お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 9時〜21時

プチ稼ぎもできる自宅開業のポイント、教えます

ホーム > 特集記事を読む > プチ稼ぎもできる自宅開業のポイント、教えます

手に職をつけて自宅開業を目指すあなたへ

今結婚や出産後の女性に増えている自宅開業。今回は、多くの女性の自宅開業をサポートしてきたアドバイザーに自宅開業のポイントをお伺いしました。
さらに実際に開業を成功させた方へのインタビューや、自宅開業が目指せるおすすめの資格スキルやスクールも紹介します!

今回お話を頂いたのは…福島美穂さん

女性起業家のための集客・経営アドバイザー

中小企業診断士・産業カウンセラー・着付け師 ホームページ:http://ameblo.jp/miho-daily/

東京生まれ。大学卒業後、放送局に入社。企業広報・IR活動に携わり、その取り組みが評価を受け社長賞を受賞。
独立への思いから通い始めた起業塾で多くの女性起業家・経営者と出会い、プロモーション活動に従事し評価を得る。
その後中小企業の後継者支援のコンサルティング会社に転職し、2013年には会社勤務の傍ら女性起業家支援を本格的に開始。多くのセミナーやコンサルティングを行う。
2014年「心に寄り添うコンサルティング」をモットーに、仕事も家庭も大切にしながら、しっかり稼げる女性になるための起業塾を立ち上げて活動中。無料メールセミナー「 女性起業家のための集客・経営のはじめかた」も好評。

今、自宅開業を目指す女性は増えています

現在自宅開業を目指す女性は増えており、その中には積極的に自宅開業を選ぶ方と、そうでない方がいらっしゃいます。結婚や妊娠で離職し、資格を取得したのちに「自分でやりたい」という積極的な方や、「何かやりたいけれど、店舗を借りる余裕はない」と考える方、子育て中で、在宅の必要があるため自宅開業を選ぶ方など目指す理由は様々です。中には、働きたくても子どもを外に預ける先が見つからないなどの理由から選ばれる方もいらっしゃいます。
しかしいずれも、「自分で何かやりたい」という想いが根底にはあるように思います。 自分の持っているスキルや興味があること学んで、自分のペースで仕事にできるという点に、魅力を感じられているのではないでしょうか。

自宅開業イメージ
自宅開業のメリット・デメリットは?
メリット・デメリット

自宅開業のメリットはやはり自宅が利用できることです。店舗を借りなくて良いので、家賃などの費用を抑えることができます。
また、家事や育児中の方も時間がとりやすく、家にいながら自分のペースで仕事ができるところもメリットになります。
一方で自宅だと、公私混同しやすいのがデメリット。始める前からデメリットを理解し、問題を防ぐことが大切です。

ここに注意!自宅開業を始める際に、意識しておくポイント
「公私を分けること」
自宅だと、公私混同してしまいがちです。きちんと続けたい場合は、時間や費用を分けるように意識してください。
「時間を決めること」
お客様に長居されがちです。終了時間を明確にして、商品やサービスを提供するように心掛けてください。
「安くしすぎないこと」
「自宅だから」「自信が無いから」「お友達だから」と言った理由で、安価に設定してしまう場合があります。赤字になってしまうと、いくら好きなことでも、ご自身がすり減ってしまい続けにくくなってしまいます。正当な対価を提示することをお勧めします。
自宅開業までに必要なプロセスは?
提供する商品のスキルを学ぶ ビジネスモデルを考える〈誰に・何を・どのように〉 想定するお客様に合わせて、提供する商品・メニュー・価格などを決める 想定するお客様にWEBやリアルの場でアプローチする 自宅の中で、お客様を迎え入れるスペースを確保する 最寄り駅や玄関からお客様の場所までの導線を確認しておく 必要なものがあればリスト化して買いそろえる サロン・教室オープン!

