face-1

資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

実務教育出版の口コミ・評判

実務教育出版

本校所在地: 〒163-8671 新宿区新宿1-1-12

開講ジャンル
地方公務員上級講座一覧
通学時間などの細かい時間を活用し、効率よく知識の定着を図りました。飯利 拓矢さん
コース:大卒程度公務員コース[地方上級・国家一般職大卒・市役所上級]

私が通信教育を選んだ理由の一つは、価格の安さです。勉強を始める前に様々な予備校などを調べましたが、実務教育出版の通信講座はその中でも特に低費用で学習することができ、選ぶきっかけとなりました。決め手となったのは自分と同じく公務員試験を受験予定の友人がこの通信講座を利用していたことです。教材の質が良いと薦められたので、受講を決めました。自分の生活に合わせて勉強することが出来るので、大学の授業やアルバイトとも両立することができました。

教材は、テキストとワークがあります。テキストはコンパクトで持ち運びが簡単です。通学時間などの細かい時間を活用してテキストを熟読することにより、知識の定着ができました。テキストもワークも分量がちょうどよく、この二つを繰り返して学習することにより、基礎は完璧になりました。その後、過去問に取り組むことで、本番に通用する実力が身についたと思います。ほかにも面接試験対策ブックやJサイトを活用することで、試験全体の情報を得ることもできました。

公務員試験は、筆記試験、論文試験、面接試験や場合によっては集団討論も乗り越えなければなりません。結果が出るまでの時間もかかり、精神的にもつらいと思います。しかし、自分の計画をしっかりと立て、適度に休憩しつつコツコツと学習を続けていけば、必ず結果を,出すことができるはずです。自分のペースで合格を目指しましょう!

計画性、問題演習、スキマ時間の活用を意識し、自分と教材を信じて、やり遂げました。藤井 綾子さん
コース:大卒程度公務員コース[地方上級・国家一般職大卒・市役所上級]

私が通信講座を選んだのは、自分のペースで効率的に勉強を進めたかったからです。所属するサークルが大学4年生の3月の卒業まで活発に活動するサークルなので、それとの両立が受験勉強において一番重要なことでした。予備校などの利用はスケジュール的に厳しく、独学も考えましたが、最終的には重要部分がコンパクトにまとまった教材と論文添削に魅力を感じ通信講座を選びました。

1つは計画性です。教材が届いてまず1年の計画を立て、そこから1か月の計画や1日のノルマも割り出しました。また1か月ごとに計画の修正も行いました。2つめは演習重視の勉強です。通信講座のワークはよく出る問題がピックアップされているので、問題を解いてわからなかったところをテキストで確認することで、効率的に勉強が進められたと思います。3つめはスキマ時間の活用です。テキストやワークは市販のものよりコンパクトなので持ち歩きやすく、電車の中などのスキマ時間でも勉強できました。

予備校などの利用がなく、1人で勉強するとその分不安に感じることも多いかもしれませんが、自分自身と使っている教材を信じることが大切です! 皆さんの合格をお祈りしています。

とにかく納得するまで根気強く続け、諦めなければ必ず結果はついてきます。宮下 卓也さん
コース:大卒程度公務員コース[地方上級・国家一般職大卒・市役所上級]

私が通信講座を勉強法として選んだ理由は、価格が通学制や他の通信講座に比べ手頃だったからです。私は大学4年生の時に公務員試験を独学で勉強して受験しましたが、不合格でした。一度は諦めようと思いましたが、一度目指したことを途中で諦めたくないと思い、もう1年勉強しようと決意しました。インターネットで「通信講座」を検索した結果、実務教育出版の実績を知り、受講することにしました。

勉強方法は、とにかく毎日繰り返し問題を解いたり、テキストを何度も読み返しました。2年目ということで何が何でも合格したい思い、暇があれば勉強していました。しかし、なかなか成績が上がらず悩むことも何度もありました。そんな時は通信講座の一般質問を活用し、励ましの言葉をいただき何とか最後までやり遂げることができました。もちろん勉強のわからないところも質問ができ、わかりやすく丁寧に教えていただきました。また、実務教育出版で発行されているスーパー過去問ゼミを活用することにより、さらに深いところまで学習することができました。

これから受験される皆さんには、とにかく根気強く諦めないでほしいと思います。公務員試験は出題範囲が多く、期間も長いです。受験勉強中はもう無理だと思うことも何度もあるかと思います。しかしとにかく続けて、自分が納得するまで努力すれば、必ず結果がついてくると思います。悩んだ時には、質問をすればどんなことにも親身になって答えてくれます。諦めずに頑張ってください。

