お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

ペットシッターの仕事内容

> > ペットシッターの仕事内容

2016.07.27
更新

ペットシッターの仕事内容

ペットシッターは、飼い主が世話できない期間お宅に伺いペットの世話をする仕事です。認知度はこれから高まると予想できます。扱う動物の種類は犬や猫だけではありません。お世話の内容も多岐に渡ります。ペットシッターの仕事内容についてご紹介します。

通学講座を探す通信講座を探す

ペットシッターの仕事内容

どんな仕事?

ペットシッターという言葉を初めて聞いた人も多いのではないでしょうか。確かにまだ日本では欧米ほどに認知されていない職業ですが、今後期待度が高まりそうな仕事です。

ベビーシッターは、親などの依頼者が何らかの理由で子供をみることができない時間にお宅に伺って子供の世話をしますが、それのペット版がペットシッターだと言うと分かりやすいでしょう。旅行や仕事などの都合でペットの世話ができない飼い主にかわって、飼い主のお宅に伺ってペットの世話をするのがペットシッターです。

不在中にペットを預かってくれるペットホテルを利用する人もいますが、普段と変わらない環境にペットを居させてあげたいという人がペットシッターを頼むということも増えています。

仕事の範囲

ペットシッターが扱う動物の範囲は、犬や猫に加え、ウサギや熱帯魚、それに爬虫類や両生類など多岐に渡ります。ペットシッターは、それらの動物のえさやり・水の交換・散歩・トイレの手入れ・遊びなど、飼い主との打ち合わせの時に依頼されたお世話を行います。

介護が必要なペットの世話も引き受けているペットシッターも多くいます。ペットシッターに頼む際は時間あたりで料金が決まっていることが多く、延長が必要な場合も相談にのってくれます。簡単な家事の依頼についても引き受けているペットシッターは多いです。

ペットシッターはペットに関して様々な知識を持っているため、飼い主に飼い方などのアドバイスをすることもあります。

ドッグトレーナーとの違い

トイレや散歩、そして留守番などのしつけを犬に対して行うのがドッグトレーナーです。

家庭にお邪魔して犬などの動物に触れるという点ではペットシッターも同じですが、ドッグトレーナーはしつけを行うという点でより専門性が高いと言えます。また、ペットシッターは犬だけではなく様々な種類の動物を相手にしますが、ドッグトレーナーがトレーニングするのは犬だけです。
ペットシッターとドッグトレーナーの両方を看板にかかげて開業している人もたくさんいます。ペットが日本人にとってなくてはならないものになってきた昨今、どちらも期待度が高まっている職業です。

ペットシッターのやりがい

ペットシッターの仕事は、動物が好きな人にとってはとてもやりがいの大きい仕事です。ペットは同じ種類でもその個体によって個性は様々です。その個性に合ったお世話をした結果ペットになついてもらえた時などは、ペットシッターがやりがいを感じる場面のひとつでしょう。

また、ペットシッターを頼む飼い主は、ペットの世話をできない何らかの理由を抱えています。事情としては旅行や入院・仕事の関係など様々ですが、その飼い主の役に立てるということもペットシッターのやりがいの一つです。ペットシッターはペットという一つの命と留守宅を預かる仕事ですから、簡単な仕事ではありません。だからこそペットシッターの仕事はやりがいも大きいと言えるでしょう。

[ 人気開講エリア ]

新宿区

通学講座を探す通信講座を探す

ペットシッター関連情報

通学講座エリア一覧

関東
東京都区内
東海
愛知県
近畿
大阪府
中国
広島県
九州
福岡県

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.