ネイルやマッサージのサロンをオープンするにも、料理教室や書道教室など教室を始めるにも、まずはスキルの習得が必要です。スクールや通信講座等で、しっかりとスキルを身につけましょう。開業が目指せる資格・スキル情報はコチラ>>
開業までにはしっかりとビジネルモデルを考え、ターゲットに合わせたメニューを作りましょう。また、ただ待っていてもお客様はいらっしゃいません。しっかりと集客を行い、さらにお客様を迎え入れる体制を整えておくことが大切です。

開業が目指せる 資格・スキル情報へ
抑えるべきポイントとメッセージ
家族の理解を得ておく
…まず、ご家族の理解を得ておきましょう!また、お客様がいらっしゃる日程は事前に伝えておきましょう。
公私を分ける
…お客様を迎え入れるスペースと、プライベートスペースを明確にしておきましょう。
家族の理解を得ておく
…HPやブログに住所のすべては掲載せず、お申し込みが合った方にのみ詳細をお伝えするようにしましょう。
家族の理解を得ておく
…美容系など機械を使うようであれば、特におすすめします。

自宅開業するために資格スキルを身につけることはもちろん大事ですが、 資格を取っただけではお客様は来てくださいません。
あなたのファンを作るつもりで、ブログなどを通じて想いなどを発信されることをお勧めします。

また、自宅開業であっても、開業するということに変わりはありません。
「開業届を出す」「売上と費用を把握する」なども、大切なことです。
(なお、扶養は金額の問題であり、開業届を出した途端に扶養から外れるというわけではありません)
あなたのやりたいことを実現するために、応援しています!

開業が目指せる資格・スキル情報はこちら

実際に自宅開業を成功させた方にインタビュー
岡 綾美さん
岡 綾美さん

27歳で黒崎えり子ネイルビューティーカレッジに入学。在学中は、同校で開催される「eriko Cup」のアートチップアワード部門にて2年連続で入賞。また、ネイリスト技能検定1級等の資格も取得。卒業後はネイルサロンでの勤務を経て、2014年に自宅ネイルサロン「Crystal Solea -クリスタルソレア-」をオープン。

なぜ自宅でネイルサロンをオープンしようと
思ったのですか?

元々趣味でイラストを制作するのが好きだったのですが、「このスキルを一生続けられる仕事として何か活かせないか」と考えたのがきっかけで、ネイリストを目指すことになりました。ネイルの勉強を始めた当初から、最終的な目標は自宅サロンのオープンでした。サロンの内装やお客様をお迎えする環境、施術の流れまで、自分のこだわりやポリシーをお客様にご提供できる自宅サロンというのは、とても魅力的だと感じていたからです。

自宅サロンをオープンするにあたり
苦労したことやエピソードはありますか?

開業をすると決めて何よりも行ったのは、他のネイルサロンへのリサーチです。メニューの価格だけでなく、技術、サービス、インテリアなど、実際に出向いてたくさんのサロンを見て回りました。参考にしたいものや、「お客様」の立場で感じたことなどを持ち帰り、自分の構想をブラッシュアップしてより良いサロンを作ることを常に意識しています。
ただ、より多くのサロンに行きたいがために月に5店舗以上に行ったこともあり、その時期はお財布が悲鳴をあげていましたね(笑)。

自宅サロンをオープンして
良かったと思うことはなんですか?

一番は、自分のこだわりをそのまま形にした環境で仕事ができることです。例えばインテリアやサンプルチップのディスプレイ方法ひとつとっても、自由な発想で「ネイルサロン」という作品を作っていけることが私にとって大きな喜びです。
また、他の仕事との両立がしやすいところも大きな魅力です。趣味だったイラスト制作も、最近ではお仕事も少しずつ頂けるようになり、ネイルの仕事と両立できる毎日がとても充実しています。
時間が自由な分自分に厳しくする必要もありますが、自分のやりたいことを諦めずに続けていけるのは、自宅サロンという環境のおかげだと思います。

