建築士受験でお世話になった学院に通うことを決めました。

講義の内容は仕事にも活かせる内容が非常に多かったです。知識の底上げが図れたことで大きくスキルアップできたと思います。今後これを活かして、活躍ができる場を増やしていければと考えています。

通常の講義はしっかり受講するのはもちろん、仕事で移動時などの、ほんの少しの空いた時間を利用して勉強していました。子育てもひと段落しており、他の受験生よりは比較的時間があったと思います。

少ない工事経験でも対応できる山川 みなみさん
コース:1級建築施工管理 実地講座

入社してからいくつかの現場を経験してはいたのですが、改修の現場を見ることが多かったので、躯体などの分野についての知識は不足しているかなと感じていました。実地試験は記述で解答しなければならず、不安もあったので、添削指導の回数が多い総合資格学院の講座を受講しようと考えました。

学習した知識は、見積もりの仕事にもとても役立っていると思います。ひとつの工事の金額を出そうとしたら、はじめから最後まで工事の全ての要素が関わってくるのですが、試験前までは中身を知らなかった工程についても、今はどういうことを行っているのかイメージしながら業務を行えるようになりました。

自分の記述に対して、講師の方と話をする時間があったので、とても助かりました。「自分としてはこんなことを表現したいんだけど……」という記述に至るまでの部分は、文章で書いてもなかなか伝わらないと思うのですが、学院の講義では、講師の方から「これはどういう意図で書いたの」と質問してもらえたので、「それならば、こういう書き方がよいよ」と具体的な指導をいただくことができました。

周囲の人たちに協力してもらったからこそ合格までがんばれました倉田 喜代子さん
コース:1級建築施工管理 実地講座

2級建築士受験の際もお世話になった経験から、実技に関する指導に信頼があったので、今回もお世話になることを決めました。講師から直接、講義や添削指導が受けられること、そして添削回数の多さも決め手の一つとなりました。

いまはまだ仕事に活かせたエピソードはありませんが、マーケットの流れを見ても今後、リフォームの仕事が増えてくると思われます。事前知識として構造などをしっかり学習することができたの、近いうちにこの知識が役に立つ日がくると思います。

第1回目の講義から、講師の指導が非常に熱かったです(笑)。大規模な現場経験が少ないため、講義内容もわからないことだらけでした。講義中も「知らない……、見たことがない……」という内容には、できるだけイメージしやすいように、図や絵を駆使して丁寧に教えていただきました。

失敗を恐れない、大切なのはやる気!及川 周太さん
コース:2級建築施工管理 総合講座

仙台校は目の前に地下鉄の駅があるので、駅から数分で通うことができることが魅力的でした。通ってからは、スタッフの方々の合格に向けての熱意とパワーを感じ、総合資格学院で良かったと感じました。

いつも実務で携わっている内容以外の知識も豊富になり、業者によってことなる工法や仕事のやり方にも詳しくなりました。そういった知識が身についたことで、より良い仕事方法にも提案できるようになり、上司や職人さんたちからも評価してもらえることが増えました。

受験勉強をしているので、友達を会う時間を我慢することは仕方ないと割り切って勉強にのめり込みました。試験が終わったらすぐ友達と飲んだりして楽しみましたが、すぐ2級建築士の勉強をはじめたので、また我慢の日々に戻っています。

1日1日の時間を無駄にせず、今、自分ができることを精一杯やらなければならない吉田 正樹さん
コース:平成29年度受験 1級建築施工管理 総合セット

一昨年、2級建築施工管理技士受験でお世話になった総合資格学院さんでまた勉強を学びたいと思い決めました。2級受験時に色々な学校を比較して、一番良さそうと思ったのが学院とのおつきあいの始まりです。

1級建築施工管理技士の資格取得後、早速、仕事の受注が増えました。そのほかに、元請け会社から「うちの会社に入らないか」と言われたときには、驚いたと同時に資格の持つ力をあらためて感じました。

経験記述の授業のときに、みんなと答案用紙をシャッフルして指摘しあい、その後答案用紙を黒板に貼り付け、受講生、講師みんなで是正箇所を見つけあったことが印象的でした。

絶対合格したい、すると思う事が大事久堀 信也さん
コース:1級建築施工管理 総合セット

去年の総合資格学院の卒業生にお話しを聞いたところ、映像学習でなく講師・学院のスタッフの方達が、対面指導で熱心に一緒になって合格という目標を目指してくれると聞いたためです。

やはり、2級建築施工管理技士と1級建築施工管理技士とでは、全く価値が違い、1級建築施工管理技士が在籍しているので、受注できた事や、官公庁の入札条件に監理技術者が必要だったりと1級建築施工管理技士を取得した事により仕事の幅が広がりました。

講師ががんばれば必ず合格できると言ってました。学科試験で高得点を取れば、実地試験の合格率が高いと言われ「よし自分なりに一生懸命がんばろう」と誓い学習したのことを思い出します。

建築士講座一覧
目標に向かって努力することの大切さを実感できる貴重な機会桂 光咲さん
コース:2級建築士設計製図講座

学科は独学だったのですが、その際に市販の総合資格学院の教材を使用していました。職場の方のアドバイスもあって製図はスクールに通うことにしたのですが、学科の教材がわかりやすくて好きだったので、総合資格学院の製図講座を受講しようと思いました。

現在の業務で建築士の知識を使うことはありません。しかし、建築の仕事にも興味があるので、将来的に資格を実際に活かすチャンスがあればと期待しています。

講師はどこがどうダメなのか、明確にアドバイスしていただいて、常に正しい知識を身につけることができました。毎週、授業後の個人面談の際にはとことん質問につきあってもらったり、学習のアドバイスをもらったりしたので、目標がぶれることなくがんばることができました。

続きを読む

閉じる

やればやるほど自信になり夢は膨らむ長内 思央梨さん
コース:2級建築士総合セット(学科+製図)

