資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

臨床心理士埼玉県の講座一覧

臨床心理士の通学講座を埼玉県で探すならBrushUP学びがとても便利です!今開講しているおすすめ講座を一覧で比較しており、現在1件の臨床心理士講座を資料請求できます。費用や開講日程だけでなく、夜間・土日の対応、分割払いについて、教育訓練給付金の有無なども併せて確認するとよいでしょう。

[ 続きを読む ]

埼玉県の臨床心理士の受講料金は、145,000円~。標準学習期間は、6ヶ月~です。
埼玉県は、関東地方中央部に位置し、東京都・千葉県・茨城県・栃木県・長野県・山梨県と接しています。人口は728万人、全国第5位で、県庁所在地はさいたま市。東京への通勤者が多く、京浜東北線、埼京線、東武東上線など、東京都心部に繋がる路線が多くあります。東京で働く方が多い一方で県内生産も高く、全国上位の生産性を誇ります。さいたま市や川口市などがある東南部は人口が多く、秩父などがある西部は自然が多く残り、自然を活かした観光スポットがあります。 埼玉県にある臨床心理士講座をお探しの場合は、下部のリンクから希望のエリアを選択してください。

臨床心理士 埼玉県

[ 他の都道府県を選択 ]

さいたま市大宮区

  • 1

ニーズ急増の、EAPやメンタルヘルスカウンセリングの資格・仕事を詳しく解説。授業体験付。

【1日完結】EAPカウンセラー授業体験セミナー

  • リカレント メンタルヘルススクール
  • 費用: 0
  • 期間:約0ヶ月
  • 土日開講 夜間開講
[埼玉県]【1日完結】EAPカウンセラー授業体験セミナーの講座イメージ
  • エリア:埼玉県(さいたま市大宮区)

ストレスや新型うつ病など、メンタルヘルス対策は企業にとっても欠かせないものとなっています。
セミナーでは、企業のメンタルヘルス対策や、カウンセラーの仕事に興味をお持ちの方に、働く人の健康づくりを支援するEAP(従業員支援プログラム)と、関連する仕事や資格、業界の展望などについてお話いたします。
また、メンタルヘルスや心理カウンセリング、短期療法、アセスメントなど、働く人のメンタルヘルス対策に欠かせないスキル・知識についても詳しく解説いたします。
ふるってご参加ください!

  • 1

通信

【聖徳大学通信】心理学科(3年次編入)

  • 聖徳大学通信教育部
  • 費用: 190,100
  • 期間:約24ヶ月
  • 分割 スクーリング 受講条件
【聖徳大学通信】心理学科(3年次編入)講座イメージ
  • 資格:公認心理師(大学での学習課程)、認定心理士、心理相談員、図書館司書、学芸員、心理学学士

○平成30年度から公認心理師(大学での学習課程)カリキュラム対応
○目的に応じた5専修の科目を準備。心理学の幅広い領域を心理支援専修、危機管理専修、家族支援専修、産業・社会心理専修、教育・発達心理専修に分類。専修を組み合わせて履修することが可能です。複数の専門性を持ち、さまざまな現場で力を発揮することができます。
○すでに他の大学で2年分の単位を修得されている方や、短期大学を卒業している方は、3年次への編入学が可能。必要な科目のみを効率よく学習し、最短2年で卒業することができます。
○科目終了 ...

臨床心理士関連エリア・ジャンル

市区町村
関東エリア
関連ジャンル

臨床心理士の関連資格 × 埼玉県

埼玉県で臨床心理士の講座数が多い市区町村ランキング

試験データ

項目 内容
資格・試験名 臨床心理士
試験日

【令和2年度臨床心理士資格認定試験(筆記)】
2020年10月17日(土)

【令和2年度臨床心理士資格認定試験(口述)】
2020年11月7日(土)・8日(日)・9日(月)

試験区分 民間資格
主催団体 日本臨床心理士資格認定協会
受験資格 ・指定大学院(1種・2種)を修了し、所定の条件を充足している者
・臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者
・諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり、修了後の日本国内における心理臨床経験2年以上を有する者
・医師免許取得者で、取得後、心理臨床経験2年以上を有するの者 など
合格率 60%程度
出題内容・形式 【一次試験(筆記試験)】
一次試験は、100題のマークシートによる「多肢選択方式試験」(2時間30分)と、定められた字数の範囲内で論述する「論文記述試験」(1時間30分)
の2種類を、1日ですべてを実施します。

[多肢選択方式試験]
臨床心理士として最低限理解しなければならない専門基礎知識が中心です。
内容は、広く心理学の基礎的設問に加えて、臨床心理士の基本業務である4種の内容(臨床心理査定・臨床心理面接・臨床心理的地域援助・それらの研究調査)に関する基礎的・基本的な専門知識が問われます。
また、臨床心理士に関する倫理・法律等の基礎知識および基本的な姿勢や態度にかかわる設問も出題されます。
[論文記述試験]
心理臨床に関する1題のテーマについて、所定の解答用紙に1,001字以上1,200字以内の範囲内で論述記載することが求められます。


【二次試験(面接試験)】
二次試験は、2名の面接委員による「口述面接試験」で、受験者を個別に時間指定して実施されます。
一次試験での「多肢選択方式試験」の成績が一定の水準に達している人に対してのみ実施します。
「口述面接試験」は、単に専門知識や技術の習得度を確認するだけでなく、臨床心理士としての基本的な姿勢や態度、専門家として最低限備えておくべき人間関係能力の実際が問われます。
検定料 30,000円(税込)
問い合わせ先 日本臨床心理士資格認定協会
http://www.fjcbcp.or.jp/
〒113-0034 東京都文京区湯島1-10-5 湯島D&Aビル3階
TEL:03-3817-0020
9:30~17:30(土・日・祝を除く)