資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

土木施工管理技士岡山県の講座一覧

土木施工管理技士の通学講座を岡山県で探すならBrushUP学びがとても便利です!今開講しているおすすめ講座を一覧で比較しており、現在2件の土木施工管理技士講座を資料請求できます。費用や開講日程だけでなく、夜間・土日の対応、分割払いについて、教育訓練給付金の有無なども併せて確認するとよいでしょう。

[ 続きを読む ]

岡山県の土木施工管理技士の受講料金は、27,000円~。標準学習期間は、2ヶ月~です。
岡山県は、中国地方南東部にあり、兵庫県・鳥取県・広島県と接しています。人口は191万人 全国第20位で、県庁所在地は岡山市。地域で「晴れの国おかやま」とアピールするほどに晴れの日が多く、温暖な気候です。この気候を活かし、白桃、ぶどうなどの生産が盛んです。工業関連では帆布の生産量が全国1位です。また、国産ジーンズ発祥の地という特徴があげられます。新幹線が通っているため関西や九州エリアとのアクセスが良好。香川県などの四国エリアへも瀬戸大橋によって通いやすくなっています。 岡山県にある土木施工管理技士講座をお探しの場合は、下部のリンクから希望のエリアを選択してください。

土木施工管理技士 岡山県

[ 他の都道府県を選択 ]

岡山市北区 倉敷市 津山市

  • 2

合格講座・直前講座で万全の学科試験対策

[1級土木施工管理技士] 学科短期集中コース

  • 日建学院
  • 費用: 275,000
  • 期間:約4ヶ月
  • 分割 土日開講 夜間開講
[岡山県] [1級土木施工管理技士] 学科短期集中コースの講座イメージ
  • 資格:1級土木施工管理技士
  • エリア:岡山県(岡山市北区,倉敷市,津山市)

短期集中学習で、1級土木施工管理技士 学科試験の一発合格を狙います。経験豊富な専門講師陣による講義で、試験のポイントを丁寧に解説。工夫を凝らした理解しやすい映像講義なので、知識がしっかり定着します。また、繰り返し再生が可能ですので理解できるまでじっくり学べます。

■日建の『個別型学習』のポイント■
個別ブースでの学習は、自分で通学したい日時で自由に受講が可能です(詳細は、各教室にお問い合わせ下さい)。

学科試験対策及び実地試験対策・模擬試験・実地演習問題解説で一発合格を目指す

[2級土木施工管理技士] 短期集中コース

  • 日建学院
  • 費用: 242,000
  • 期間:約4ヶ月
  • 分割 土日開講 夜間開講
[岡山県][2級土木施工管理技士] 短期集中コースの講座イメージ
  • 資格:2級土木施工管理技士講座
  • エリア:岡山県(岡山市北区,倉敷市,津山市)

短期間の集中学習により、2級土木施工管理技士 本試験(学科・実地)の一発合格を狙います。経験豊富な専門講師陣による講義で、試験のポイントを丁寧に解説。工夫を凝らした理解しやすい映像講義なので、知識がしっかり定着します。また、繰り返し再生が可能ですので理解できるまでじっくり学べます。

■日建の『個別型学習』のポイント■
個別ブースでの学習は、自分で通学したい日時で自由に受講が可能です(詳細は、各教室にお問い合わせ下さい)。

  • 2

通信

【通信】土木施工管理技士受験合格講座(1級/2級)

  • ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』
  • 費用: 27,000
  • 期間:約4ヶ月
【通信】土木施工管理技士受験合格講座(1級/2級)講座イメージ
  • 資格:1級土木施工管理技士 2級土木施工管理技士

土木工事には多くの専門技術者がかかわり、その国家資格試験を受験するにあたっては、受験に備えた学習が欠かせません。1級・2級土木施工管理技士受験合格講座は、テキスト・過去問題集等にプラスして、提出用レポート・質問券といった相方向性のツールが加味された学習システムです。教本を主とした系統立てた学習ができること、提出用レポートにより客観的な評価が得られることが長所です。 

1級土木施工管理技士受験合格講座は、学科試験と実地試験に分かれた教材(テキスト・レポート)で、「1級土木工事」試験合格に必要な実 ...