学生の時、大学の先輩や教授のほとんどの方が総合資格学院で合格をしていたことを知り、勧められたこともあって、思いきって受講を決めました。また、受講内容が映像講義だけでなく、ライブ講義というところも魅力的で、私に合っていると思いました。

住宅のお引渡し等でお客様にさまざまなことを質問されることがあります。以前まで戸惑ってしまっていたことに自信をもって対応でき、的確に説明することができるようになりました。

やむなく友達の誘いを断り続け、自分自身と戦い続けました。いつしか周りも一緒に戦ってくれているかのようになっていて、大きな応援に支えられていました。講師の方や同じ目標に向かっている仲間の存在も力となり、ここまで来れたのだと思います。すべての試験を終えたときの解放感は本当に大きいものでした。

続きを読む

閉じる

本気で取り組めば、何歳だろうと合格できる。池田 宏さん
コース:2級建築士設計製図セット

年齢が年齢だけに、独学で建築士試験のための膨大な知識を学ぶのは困難だろうと思いましたし、日々の仕事と並行して自分で適切な教材を探して、勉強を続けていく自信もありませんでした。そこで会社の推薦校でもある総合資格学院にお世話になることにしたんです。

現在の職種・立場上、仕事の第一線ではなかなか活用できていないのですが、それでも住宅の現場で施工や法規に関する質問を受けたとき、以前であれば「会社としてはこうだ」という答え方しかできなかったのですが、学院で勉強をしたおかげで、今では自分の知識として答えることができるようになりましたね。

予想をはるかに超える学習内容に、何度も挫けそうになりました。そのたびに講師や学院スタッフの方々、さらに親子ほども年齢の離れた同クラスの受講生の方々に優しく励ましていただいて、何とか気持ちを立て直すことができ、年齢的なハンディを乗り越えていくことができました。

続きを読む

閉じる

「一発合格」という強い気持ちを持つことです桐生 良祐さん
コース:1級建築士総合セット

1級建築士を取るなら総合資格学院と、なぜか自分の中では決まっていました。一番は友人が全員学院で取ったからです。受講中もその友達とはいろいろと相談できましたし、過去に受講していた分、たくさんのアドバイスをもらうことができました。また、一緒に勉強する仲間がいることで自分自身の意識を高められると思ったのもあります。人から教わることができるというのも大きな決め手となりました。

特に法規では理解しているつもりでも、実際には曖昧だったり不安な部分があったりしました。建築をやっていく上では必要なものなので、改めて知識を確認することができて大変助かりました。また、転職活動の際にも1級建築士取得をめざしていることはとても強みになり、面接でも堂々と伝えることができました。

同じ受講生でも建築士の試験となればライバルでもあります。そのことを私自身の中では常に意識していました。毎回点数が貼り出されるので今自分の実力がどのくらいなのか、明確に知ることができました。もちろん一緒に勉強している仲間には全員合格してもらいたいという気持ちもありましたが、周りからのプッシュがあったおかげで、より勉強に取り組むことができました。

続きを読む

閉じる

妊娠・出産・育児の中で合格川合 友加里さん
コース:1級建築士総合セット

周りに受験者が多くいたため、独学生・他の資格学校利用生・総合資格学院生それぞれに直接話を聞くことができました。そのなかで前年に総合資格学院に通ってストレート合格していた友人から「学院は教材が良い」という情報をもらい、惹かれました。また、ライセンスアドバイザーの方が私の事情を親身に考えてくれ、学院なら通い続けることができると思いました。実際通ってみると、友人が言っていた良いとの情報は確かなものでした。原理や現象を理解させようとする教材です。建築士試験は年々新出問題が多くなっていますが、学院の教材できちんと理解しておけば十分対応できるものでした。

今年の製図の課題は「子供・子育て支援センター」でした。丁度、仕事復帰に向けて保育園を探しており、いくつか見学に行きました。製図の勉強では空間構成・安全性・防犯等、散々理想を追いかけていたためか、保育園見学でも自然とシビアにチェックしていました。

私の場合、授乳のため家に帰るので、講義を抜けることが度々ありました。途中から入室することになりますが、その都度講師の方がサポートしてくれて、講義についていけなくなるということがありませんでした。また忘れっぽい私にとって、質問がその場でできる環境はとても良かったと感じています。

続きを読む

閉じる

日々成長竹内 量治さん
コース:2級建築士設計製図講座

■ライセンスアドバイザーの自信と合格実績

総合資格学院でカリキュラム通りに学習を進めれば必ず合格できるという自信がライセンスアドバイザーから伝わり、自然にここで学べば合格できると思いました。もちろんそれだけではなく、過去の合格実績が背中を押してくれました。

■お施主さまとの会話に活かせた

学生時代から設計の課題は数多くこなしていましたが、住宅の課題は1つしかなかったように記憶しています。ハウスメーカーで技術者として仕事をするには知識不足でした。講座で一から住宅について学べたことで、お施主さまにできる話が増えました。もちろんこれだけでは不十分なので、今後も日々学習していきます。

■ライバルの存在が力に

講座がスタートしてまもなくは、課された課題をこなすだけでした。講座が進むにつれ、はじめ私よりも図面が描けなかったクラスメイトが目に見えるほど成長し、表情には出さないようにしていましたが、かなりのプレッシャーを感じていました。講座の後半からは常にクラスメイトを意識して「クラスで一番のエスキス、図面を描くぞ」という気持ちで毎週取り組みました。ライバルの存在が合格の一番の推進力だったと思います。

続きを読む

閉じる

自分を信じてやり抜くことの大切さを知りました!住田 裕美さん
コース:2級建築士短期必勝総合セット

■効率よく勉強するため

大学院生といっても、研究や設計課題に明け暮れる日々で勉強時間がなかなか確保できないのが実状です。総合資格学院は教材がわかりやすいうえ、講師が実際に目の前で講義を行ってくれるので、効率よく勉強することができると聞き、決めました。結果、学業と両立することができました。

