資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

土地家屋調査士岡山県の講座一覧

土地家屋調査士の通学講座を岡山県で探すならBrushUP学びがとても便利です!今開講しているおすすめ講座を一覧で比較しており、現在2件の土地家屋調査士講座を資料請求できます。費用や開講日程だけでなく、夜間・土日の対応、分割払いについて、教育訓練給付金の有無なども併せて確認するとよいでしょう。

[ 続きを読む ]

岡山県の土地家屋調査士の受講料金は、15,000円~。標準学習期間は、1ヶ月~です。
岡山県は、中国地方南東部にあり、兵庫県・鳥取県・広島県と接しています。人口は191万人 全国第20位で、県庁所在地は岡山市。地域で「晴れの国おかやま」とアピールするほどに晴れの日が多く、温暖な気候です。この気候を活かし、白桃、ぶどうなどの生産が盛んです。工業関連では帆布の生産量が全国1位です。また、国産ジーンズ発祥の地という特徴があげられます。新幹線が通っているため関西や九州エリアとのアクセスが良好。香川県などの四国エリアへも瀬戸大橋によって通いやすくなっています。 岡山県にある土地家屋調査士講座をお探しの場合は、下部のリンクから希望のエリアを選択してください。

  • 2

調査士試験におけるすべての基礎から学べる安心・充実のプレミアムコース

土地家屋調査士本科コース
  • 日建学院
  • 費用: 410,400
  • 期間:約9ヶ月
  • 分割 土日開講 夜間開講
[岡山県]土地家屋調査士本科コースの講座イメージ
  • 資格:土地家屋調査士
  • エリア:岡山県(岡山市北区,倉敷市,津山市)

初学者から上級者まで
■必要知識のみを徹底的に身に付ける基本を確実に身につける基礎力養成講義から、実力を蓄える本講義へと進み、5月からは答練講義が始まります。学習範囲をむやみに広げるのではなく、本試験で得点に結びつくテクニックを限られた時間で最大限修得すること目的とした「短期合格」を目指す講座です。

■全84回オリエンテーション1回、基礎力養成講義12回、入門講義6回、本講義理論編31回、本講義書式編15回、公開模擬試験1回、答練講義12回(特訓答練6回、直前決戦答練6回)、ポイント講義6回 ...

◆知識・スキルの総仕上げ◆

土地家屋調査士答練コース
  • 日建学院
  • 費用: 194,400
  • 期間:約3ヶ月
  • 分割 土日開講 夜間開講
[岡山県]土地家屋調査士答練コースの講座イメージ
  • 資格:土地家屋調査士
  • エリア:岡山県(岡山市北区,倉敷市,津山市)

本試験の直前期に行わなければならない全てが詰め込まれた全受験生必須の12回お一人ずつの学習環境を確保した個別ブースで、ご自分のスケジュールで受講ができます。個別ブース無料体験のお申込みはお気軽に日建学院各校まで!当学院の答練は全12回という回数の多さを活用し、目的別に前半「特訓答練」と、後半「直前決戦答練」に区分しております。これにより、時期・学習段階に応じた適切な本試験シミュレーションを可能としました。

■前半「特訓答練」 4.5間×6回 試験攻略のための時間配分及び時間短縮、試験テクニッ ...

  • 2

関連ページ

市区町村
中国・四国エリア
関連ジャンル

岡山県の関連ページ

岡山県で講座数が多い市区町村ランキング

試験データ

項目 内容
資格・試験名 土地家屋調査士
試験日

【2019年度(令和元年)試験(筆記)】
2019年10月20日(日)

【2019年度(令和元年)試験(口述)】
2020年1月23(木)

試験区分 国家資格
主催団体 法務省
受験資格 1.年令、性別、学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。
2・測量士、測量士補、一級建築士もしくは二級建築士となる資格を有する者又は午前の部の試験について筆記試験に合格した者と同等以上の知識及び技能を有する者として法務大臣が認定した者(筆記試験に合格した者を除く。以下「認定者」といいます。)は、その申請により午前の部の試験が免除されます。
合格率 7~9%程度
出題内容・形式 筆記試験:
不動産の表示に関する登記につき必要と認められる事項であって、次に掲げるもの
(1)民法に関する知識
(2)登記の申請手続(登記申請書の作成に関するものを含む)及び審査請求の手続に関する知識
(3)土地及び家屋の調査及び測量に関する知識及び技能であって、次に掲げる事項
ア.平面測量(トランシット及び平板を用いる図根測量を含む)
イ.作図(縮図及び伸図並びにこれに伴う地図の表現の変更に関する作業を含む)
(4)その他土地家屋調査士法第3条第1項第1号から第6号までに規定する業務を行うのに必要な知識および能力

口述試験:
筆記試験の(2)および(4)の事項について
検定料 8,300円
問い合わせ先 各地の法務局・地方法務局の総務課(問い合わせ)
http://www.moj.go.jp/shikaku_saiyo_index5.html
東京都の場合
東京法務局
〒102-8225 東京都千代田区九段南1-1-15 九段第2合同庁舎
TEL:03-5213-1234(代表)

土地家屋調査士の資料請求者属性データ

性別 男:64.71%   女:35.29%  

年齢 19歳以下:8.02%   20-24歳:9.63%   25-29歳:16.04%   30-34歳:10.16%   35-39歳:9.63%   40-44歳:19.79%   45-49歳:3.74%   50-54歳:11.76%   55-59歳:7.49%   60-64歳:0.00%   65歳以上:3.74%  

職業 会社員:42.25%   公務員:1.07%   教員・団体職員:3.74%   自営業:5.35%   アルバイト・パート:3.21%   派遣・契約社員:6.42%   専業主婦:2.14%   高校生:0.00%   専門学校生:0.00%   短大生:0.00%   大学生/大学院生:8.56%   無職:0.53%   その他:2.14%   回答なし:24.60%  

地域 北海道・東北:16.04%   関東:24.60%   甲信越:2.14%   北陸:3.21%   東海:12.83%   近畿:9.63%   中国:1.60%   四国:4.81%   九州・沖縄:25.13%