開講ジャンル
地方公務員上級講座一覧
通学時間などの細かい時間を活用し、効率よく知識の定着を図りました。飯利 拓矢さん
コース:大卒程度公務員コース[地方上級・国家一般職大卒・市役所上級]

私が通信教育を選んだ理由の一つは、価格の安さです。勉強を始める前に様々な予備校などを調べましたが、実務教育出版の通信講座はその中でも特に低費用で学習することができ、選ぶきっかけとなりました。決め手となったのは自分と同じく公務員試験を受験予定の友人がこの通信講座を利用していたことです。教材の質が良いと薦められたので、受講を決めました。自分の生活に合わせて勉強することが出来るので、大学の授業やアルバイトとも両立することができました。

教材は、テキストとワークがあります。テキストはコンパクトで持ち運びが簡単です。通学時間などの細かい時間を活用してテキストを熟読することにより、知識の定着ができました。テキストもワークも分量がちょうどよく、この二つを繰り返して学習することにより、基礎は完璧になりました。その後、過去問に取り組むことで、本番に通用する実力が身についたと思います。ほかにも面接試験対策ブックやJサイトを活用することで、試験全体の情報を得ることもできました。

公務員試験は、筆記試験、論文試験、面接試験や場合によっては集団討論も乗り越えなければなりません。結果が出るまでの時間もかかり、精神的にもつらいと思います。しかし、自分の計画をしっかりと立て、適度に休憩しつつコツコツと学習を続けていけば、必ず結果を,出すことができるはずです。自分のペースで合格を目指しましょう!

続きを読む

閉じる

計画性、問題演習、スキマ時間の活用を意識し、自分と教材を信じて、やり遂げました。藤井 綾子さん
コース:大卒程度公務員コース[地方上級・国家一般職大卒・市役所上級]

私が通信講座を選んだのは、自分のペースで効率的に勉強を進めたかったからです。所属するサークルが大学4年生の3月の卒業まで活発に活動するサークルなので、それとの両立が受験勉強において一番重要なことでした。予備校などの利用はスケジュール的に厳しく、独学も考えましたが、最終的には重要部分がコンパクトにまとまった教材と論文添削に魅力を感じ通信講座を選びました。

1つは計画性です。教材が届いてまず1年の計画を立て、そこから1か月の計画や1日のノルマも割り出しました。また1か月ごとに計画の修正も行いました。2つめは演習重視の勉強です。通信講座のワークはよく出る問題がピックアップされているので、問題を解いてわからなかったところをテキストで確認することで、効率的に勉強が進められたと思います。3つめはスキマ時間の活用です。テキストやワークは市販のものよりコンパクトなので持ち歩きやすく、電車の中などのスキマ時間でも勉強できました。

予備校などの利用がなく、1人で勉強するとその分不安に感じることも多いかもしれませんが、自分自身と使っている教材を信じることが大切です! 皆さんの合格をお祈りしています。

続きを読む

閉じる

とにかく納得するまで根気強く続け、諦めなければ必ず結果はついてきます。宮下 卓也さん
コース:大卒程度公務員コース[地方上級・国家一般職大卒・市役所上級]

私が通信講座を勉強法として選んだ理由は、価格が通学制や他の通信講座に比べ手頃だったからです。私は大学4年生の時に公務員試験を独学で勉強して受験しましたが、不合格でした。一度は諦めようと思いましたが、一度目指したことを途中で諦めたくないと思い、もう1年勉強しようと決意しました。インターネットで「通信講座」を検索した結果、実務教育出版の実績を知り、受講することにしました。

勉強方法は、とにかく毎日繰り返し問題を解いたり、テキストを何度も読み返しました。2年目ということで何が何でも合格したい思い、暇があれば勉強していました。しかし、なかなか成績が上がらず悩むことも何度もありました。そんな時は通信講座の一般質問を活用し、励ましの言葉をいただき何とか最後までやり遂げることができました。もちろん勉強のわからないところも質問ができ、わかりやすく丁寧に教えていただきました。また、実務教育出版で発行されているスーパー過去問ゼミを活用することにより、さらに深いところまで学習することができました。

これから受験される皆さんには、とにかく根気強く諦めないでほしいと思います。公務員試験は出題範囲が多く、期間も長いです。受験勉強中はもう無理だと思うことも何度もあるかと思います。しかしとにかく続けて、自分が納得するまで努力すれば、必ず結果がついてくると思います。悩んだ時には、質問をすればどんなことにも親身になって答えてくれます。諦めずに頑張ってください。

続きを読む

閉じる

スクール関連ページ