■より実務的な思考で設計課題に取り組めるように

学習の前後で、大学での設計課題に対する取り組み方が変わりました。実務の知識がついたので、より現実的な思考で設計することができるようになりました。

■学科試験の直前まで2週間海外研修へ

学科試験3日前まで、2週間ほど学校行事で海外へ行くことになり、充分な勉強時間を確保できないまま、試験日を迎えたことは今でも印象に残っています。そのような中でも学院スタッフが一緒になって学習スケジュールを立ててくれたことが、合格へとつながったのではないかと思います。

続きを読む

閉じる

あきらめない!最後までがんばる!岩内 彩花さん
コース:2級建築士設計製図セット

大学4年生のときに、ライセンスアドバイザーと研究室でお会いしました。ライセンスアドバイザーの対応が非常に良く、結果的に同じ研究室の人全員で、特に迷うことなく2級建築士は総合資格学院で受講することに決めました。研究室以外にも、私の大学から何人か行っていたと思います。

「この高さまでは階に含まれない」などに気づいて、法令集を引けるようになりました。また、上司と仕事の会話をしているときに「○○は××だよね」と言われても、言葉の意味がわかるようになりました。法令集は今でも会社に置いて、よく利用しています。

1年目に学科を一緒に受験して合格していた友達が、何人かいたのですが、私だけが設計製図で不合格だったので、すごく悲しかったです。ただ、当時は悲しいよりも悔しい気持ちの方が勝っていたので、再び受験をすることに関しては、即決でした。

続きを読む

閉じる

最後まで諦めない。後悔しない。試験当日はベストの状態で挑むこと木村 健さん
コース:1級建築士設計製図セット

製図の講義は短期勝負のため、自分に合う講師を見つけることが、メリットのあることと考えました。自分の質問に対して明確な答えが返ってくるか、納得できるかがポイントだと思います。合格するためには、様々なスタッフや講師を捕まえることも必要だと思います。

ハウスメーカーに勤めているので、1級建築士の課題のようなあまり大規模な建築物は取扱いませんが、これ以上のものはないと言ってもいいぐらいの資格を取れたことは、今後の自分の仕事に大きく影響すると感じています。お客様からの信頼、社員や業者からの信頼が大切なこの仕事において、1級建築士という肩書は、信頼を勝ち取る非常に重要なものだと思います。

講義中の課題は時間を計って皆で行いますが、宿題は基本的に個人で行うことが多いです。少しでも多くの課題を時間内で効率良く、同じ環境で行うかが必要と考えました。試験を受ける会社のメンバーが偶然4人いたため、講義の前日に集まって時間内に宿題を解き、皆でディスカッションすることができました。気兼ねなく話せるメンバーだったので、いろんなアイデアや指摘が出て、それを翌日、学院の講義で講師に質問することで解決し、様々なことにも対応できる力が身に付いたと思います。

続きを読む

閉じる

学院でやれることは全てやり、不安をなくしました髙田 ひなこさん
コース:2級建築士総合セット

大学の一つ上の先輩方が1級建築士の試験に7人合格しており、その7人全員が総合資格学院でのストレート合格でした。身近な先輩方の経験談を聞いていたため、独学やほかの資格学校という選択肢はありませんでした。就職後、会社の先輩方から「総合資格学院は過去問の研究がほかの資格学校と比べられないほどよくされていて、講義の質が高い」と聞き、総合資格学院でよかったと改めて思いました。

法令集の引き方をマスターしたことで、法規に関して調べたいとき、すぐに対応ができていると感じます。また、製図ではキッチン、階段、リビングなどの有効寸法や、ベッド、机などのサイズをしっかり学んだことで、設計をするときに各々の間隔が身についたと思います。

社会人になって初めての連休。同期が旅行に行ったり、遊んだりして楽しくゴールデンウイークを過ごしているなか、私は復習をかねて映像ブースで講義のDVDをひたすら観て勉強をしていました。「来年は絶対楽しくゴールデンウィークを過ごす!」という思いでがんばりました。また、お盆も製図試験に向けて、一日中製図板に向かっていたのを覚えています。

続きを読む

閉じる

キャリアの土台となる「入社一年目のチャンス」を大切に内山 克典さん
コース:2級建築士総合セット

学生時代から教室の最前列に座って、教授とマンツーマンに近い雰囲気で講義を受けるのが自分のスタイルでした。それだけ集中力と理解力が格段に高まるからです。映像を流すだけの講義だと自分は怠けてしまうと考えたので、自分に厳しくするためにもライブ講義のある、総合資格学院を選びました。

学科の勉強は大学4年生からスタートしたので、入社後の現場研修は学んだことを自分の目で確認できる絶好のチャンス。専門職の方々とも会話がスムーズに進み、仕事を覚えるのも早かったと感じています。

教務スタッフのアドバイスを受けて、模試は1週間前から準備を進めました。本番も同様の流れをつくったので、万全の態勢で落ち着いて試験問題に向かうことができました。私のジンクスは、前日にステーキを食べること! 模試ではお腹を壊してしまったのですが、本番ではその点も気をつけました。

続きを読む

閉じる

資格は仕事をより楽しむためのツール三谷 有加さん
コース:2級建築士設計製図講座

会社に総合資格学院と他校の両方に通った経験のある先輩がいるのですが、その方から「製図から通うなら、実際に講師が直接教えてくれる総合資格がおすすめだよ」とアドバイスを受け、受講を決めました。見学時にお会いした講師の方も、親身に相談に乗ってくださり、セールス的なトークが一切なかったことも非常によい印象をもちました。

仕事で木造を担当した時、間取りを考える際に、製図の講義で身についた木造のスケール感が役立ちました。これまでは大学で学んだ程度の木造のルールしか知らず、間取りを考える際にも手が止まっていましたが、木造の建物のアイデアがたくさん浮かぶようになりました。

