お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

フードアナリストの資格取得を目指せる学校・スクール選びならBrushUP学び!

> > フードアナリスト

2016.11.26
更新

消費者の視点で食と食空間を評価する

フードアナリスト

通学講座を探す

フードアナリストとは?

フードアナリストとは、レストランや飲食店を格付けする知識と素養を持ち、食と食空間を評価・分析する専門家のこと。あくまで消費者側に立って飲食店を利用し、食事やサービス内容、店の雰囲気や安全性などを総合的に評価します。

フードアナリスト資格ガイド

どんな仕事・資格?

フードアナリストとは、レストランや飲食店を格付けする知識と素養を持ち、食と食空間を評価・分析する専門家のこと。飲食店側に立ってメニュー開発などを行うフードコーディネーターとは異なり、あくまで消費者側に立って飲食店を利用し、食事やサービス内容、店の雰囲気や安全性などを総合的に評価します。資格としては日本フードアナリスト協会が主催する「フードアナリスト検定」があります。

活躍の場

フードアナリストが実際の評価・分析活動を行うのは、もちろん飲食店の中になります。ただし、その評価・分析結果のレポート先は、飲食店の場合もあれば、フードアナリスト協会が運営する格付けサイトや、雑誌・新聞・ミニコミ誌などの場合もあり、仕事の種類によって様々です。フードアナリストとしての評価が高まってくれば、ミステリーショッパー(覆面調査員)として店舗調査や、店舗のプロデュースを依頼される可能性もあります。

こんな人が向いています

フードアナリストにとって最も大切なのは、食べることが好きなことと、素晴らしい飲食店について情報を発信したいという情熱です。そして食と食空間を客観的に評価するために、調理・栄養学・フードコーディネート・テーブルコーディネート・インテリア・ホスピタリティなど幅広い分野に関する知識が欠かせません。
さらに評価や分析の結果は格付けサイト用のレポートや、雑誌・新聞・ミニコミ誌などの記事としてまとめる必要があるため、自分が感じたり考えたことを的確に伝える表現力も求められます。

[ 人気開講エリア ]

目黒区 渋谷区

通学講座を探す

フードアナリスト 参考データ

資格・試験名 フードアナリスト検定試験
主催団体 日本フードアナリスト協会
受験資格 18歳以上(2級は3級取得が必要。1級は2級取得が必要)
合格率 約50〜60%
検定料 4級検定試験:7,560円
2級二次試験:1科目5,400円、2科目10,800円
問い合わせ先 日本フードアナリスト協会

関連資格・試験データ

フードアナリスト検定試験 フードアナリストを名乗るには【日本フードアナリスト協会】が認定をした養成講座で一定のカリキュラムを修了し修了試験に合格することによって取得出来ます。但し4級はフードアナリスト検定試験を受験して合格すると資格取得出来ます。資格の取得は4級からスタートします。3級以上の資格については、2次試験(3級小論文・2級検定試験)での合格が必要となります。

通学講座エリア一覧

関東
東京都区内
近畿
大阪府

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!

フードアナリストの試験合格、資格取得、転職を目指すなら、資格の「BrushUP学び」

「BrushUP学び」は、自分を磨いて"オリジナルな幸せ探し"を応援するスクール情報サイトです。
フードアナリストの資格情報をはじめ、全国67,000件以上の情報から無料で資料請求できます。


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.