自宅開業を目指す方へのメッセージや
今後の目標を教えて下さい

自宅サロンは自由であると同時に、続けていくことの難しさも感じることもあります。常に最新の情報をキャッチするアンテナを張り、技術の向上にも貪欲でなければお客様に満足して頂けるネイリスト、ネイルサロンであり続けることはできないと思います。確かな技術と知識を持ち、お客様に対して誠実なネイリストでいられるよう、これからもたくさんのものを吸収して、私だけの小さな一部屋のお城を大切に育てていきたいと思っています。
これから自宅開業をされる方々が、素敵なサロンを開かれることを祈っています!

岡さんの自宅サロン NailSalon Crystal Solea -クリスタルソレア-
NailSalon Crystal Solea -クリスタルソレア-

[住所]埼玉県戸田市美女木東
(※住所詳細はご予約の際にご連絡いたします)

[HP]
http://ayami0904.wix.com/crystal-solea

◆ご予約はHP内のお問い合わせフォームからお願い致します。
[岡さんが学んだスクール] 黒崎えり子ネイルビューティーカレッジ

講師は学院長の黒崎えり子をはじめ、コンペ入賞者など経験豊富な現役ネイリスト。サロンワークで即戦力となる技術やアートを丁寧にレクチャー。個別の自宅サロン開業サポートで、卒業後も安心です!

依田 抄智子さん
依田 抄智子さん

保育園の保育スタッフとして働きながら、32歳で服部栄養専門学校の夜間コースに入学。
卒業後、大手料理教室のキッズクラスの講師の勤務を経て、2008年に自宅で子ども料理教室「宮崎台KITCHEN HOUSE」を立ち上げる。

なぜ子ども料理教室を主催しようと
思ったのですか?

保育士の仕事をしている時に「子ども達にわたしが小さい頃から大好きだった料理の楽しさを伝えたい」と思い始め、夜間コースもあった服部専門学校に入学しました。卒業後大手料理教室のキッズクラス講師として働く中で、子ども達に苦手な食材が多く、偏食が多いことを感じました。それをきっかけに「子どもたちが楽しく料理を学べる自分らしいレシピを伝えたい」と思い、料理教室を立ち上げました。
レッスンでは、調理のほかにテーマの食材の勉強として食育の時間を設けています。自宅教室をやることで地域に貢献したり、教室に通っている子どもたち、子育て中のママ達の交流の場となれば嬉しいです。

どのようにして生徒を集めましたか?
また、レッスンはどのくらいのペースで行っていますか?

教室を立ち上げた当初は、数回近所にチラシを投函しました。その後は自宅前に置いてある手製の看板を見て、参加してくれた生徒さんもいます。最近はリピーターの生徒さんとお友達のご紹介、口コミでご参加される方が多いです。教室ブログの次回レッスンのおしらせを見てご連絡くださる方もいます。
現在月に2〜3回開講しながら、年に数回レッスン後のお楽しみ会として、子どもたちとバルーン作りを行っています。

料理教室を始めて良かったと思うこと、
また苦労したことはなんですか?

レッスン後に「またレッスンに参加したい!」「楽しかった!」という子どもたちの声を聞くと、本当に嬉しくやりがいを感じますし、レッスン中の子どもたちのたくさんの笑顔も、わたしの原動力になっています。また、今まで食べられなかった食材が自分で作ることで食べられるようになり、食べるきっかけになったという子どもたちも多く、食の大切さを伝えるこの仕事にやりがいを感じます。
毎月のレシピの考案や行事ごとのメニュー作りなど、レッスン時間以外に費やす時間も多く大変な面もありますが、工夫を凝らした分子どもたちや親御さんに喜んでいただけるのは嬉しいですね。