通っていた京橋校では、クラスでの会話も多く、普段から他の受講生と気軽に話せる雰囲気がありました。模試の時には、答案図面を皆で見せ合い、良いところや描くコツなどを話し合うなど、参考点を共有できたことがとても助けになりました。

続きを読む

閉じる

最後まであきらめないことが大切です古賀 穂香さん
コース:2級建築士短期必勝総合セット

会社に通いながら一人で勉強する自信がなく、また、学校に行くなら「一発で合格したい」と考えました。友人に誘われて一緒に総合資格学院に話を聞きに来たのですが、学院は、他校と比較して合格率がとても良かったため、受講することを決めました。

施工の現場に行ったときに、以前は、見ても何もわからないものばかりだったのですが、今では名前やその役割を理解したうえで、現場を見ることができるようになりました。わかることが嬉しくて、さらに建築が好きになりました。

お祭りや海水浴、バーベキューなど、世間が夏のイベントで盛り上がっている時期に、遊びたい気持ちを押し殺して、学院の机や自分の家にこもって勉強していました。しかし、その時間があったからこそ、合格できたのだと思うと、我慢した自分をとても誇らしく思います。

続きを読む

閉じる

一度はじめたら最後までやり通すことが大切!横山 咲苗さん
コース:1級建築士設計製図講座

■尊敬する先輩方にならって総合資格学院へ

職場の先輩がほぼ全員、1級建築士の資格を持っており、そのなかの多くが総合資格学院に通っていたため、受講を決めました。大学時代にゼミに出入りしていた学院のライセンスアドバイザーの方と顔なじみだったこともあり、より安心して通うことができました。

■現場管理の仕事で、施工で学んだ知識が活かせるように

職場が構造設計事務所のため、現場管理などの仕事では、施工の科目で勉強したことが役立っています。構造設計にはさらに資格があるので、1級建築士の取得はよいステップアップになったと思います。

■同じチームの仲間たちがよきライバルに

通いはじめてしばらくは、ただ講義を受けるだけでしたが、他の受講生とグループミーティングなどで話す機会が増えるにつれ、情報交換やアドバイスをし合うようになりました。また、講師がチーム内の模試順位を発表するなど、皆の競争意識を上手に煽ってくださり、自分のなかでも「絶対に一番になる」というやる気が高まりました。

続きを読む

閉じる

テキスト・学力試験・宿題は、合格への「三種の神器」吉田 惠美さん
コース:2級建築士合格力養成総合セット

■スタッフの熱意と、テキストのわかりやすさが決め手に

知人からの紹介で、総合資格学院の講座内容について説明を受ける機会があり、教務スタッフの方の熱意にふれて受講を決めました。また、講師から直接指導を受けられるライブ講義も魅力的で、テキストも非常にわかりやすく「これなら合格に近づける」と感じました。

■自信が仕事にも好影響をもたらすように

2級建築士の資格を得たことで、自信が芽生え、建物に関する重要な視点がより的確に把握できるようになった気がします。そんな内面の変化はふだんの仕事にもあらわれ、得意先様からお褒めの言葉をいただく機会も増えました。また、2級建築士だけでなく、今後は大学院に進んで1級建築士も目指そうかと思うようになりました。

■講師
講義時間を超えても嫌な顔ひとつせず、受講生が理解できるまでとことん指導してくださる姿に感動しました。その誠意と熱意に自分まで勇気づけられるようで、受験へのモチベーションをずっと燃やし続けることができました。

■合格ダイアリー
はじめはそれほど重要性を感じていませんでしたが、製図の講義が始まってからは、試験勉強のためのまとめノートとしてすごく重宝しました。毎回、講師や教務スタッフの方がアドバイスやメッセージも書いてくださり、「ちゃんと見てくれているんだ(一方通行じゃないんだ)」と嬉しくなりました。

続きを読む

閉じる

”どうしても受かりたい”という気持ちが大切でした益田 彩香さん
コース:2級建築士総合セット

■身近な存在

大学時代、ライセンスアドバイザーの方々が身近にいてくれたことが決め手でした。私の大学では、総合資格学院の講師を招いて2級建築士の講座を開講していたため、そこで存在を知りました。その時に、ライセンスアドバイザーと会う機会があり、話を聞いたり資料を多く頂いたりしていたので、特に迷うことなく通学を決めました。大学が忙しくて学院に通えないとき、資料を届けてくれたことは励みになりました。

■すべてが仕事の役に立つ

仕事をしていくなかで必要な知識ばかりを勉強するため、ほとんどの内容が、仕事で役に立つものでした。特に法令集に関しては、講義のなかで講師が引き方を教えてくれたので、今も職場に置いて活用しています。また、お客さまと打ち合わせしていくなかでも、知識を活用することができ、信頼につながっているように感じました。

■同じ目的を持った仲間

学院へ通うなかで友人ができたこと、また、学院のスタッフ(教務・ライセンスアドバイザー)の方々や、講師の方々がとても良い人が多く、安心して楽しく通えたことが特に印象に残っています。

続きを読む

閉じる

『虚心坦懐』~”素直に、焦らず”が結局近道でした佐伯 隆さん
コース:1級建築士総合セット

■飽きっぽいので1年で合格したかった

ずば抜けた合格率から、2級建築士の設計製図より総合資格学院にお世話になっていました。 講師の方々の熱意と、効率的に絞り込まれた講義カリキュラムを体験済みでしたので、働きながらの受験には、学院受講は必須と考えていました。飽きっぽいので、絶対に1年で合格したいと思っていました。また、ライセンスアドバイザーの方から定期的に連絡をいただいていたのも理由の一つです。