通信

1級土木施工管理技士  本科(学科+実地)

  • 日本教育開発
  • 費用: 153,000
  • 期間:約3ヶ月
  • 分割
1級土木施工管理技士  本科(学科+実地)講座イメージ
  • 資格:1級土木施工管理技士

★試験にでるポイントを要領よく押さえ、最短距離をいく学習方法をとっていますので、短期間で合格できる指導を行っています。 

通信

2級土木施工管理技士  本科(学科+実地)

  • 日本教育開発
  • 費用: 122,000
  • 期間:約3ヶ月
  • 分割
2級土木施工管理技士  本科(学科+実地)講座イメージ
  • 資格:2級土木施工管理技士

★試験にでるポイントを要領よく押さえ、最短距離をいく学習方法をとっていますので、短期間で合格できる指導を行っています。 

通信

1級土木施工管理技士  実地対策科

  • 日本教育開発
  • 費用: 44,000
  • 期間:約2ヶ月
  • 受講条件
1級土木施工管理技士  実地対策科講座イメージ
  • 資格:1級土木施工管理技士

分かりやすい用語やネットワーク等の説明、入念な施工作文添削指導で合格へ導きます。工事経験・現場管理経験が少ない方でも大丈夫です。

通信

2級土木施工管理技士  実地対策科

  • 日本教育開発
  • 費用: 29,700
  • 期間:約2ヶ月
  • 受講条件
2級土木施工管理技士  実地対策科講座イメージ
  • 資格:2級土木施工管理技士

分かりやすい用語やネットワーク等の説明、入念な施工作文添削指導で合格へ導きます。工事経験・現場管理経験が少ない方でも大丈夫です。

土木施工管理技士関連エリア・ジャンル

市区町村
中国・四国エリア
関連ジャンル

土木施工管理技士の関連資格 × 岡山県

岡山県で土木施工管理技士の講座数が多い市区町村ランキング

試験データ

項目 内容
資格・試験名 土木施工管理技術検定
試験日

【令和元年度 2級 学科試験(前期試験)※種別を土木のみとする】
2019年6月2日(日)

【令和元年度 2級 学科・実地試験、学科試験(後期試験)】
2019年10月27日(日)

【令和元年度 1級 学科試験】
2019年7月7日(日)

【令和元年度 1級 実地試験】
2019年10月6日(日)

試験区分 国家資格
主催団体 国土交通省
受験資格 2級土木施工管理技術検定試験の場合
実務経験が、以下のうち、いずれか1つの条件を満たすこと
・最終学歴が大学の場合:指定学科卒業後1年以上/指定学科以外卒業後1年6ヶ月以上
・最終学歴が短期大学・高等専門学校の場合:指定学科卒業後2年以上/指定学科以外卒業後3年以上
・最終学歴が高等学校の場合:指定学科卒業後3年以上/指定学科以外卒業後4年6ヶ月以上
・最終学歴が上記以外の場合:8年以上
※指定学科とは、土木工学・都市工学・衛生工学・交通工学および建築学に関する学科をいう

※2006年より指定学科を専攻した卒業見込みの学生であれば実務経験がない人でも2級の学科試験のみ(種類は土木に限定)受験できるようになりました。
合格率 -
出題内容・形式 2級土木施工管理技術検定試験の場合

出題形式
・学科:択一式で解答はマークシート方式
・実地:記述

出題内容
【土木の場合】
 学科試験:土木工学等/施工管理法/法規
 実地試験:施工管理法
【鋼構造物塗装の場合】
 学科試験:土木工学等/鋼構造物塗装施工管理法/法規
 実地試験:鋼構造物塗装施工管理法
【薬液注入の場合】
 学科試験:土木工学等/薬液注入施工管理/法規
 実地試験:薬液注入施工管理法
検定料 1級:学科試験 8,200円
   実地試験 8,200円
2級:学科・実地試験 8,200円
   学科試験のみ:4,100円
   実地試験のみ:4,100円
問い合わせ先 一般財団法人 全国建設研修センター
試験業務局土木試験部土木試験課
http://www.jctc.jp/exam
〒187-8540 東京都小平市喜平町2-1-2
TEL:042-300-6860

土木施工管理技士の資料請求者属性データ

性別 男:69.91%   女:30.09%  

年齢 19歳以下:0.00%   20-24歳:11.95%   25-29歳:8.85%   30-34歳:14.60%   35-39歳:14.16%   40-44歳:17.70%   45-49歳:13.27%   50-54歳:11.95%   55-59歳:6.64%   60-64歳:0.44%   65歳以上:0.44%  

職業 会社員:41.15%   公務員:0.00%   教員・団体職員:0.00%   自営業:19.03%   アルバイト・パート:2.65%   派遣・契約社員:0.44%   専業主婦:0.00%   高校生:0.00%   専門学校生:0.00%   短大生:0.00%   大学生/大学院生:8.85%   無職:0.44%   その他:7.96%   回答なし:19.47%  

地域 北海道・東北:11.50%   関東:34.07%   甲信越:1.77%   北陸:0.00%   東海:4.42%   近畿:13.27%   中国:9.29%   四国:0.88%   九州・沖縄:24.78%