自宅開業を目指す方へのメッセージや、
今後の目標を教えて下さい

まずはどんな形でも始めてみることをおすすめします。一回のレッスンに心を込めて楽しいレッスンをすれば、自然と生徒さんも増えていくと思います。また、おもてなしの気持ちを忘れないこと。来てくださる方に感謝の気持ちを忘れないことも大事だと思います。
現在一歳の息子を育てる中で、あらためて乳幼児期からの食のかかわり方が大事だと感じ、幼児食アドバイザーの資格取得を目指して勉強を始めました。子育てをしながら資格の勉強は大変ですが、一年以内に資格を取得したいと思っています。そして今の目標は、ママと子どもたちのためのレシピ本を出版することです。

依田さんの自宅子ども料理教室 宮崎台KITCHEN HOUSE
宮崎台KITCHEN HOUSE

[住所]神奈川県川崎市宮前区
(※住所詳細はお申込の際にご連絡いたします)

[教室ブログ]
http://ameblo.jp/chikono/

◆お申込はブログ内に記載されているメールよりお願い致します。
[依田さんが学んだスクール] 服部栄養専門学校

校長・服部幸應の提唱する「食育」に基づき、健康や安全・環境のことも考えた食の知識や技術が基礎から学べます。最短1年で調理師資格が取得できるコース(昼間・夜間)をはじめ、趣味としての料理教室も開催。

ページ上部へ▲

開業が目指せる資格・スキル

ネイル

道具と技術さえあれば自宅開業が目指せるネイルのお仕事。元々ネイルが好きで「好きな人ことを仕事にしたい」方や、アートやイラストを描くなど、創ることが好きな方におすすめです。ネイルスクールでは開業サポートを行っているスクールも多く、中には託児所付きのスクールもあるので、結婚や出産後に始めたい方でも安心。
また、コンセプトやインテリアなど自分だけのオリジナルのサロンにできることも魅力の1つです。

自宅でネイルサロンを開いている働くママのインタビュー記事はこちら>>

自宅開業イメージ

料理・食育

自宅開業はもちろん、家族の健康管理など自分の生活にも役立つ知識を得ることができる、料理系のスキル。 ケーキやパンなどを販売したり、食育や食材の知識を活かしてご近所の方やこども達に教えるなど様々な方法での開業が目指せます。調理師や食育アドバイザーを始め、様々な資格が存在しますので、取得を目指しながら学習することもおすすめです。

自宅開業イメージ

書道講師

近年の美文字ブームで、今では子どもだけではなく大人になってから習う方も増えている書道。学ぶことで自分も書道を楽しみながら、資格取得も目指せます。自宅で教室を開くには、スクール等で書道師範資格取得をするのが一般的です。書道が好きな方はもちろん、人に教える事が好きな方にもおすすめの仕事です。

自宅で書道教室を開いている方のインタビュー記事はこちら>>

自宅開業イメージ

セラピスト・整体・マッサージ

開業する方多数の人気の手に職系スキル。施術する場所と自分の技術があれば開業が目指せます。オイルトリートメントやリフレクソロジー、整体やカイロプラクティックなど、様々な技術が存在するので、まずはいくつかのスクールの体験会や説明会に参加して、自分が習得する技術を決めるのがおすすめです。多くのスクールでは開業サポートも行っているので安心です。

自宅でサロンをオープンしている方のインタビュー記事はこちら>>

自宅開業イメージ

着付け

年齢問わず楽しめ、自分でも着られるようになっておきたい着付け。学ぶことで、自宅で自分や人の着付けを行うことはもちろん、人に教える教室を開くことも可能です。自宅で着付けをしたり教室を開くのに必ず必要な資格はありませんが、一般的にはスクールや協会等で免許を取得し、教室を開く事が一般的です。

自宅開業イメージ

プチ稼ぎできるスキルは開業以外にも!主婦の副業におすすめの資格を紹介!>>

ページ上部へ▲

  • をはてなブックマークに追加

会社概要広告掲載について利用規約プライバシーについてWEBライター募集WEBデザイナー募集

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.