■知識が整理できた気がします

具体的なエピソードはありませんが、実務で得た部分的な知識や勘のようなものが、今回の学習を通じて繋がった気がします。今後も新しい知識を増やしてネットワークのように広げていければと思います。

■教務スタッフ

受講期間を通じて一番長くお世話になり、ある意味講師の方々よりも受講生を見てくれて、努力や結果を一番把握していただけていたと思います。上手くいかないときは、その時期に陥りがちな状況や、対処方法などアドバイスいただくことで、迷いがなくなりました。

続きを読む

閉じる

自分に合ったやり方を見つける福滿 奈々美さん
コース:1級建築士パーフェクト総合セット

■講師の存在

テキストやDVDなどで一方通行で教わるだけでなく、講師に直接質問でき、わからないことに対して理解が深まることが総合資格学院の最大の魅力だと考えました。

■コミュニケーションが円滑になる

建設業界共通の言語と知識を持つことができたことで、現業、構造・設備・電気設計などの社内打ち合わせ、お客さんとの会話、確認検査機関との協議など、スムーズになったと思います。

■自分より自分を信じてくれた方々の存在

自信がない私にとって粘り強く、「ぜったい大丈夫」と言い続けてくれた講師や教務スタッフの方々の存在がとても大きかったです。

■スケジュール管理をしてくれた

教務スタッフのみなさんが合格にもっとも合理的なスケジュールを組み、ひっぱっていってくれたことが、なにより大きな学習の助けとなりました。

続きを読む

閉じる

合格を勝ち取るという強い気持ちを持ち続ける澤 克紀さん
コース:1級建築士総合セット

■会社同僚が利用していた実績と通学のしやすさ

独学で数回受験しましたが不合格が続いたことで限界を感じ、年齢的にもラストチャンスだと思い受講を決意しました。学院を選んだのは、会社の同僚何人かが学院を利用しており、実際に結果を出していたことや、大手ならではの安心感です。また、自宅から近い場所にあるため、通学しやすいこともメリットのひとつでした。

■知識の幅が広がった

学院で学んだことで知識の幅が広がりました。いままで以上に自信をもって仕事に取り組めるようになったと思います。

■楽しそうなバスツアー参加者を横目に見ながら合格への決意を胸に

学院が駅のロータリーに隣接しており、日帰りバスツアーの発着所になっていました。日曜コースであったこともあり、毎週のように朝は出発、夜は到着と学院の出入り口前付近にツアー参加者が集合。参加者たちが両手にお土産を抱え、楽しそうに話をしているのを横目に見ながら「早く合格して勉強漬けの生活から脱出するぞ!」と自分に言い聞かせていました。

■講師によるテキスト以外の指導

ライブ講義ではテキストに載っていないわかりやすい表現が、とてもタメになりました。聞いたそばからノートに書き、復習に役立てるようにしました。また、講義終了後の講師と受講生を交えた雑談のなかで出てくるアドバイスは、とても参考になりました。

続きを読む

閉じる

最高の環境と仲間に恵まれ、全力疾走の1年間岩井 進太郎さん
コース:2級建築士総合セット

■合格率トップを生み出す、講師陣とテキストのすごさ

合格率がトップで、周囲の評判が高かったのが決め手。じつは約15年前に他校に通学し、学科試験を合格しましたが、製図の授業についていけず断念。総合資格学院は講師、テキストともに質が高く、わからないことがあってもきめ細かく指導してくれます。選んでよかったと感じています。

■法規的論議に強くなり、お客さまからの信頼アップにつながった

依頼主や行政の担当者と、建築条件や確認申請などの法規的論議をするときは、法令集で学んだ知識がそのまま活きてきます。複雑な法的問題も即答でき、信頼をつかむアドバンテージにつながりました。

■ともに学ぶ仲間と切磋琢磨しながら、合格をめざした

同クラスの受講生とは毎週のテスト結果を見せ合っては一喜一憂し、メンバー全員で合格したいという気持ちで取り組んでいました。ライバル意識をもちながら、切磋琢磨しあえる仲間ができたことは、勉強を続けるうえで大きな励みになりました。

続きを読む

閉じる

コツコツ勉強を積み重ねること長尾 由子さん
コース:2級建築士総合セット

■先輩のススメ

1つ上の先輩から「独学だとサボってしまいがちになるから学校に通った方がいいよ」とアドバイスされており、実際にその先輩は、総合資格学院で2級建築士のコースを利用して資格を取得していたことから、経験者の言葉を信じて決めました。

■知識を実務に活かせた

学習した内容の話が、実際の物件にも出てきて、その知識を実務で活かすことができました。また勉強の一環として、業務の中で上司にいろいろと質問されて、それにもしっかりと応えることができたのでよかったです。

■設計製図試験対策

講師や他の受講生と一緒に製図課題に取り組むことで、自分では思いつかないようなプランを見ることがたくさんありました。それが結果的に試験へのモチベーションにもつながったと思います。

続きを読む

閉じる

宅建士(宅地建物取引士)講座一覧
努力は嘘をつかない米田 直人さん
コース:宅建パーフェクト総合セット

平日は業務が忙しく、仕事と勉強を両立するには、重点を絞り、出題頻度が高い問題を集中して学習することができる総合資格学院に通うことだと思いました。

勉強だけでなく、仕事においても計画を立てて、目標に向かって努力する姿勢を身に付けることができたと思います。

同じ講義を受けている仲間同士で、切磋琢磨できたのがよかったと思います。

続きを読む

閉じる

勉強した時間は裏切らない!安田 薫さん
コース:宅建パーフェクト総合セット

今までまったくの畑違いで仕事をしていたため、基本的な法律や建築業界の知識など、未知の世界。とにかく難しいイメージが先行して、これは人に教えてもらわないと理解できそうにないと感じました。しかしライブ講義がある学校は少なく、また小さい子供がいるため、子供を園に預けている間に行ける学校を探しました。その結果、平日の昼クラスがあった総合資格学院に決めました。

現時点ではまだ今の仕事に活かすまでには至っていません。
でも日常のニュースなどで、勉強したような単語が聞こえると、例えば「この場合の重過失はどんなレベルなんだろう…」など
と考えるようになりました。今まで何気なく聞いていた単語が意味がはっきりわかるものに変わると、面白いです。

勉強方法を教えてもらったこともそうですが、講義の中で、「これは法改正してからまだ出題されてないので出そうです」、「ここは毎年出てます」とか、「こういう問題には時間をかけずに後で戻ってくる」とか、出題傾向や解き方を教えてもらえるのは初学者にとってすごく助かりました。ふとした疑問も遠慮なく聞けて解決できましたが、独学では難しかったと思います。

続きを読む

閉じる

最後まで諦めずやりきること!安井 志織さん
コース:宅建パーフェクト総合セット

2級建築士を受験する際に総合資格学院に通い、ライブ講義や教材・特別講座などがとてもよかったので、宅建士受験の際も通うこ
とを決めました。

友人から相続について話があり、ちょうど前日に講義で相続について習っていたので、習った知識でわかる範囲で話をしました。念のため次の週に講師に確認はとったのですが、自分の話した内容に間違いがなかったので、活かされているのかな……と少し思いました。

試験1か月前から急に自分が合格できるかどうかとても不安になり、勉強しても全く足りてないのではないかと焦っていた時期がありました。そんなとき講師や一緒に頑張ってきた仲間たちが励ましてくれました。直前は講師と学院のいうことだけを何回も繰り返ししていたのですが、信じてよかったと心から思います。

続きを読む

閉じる

まわりの方々に感謝の気持ちでいっぱいです!下田 有紗さん
コース:宅建総合講座

現在の仕事内容は賃貸物件の仲介業務です。宅建士資格は今後もキャリアを積んでいくために必要な資格であり、会社からも大きな支援があったので受験しました。

これまではお客様に専門的なことを聞かれても答えることができず、いつも先輩社員に聞いていましたが、今ではほぼ誰にも頼らずに答えられるようになりました。

会社の同期6人と一緒に受講していましたので、毎週学生に戻ったような感覚で通っていました。仕事の内容など、同じ境遇の同期がいたので、途中であきらめずに勉強を続けられたのだと思います。

続きを読む

閉じる

講師に直接教えてもらうことが合格への一番の近道山本 祐輔さん
コース:宅建パーフェクト総合セット

■講師に直接講義をしていただける

学生時に一度受験しましたが、勉強の仕方もよくわからず、応用問題に対応できませんでした。総合資格学院は、講師が直接講義をしてくださるので、合格に一番近い学校だと思い選びました。

■お客様に説明できる知識の習得

物件資料などの用途地域をお客様に尋ねられた時、その地域の特徴などを説明できました。

■勉強が楽しいと感じた

今までの人生で、あまり勉強をしたことがなかったのですが、学院で講義を受けて、わからない所がわかるようになり、勉強が苦にならなかったです。

続きを読む

閉じる

ゼロからのスタートでも大丈夫です!!池田 舞さん
コース:宅建パーフェクト総合セット

■集団講義なのに各自のペースで学習できる

総合資格のいいところは、映像学習で自分のペースで予習してから、ライブ講義に入れる点だと思います。不動産業界のことに無知だった私は、映像を何度も一時停止をしながら一つ一つを理解して予習を行いました。予習もなくいきなりライブ講義だったら、完全には付いて行けずに取り残されていたかもしれません。講師の講義の前に予習するもよし、講義後に復習するもよし。納得、理解するまでに時間がかかる私にはぴったりだと思いました。

■これからです!

これから本格的に活用する時が来ると思いますので、責任感を持ち、試験は終わりましたが日々学習!と思い、取り組みたいと思っています。

■クラスの雰囲気

私は総合資格学院でのクラスの雰囲気がとても好きで、いい意味でリラックスしながら学習できたと思います。ピリピリしたり、緊張感がある雰囲気も大切だとも思いますが、クラスの中で励ましあったり、点数を競い合ったり、笑い合いながら切磋琢磨することが出来たので、途中でくじけたりプレッシャーに押しつぶされることなく、試験当日を迎えることが出来ました。

続きを読む

閉じる

総合資格学院で勉強した1年間は楽しく、いい経験になりました。野口 鉄馬さん
コース:宅建パーフェクト総合セット

■講義以外のサポートも充実している

教務スタッフの方に定期的に声をかけていただけることが、モチベーションの維持につながり、学習を継続しやすいと感じました。また映像ブースで講義の予習・復習がいつでもでき、学校も夜の11時まで開いているので仕事終わりでも勉強をしに行くことができることが魅力でした。

■質問に答えることができるようになった

土地の話などをしている時、権利関係や都市計画法を勉強したおかげで、質問に答えることができるようになりました。講義中、講師に最終的には説明できるように勉強しなさいと言われ、実践してきたのでそれが仕事や日常でも活かされています。

■総合資格学院の他校生が自分を目標にしてくれていた

8月の模試で41点をとり、合格するだろうと勉強をサボってしまっていた時に、草津校の生徒が私を目標にし、点数を抜かすところまできていると講師から聞きました。それを聞いて負けず嫌いな私は、もう一度勉強に集中することができたので、身近なところに競える人がいてくれて本当に良かったです。総合資格学院の生徒には優秀な人が多かったのでそういう方達と切磋琢磨しながら勉強できる環境であることが総合資格学院のいい部分だと思っています。

続きを読む

閉じる

まさかの一発合格に、本当にあきらめないで良かった吉川 恭子さん
コース:宅建パーフェクト総合セット

■ライブ講義に大きなメリットを感じ、即決

試験勉強のブランクもあり、時間はかけたくなったのでスクールを利用しようと考えました。そのなかでも、総合資格学院を選んだのはライブ講義。講師から直接教えてもらい、疑問点はその場で質問できる勉強法にメリットを感じ、学院に決めました。

■資格を武器に来春から始動予定!

2月には宅建登録講習を受け、春ごろには宅建士になることができると思うので、2級建築士と宅建士の資格を活かして新しい仕事を見つけようと考えています。そして、実家の工務店へ戻ったときに、すぐに戦力になれるよう経験を積んでおきたいと思っています。

■周りの人の応援や励ましが背中を押してくれた

学院で仲間ができ「みんなで合格がしたい」という気持ちがモチベーションになりました。「このペンが書きやすいよ」などちょっとした情報交換ができることも楽しかったです。試験当日も仲間が同じ会場にいたので心強く、リラックスして本番にのぞむことができました。そして、家族や友人、職場の同僚も応援してくれ、いろいろなことが最後まであきらめるな!と私の背中を押してくれたと思います。

続きを読む

閉じる

土木施工管理技士講座一覧
やればできる!!間藤 卓さん
コース:2級土木施工管理 実地講座

独学ではなかなか試験に合格できませんでした。この状況を受け、会社がスクール利用を勧めてきたため、実績のある総合資格学院を選びました。

担当していた現場で、生コン打設があり、打設前の受入検査の内容が勉強した内容と一緒だったので、理解が早かったです。

受験期間中は仕事が忙しく、勉強時間を確保することが難しかったのですが、二日酔いだろうと何だろうと、総合資格学院の講座には出席しました。

続きを読む

閉じる

真剣に取り組めば結果となってあらわれる紺野 秀芳さん
コース:1級土木施工管理 実地講座

初受験は独学で挑戦しましたが、1点不足で学科不合格。2年目からはどうにか学科は合格できるようになりましたが、自信満々で臨んだ実地試験で不合格。6年間落ち続け、会社から「いいかげん1級合格して欲しいから、総合資格学院に通って」と言われ受講を決めました。

担当した現場は産廃物を仮置きしなくてはならなかったため、学院で学んだ通りに囲い看板で設置して保管するようにしていました。役所の監督官に「ちゃんとしてるねえ」と褒めていただきました。

わからないことや、曖昧なままになっていることをそのままにせず、必ず質問用紙に書いて質問するように心がけていました。

続きを読む

閉じる

講座の内容はすばらしい!やれば受かる!加藤 浩二さん
コース:1級土木施工管 実地講座

学科試験の際には他の資格学校に通っていたので、はじめはそちらで学習を続けることも考えていました。しかし、試験に失敗して何回も講座に通い続けることを考えたら、多少金額が高くても内容が充実していると思えた総合資格学院の講義で一発合格をめざす方がいいと考えて、受講を決めました。

実は、1級土木施工管理と並行して、1級管工事施工管理の講座も総合資格学院で受講していました。こちらも試験の手ごたえはばっちりだったと思います。次は1級建築施工管理技士を取得しようと、現在、学院の講座を受講しています。

試験前に映像ライブラリーを使って、講義の映像をはじめからすべて見直しました。特に、講義の終盤にある「重点事項復習講座」は何度も繰り返して視聴しました。学院の講義で学んだ内容をしっかり理解できていれば必ず合格できると思います。

続きを読む

閉じる

建築系資格3年連続一発合格を実現した学院の学習システムに感動!西部 秀人さん
コース:1級土木施工管理 総合セット

総合資格学院で2級建築士、1級建築施工管理技士を2年つづけてストレート合格しており、絶大な信頼を寄せていたので、今回の1級土木施工管理技士もお世話になりました。自身が実際に合格しているので、ほかの資格学校を選ぶ理由はなかったですね。

名刺力が上がったと思います。資格名が3つ並んでいるので、名刺を渡した方からは「努力をされた方なんですね」「すごいですね」など、お声がけをいただくことが増えました。

学院で資格取得にチャレンジするのが、今回で3回目なので、まわりからも「取れて当然だ」と思われているところがあり、少々プレッシャーも感じましたが、自分自身も「学院のシステムに則って学習すれば合格できる」と確信していたので、気分的には比較的リラックスして学習でき、また試験に臨むことができました。

続きを読む

閉じる

建築施工管理技士講座一覧
独学では気づけないところも気づかせてくれる!近藤 玲二さん
コース:1級建築施工管理 実地講座

実地の文章構成方法が全く分からなかったので、スクールを探していました。インターネットで合格実績の高い総合資格学院を見つけて、受講を決めました。

改修工事などでつかう数値や用語など、学院で学んだ内容がそのまま出てくることが多く、知識を直接活かすことができました。

講師に何度も予習復習が大事だと指導されました。はじめは文章の組み立て方ひとつ分からない状態でしたが、予習復習を繰り返すうちに、自身を持って講義を受けることができました。

続きを読む

閉じる

自分を高めることができました杉原 恵里さん
コース:1級建築施工管理 実地講座

総合資格学院の講義の体験会に参加して、改めて実地の難しさを実感しました。学科は他の講習を経て合格できましたが、実地は過去問など見る限り、現状では厳しいと感じ、また、一発合格をなんとかしたいという思いから、実績もあり、2級建築士受験でお世話になった学院に通うことを決めました。

講義の内容は仕事にも活かせる内容が非常に多かったです。知識の底上げが図れたことで大きくスキルアップできたと思います。今後これを活かして、活躍ができる場を増やしていければと考えています。

通常の講義はしっかり受講するのはもちろん、仕事で移動時などの、ほんの少しの空いた時間を利用して勉強していました。子育てもひと段落しており、他の受験生よりは比較的時間があったと思います。

続きを読む

閉じる

少ない工事経験でも対応できる山川 みなみさん
コース:1級建築施工管理 実地講座

入社してからいくつかの現場を経験してはいたのですが、改修の現場を見ることが多かったので、躯体などの分野についての知識は不足しているかなと感じていました。実地試験は記述で解答しなければならず、不安もあったので、添削指導の回数が多い総合資格学院の講座を受講しようと考えました。

学習した知識は、見積もりの仕事にもとても役立っていると思います。ひとつの工事の金額を出そうとしたら、はじめから最後まで工事の全ての要素が関わってくるのですが、試験前までは中身を知らなかった工程についても、今はどういうことを行っているのかイメージしながら業務を行えるようになりました。

自分の記述に対して、講師の方と話をする時間があったので、とても助かりました。「自分としてはこんなことを表現したいんだけど……」という記述に至るまでの部分は、文章で書いてもなかなか伝わらないと思うのですが、学院の講義では、講師の方から「これはどういう意図で書いたの」と質問してもらえたので、「それならば、こういう書き方がよいよ」と具体的な指導をいただくことができました。

続きを読む

閉じる

周囲の人たちに協力してもらったからこそ合格までがんばれました倉田 喜代子さん
コース:1級建築施工管理 実地講座

2級建築士受験の際もお世話になった経験から、実技に関する指導に信頼があったので、今回もお世話になることを決めました。講師から直接、講義や添削指導が受けられること、そして添削回数の多さも決め手の一つとなりました。

いまはまだ仕事に活かせたエピソードはありませんが、マーケットの流れを見ても今後、リフォームの仕事が増えてくると思われます。事前知識として構造などをしっかり学習することができたの、近いうちにこの知識が役に立つ日がくると思います。

第1回目の講義から、講師の指導が非常に熱かったです(笑)。大規模な現場経験が少ないため、講義内容もわからないことだらけでした。講義中も「知らない……、見たことがない……」という内容には、できるだけイメージしやすいように、図や絵を駆使して丁寧に教えていただきました。

続きを読む

閉じる

失敗を恐れない、大切なのはやる気!及川 周太さん
コース:2級建築施工管理 総合講座

仙台校は目の前に地下鉄の駅があるので、駅から数分で通うことができることが魅力的でした。通ってからは、スタッフの方々の合格に向けての熱意とパワーを感じ、総合資格学院で良かったと感じました。

いつも実務で携わっている内容以外の知識も豊富になり、業者によってことなる工法や仕事のやり方にも詳しくなりました。そういった知識が身についたことで、より良い仕事方法にも提案できるようになり、上司や職人さんたちからも評価してもらえることが増えました。

受験勉強をしているので、友達を会う時間を我慢することは仕方ないと割り切って勉強にのめり込みました。試験が終わったらすぐ友達と飲んだりして楽しみましたが、すぐ2級建築士の勉強をはじめたので、また我慢の日々に戻っています。

続きを読む

閉じる

1日1日の時間を無駄にせず、今、自分ができることを精一杯やらなければならない吉田 正樹さん
コース:平成29年度受験 1級建築施工管理 総合セット

一昨年、2級建築施工管理技士受験でお世話になった総合資格学院さんでまた勉強を学びたいと思い決めました。2級受験時に色々な学校を比較して、一番良さそうと思ったのが学院とのおつきあいの始まりです。

1級建築施工管理技士の資格取得後、早速、仕事の受注が増えました。そのほかに、元請け会社から「うちの会社に入らないか」と言われたときには、驚いたと同時に資格の持つ力をあらためて感じました。

経験記述の授業のときに、みんなと答案用紙をシャッフルして指摘しあい、その後答案用紙を黒板に貼り付け、受講生、講師みんなで是正箇所を見つけあったことが印象的でした。

続きを読む

閉じる

絶対合格したい、すると思う事が大事久堀 信也さん
コース:1級建築施工管理 総合セット

去年の総合資格学院の卒業生にお話しを聞いたところ、映像学習でなく講師・学院のスタッフの方達が、対面指導で熱心に一緒になって合格という目標を目指してくれると聞いたためです。

やはり、2級建築施工管理技士と1級建築施工管理技士とでは、全く価値が違い、1級建築施工管理技士が在籍しているので、受注できた事や、官公庁の入札条件に監理技術者が必要だったりと1級建築施工管理技士を取得した事により仕事の幅が広がりました。

講師ががんばれば必ず合格できると言ってました。学科試験で高得点を取れば、実地試験の合格率が高いと言われ「よし自分なりに一生懸命がんばろう」と誓い学習したのことを思い出します。

続きを読む

閉じる

スクール関連ページ

シカク情報部新着記事一覧
今年も開催!クリスマス スペシャルビンゴパーティー&英語でクリスマス・パーティー【子ども英会話のMLS】 今年も開催!クリスマス スペシャルビンゴパーティー&英語でクリスマス・パーティー【子ども英会話のMLS】 2018年11月16日
キャリアコンサルタント国家資格説明会・授業体験セミナー好評開催中!【新宿・銀座・横浜・渋谷・町田・大宮・柏・名古屋・大阪 他】 キャリアコンサルタント国家資格説明会・授業体験セミナー好評開催中!【新宿・銀座・横浜・渋谷・町田・大宮・柏・名古屋・大阪 他】 2018年11月16日
子どもと関わる仕事をしたい人のための【保育現場ですぐに役立つ】実践講座特集! 子どもと関わる仕事をしたい人のための【保育現場ですぐに役立つ】実践講座特集! 2018年11月15日
受講料20%OFFの移転キャンペーン~パソコンスクールアビバ&資格の大栄 新宿校限定・11月末まで~ 受講料20%OFFの移転キャンペーン~パソコンスクールアビバ&資格の大栄 新宿校限定・11月末まで~ 2018年11月12日
チャレンジし易さが魅力!年3回以上試験がある資格4選 チャレンジし易さが魅力!年3回以上試験がある資格4選 2018年11月06日

お電話からの[無料]資料請求

0120-789-760

BrushUP学び:9時から21時

ニュートン